5分でわかるフリードマンの「資本主義と自由」| 新自由主義とは?

ミルトン・フリードマンの「資本主義と自由」を、この記事では大事な要素のみ絞って解説します。

この記事を読めば、各国が行う政治や政策が新自由主義的がどうか見通せるようになりますし、その影響範囲についても理解することができます。

ミルトンフリードマンとは?

ミルトンフリードマンはアメリカの経済学者で「新自由主義」という考え方を打ち出した人物です。

自由といえばアダムスミスの「神の見えざる手」ですが、考え方はかなり近く、政府が介入せずに市場に任せておくのが、経済にとって1番だという考え方です。

政府が経済に積極的に介入するべきだと提唱したケインズとは対極をなす考え方です。ケインズは公共政策によって経済を押し上げようという考え方でした。

【入門】5分でわかるケインズの雇用・利子および貨幣の一般理論

フリードマンはリバタリアニズム

フリードマンはユダヤ人であり非常に貧しい家庭で育ちました。

そのような環境の中で、彼は独力で大学を飛び級し、遂には教授にまで上り詰めました。彼はシカゴ大学でシカゴ学派と呼ばれる経済学を発展させます。

シカゴ学派の根底にある考え方は「リバタリアニズム」という哲学思想です。哲学とは、簡単に言うと「物事の捉え方、考え方」を考える学問です。

リバタリアニズムは下記の思想のことを言います。

リバタリアニズムとは?
徹底的に自由なことが素晴らしい。人に迷惑をかけない限り、何をやってもいい。徹底的に自由なことが善である。

リバタリアニズムは、政府が何かを禁止したとしても、悪は消えることがないと考えます。

例えば、麻薬を禁止したとしても、どこかで誰かが裏で必ず作って大儲けをするでしょう。それなら、禁止になんてせずに、全部自由にやらせたらいいのではないか?という極端な哲学思想です。

実は仮想通貨=クリプトカレンシー(暗号通貨)も、リバタリアニズム的思想で作られています。皆さんが使っている法定通貨も日本銀行が発行した日本銀行券です。ビットコインは、利子率をコントロールされた通貨から自由になりたいという思想が現れています。

【初心者向け】仮想通貨とは何か?技術の本質と革新性について

中央銀行の仕組みについては以下リンクで解説していますので参考にしていただければと思います。

10分で分かる中央銀行の仕組み。中央銀行と紙幣の歴史

新自由主義とは何か?

新自由主義は、リバタリアニズムの考え方が根底にあります。

フリードマンは、人々が徹底的に自由であるために、政府は2つの原則を守るべきだと言っています。

  • 第1原則 国防
    他国から攻撃された時に、政府はその攻撃から国民を守ること。
    つまり、外国から攻められることは、国民の自由の迫害なので、政府は守らなくてはならないと説きました。
  • 第2原則 小さな政府
    政府がやらなくてはいけない政策や制度がある場合は、より小さな組織で行いなさい、という原則です。国よりは県、県よりは市といったように、政策を下へ下へと流し行いなさいという考えです。
    その理由は、国単位で何か政策をすると国民はそれに従いたくなくても、国を出るわけにはいきませんから、従わざるを得ません。しかし、市の単位で政策を行えば、別の市に移動すれば良いだけです。
    国民の自由を徹底的に守るためにこのようなことを説きました。

小麦は誰が作ったのか?

フリードマンは著書「資本主義と自由」の中で、面白い例えを書いています。

小麦の生産を考えた時に、小麦を生産したのが黒人なのか、白人なのか、アジア人なのか関係なしに小麦を購入する。

 

つまり、アメリカでは黒人差別があるけれど、自由なマーケットにおいては、黒人にも仕事があるし、人々が興味があるのは美味しい小麦で、美味しく作られたパンである。そのパンが売れるのは、誰が作ったかなど関係なく、そのパンが美味しいからだ。市場経済に任せれば差別などなくなるのだ。

自由主義は差別をなくすほど、徹底的に平等なんだと説明しました。

フリードマンが唱えた政府が行うべきでないこと

フリードマンが政府が行うべきでないと提唱した14の項目があります。この項目を見ると、いかに極端な自由を求めた考え方だということがわかります。

政府がやらなくていいこと
1. 農産物の買取保証価格制度
2. 輸入関税または輸出制限
3. 農産物の作付面積制限や原油の生産割当てなどの産出規制
4. 家賃統制
5. 法定の最低賃金や価格上限
6. 細部にわたる産業規制
7. 連邦通信委員会によるラジオとテレビの規制
8. 現行の社会保障制度、とくに老齢・退職年金制度
9. 事業・職業免許制度
10. いわゆる公営住宅および住宅建設を奨励するための補助金制度
11. 平時の徴兵制
12. 国立公園
13. 営利目的での郵便事業の法的禁止
14. 公有公営の有料道路

事業・免許制度すら廃止すべきだと言っています。例えば日本では、医師免許をもったい人のみ医療行為ができますが、フリードマンはそのような制度すらやめて市場に任せればいいと言っています。

つまり、医師免許など持っていなくても、医療行為が下手な人には人が集まらずに倒産してしまいます。逆に医者として神の手を持つような人は人気が集まります。そうやって市場に任せてしまえば免許などいらないとフリードマンは考えました。

新自由主義の光と影

新自由主義は、自由であるという響きから国民主体の素晴らしい考え方のようにも見えます。しかし、政府の介入をなくし規制を緩和することで貧富の差が広がりました。

日本でも小泉政権の時に、新自由主義路線がとられました。そこで行われたのが労働力の規制緩和です。派遣労働者の仕組みが解禁されたために、不景気の際に大量に派遣切りが起き、強者の企業と弱者の労働者という構図を一層強めました。

アメリカにおいては、レーガン大統領の時に新自由主義路線の政策をとりました。その結果、巨大な格差が広がったと言われています。

自由放任主義にするということは、単純にいえば弱肉強食を良しとする考え方です。それを容認するということは、必然的に多くの敗者を生み、巨大な格差となって現れてしまいました。経済の活発化は確かにしましたが、新自由主義の行き過ぎは問題があるということを歴史から学ばなければいけないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です