【入門】10分でわかるピケティの21世紀の資本-わかりやすくグラフで要約-

「21世紀の資本」は、歴史的な数多くのデータを用いることで、格差の拡大を証明しました。ピケティの凄いところは、複雑な数式や理論を用いるのではなく、膨大な歴史的データを紐解くことで、将来を予想したところにあります。

この記事では、トマピケティの書籍「21世紀の資本」を、重要なグラフのみピックアップし10分でわかりやすく解説します。なお21世紀の資本は、マルクスの資本論とは関係ありませんが、資本主義の欠陥を指摘している点においては理解しておくことをおすすめします。

10分でわかるマルクスの資本論 -初心者にもわかりやすく解説-

r > g

ピケティが膨大な史実をもとに導き出した結論は「r > g」という式でした。

ピケティの結論
r > g

r = 資本収益率

資本から収益をどれだけ得られるかを示す。
rが高ければ高いほど、株式や土地などの資産から得られる収益が多い。

g = GDP成長率

GDPは、国民がどれだけ生産物を算出できたかを表す。
人口が増えれば、その分生産量は増え流ので、人口の増加とかなり密接に関わる。

そしてピケティは、r>gが成立し続ければ格差が拡大すると結論づけています。その根拠について、ピケティは膨大な過去のデータを用いて証明しました。根拠となったデータを説明していきます。

資本/所得比率

国民総所得に占める、資本の割合を表しています。つまり、資本は、国民の所得の何年分なのかを示した値です。

歴史的に見ると、資本/所得比率は上昇し続けているとピケティは示しました。(出典:ピケティ『21世紀の資本』図表

下記の図4.4、4.8は世界の資本/所得比率です。ヨーロッパ、米国共に1950年以降は増加傾向にあります。
ヨーロッパで1910年以降低くなっているのは、戦争時に資本家の資産が解体され戦争費用にあてられたためで例外的に下がったとピケティは結論づけました。

下記が世界の資本/所得比率の予測です。ピケティはこのまま資本/所得比率は上昇し続けると予想しています。その理由はGDP成長が鈍化することをあげています。

所得格差

上位1%および10%の所得比率は上昇し続けています。上位の人の資本は増え続けており、労働して賃金を得る人々との差は、広がり続けており、これからもその傾向は続くと予想されています。

下記の図が上位1%が国民所得に占める割合です。1950年以降、とりわけアングロ・サクソン諸国において所得格差が広がっています。またその他の富裕国に関しても、微増していることがわかります。

資本は増え続け、資本は限られた人が握る

つまり、上記の2点から考えられることは、1.給与所得の上昇よりも速いスピードで資本が増え続け2.その資本は限られた人が握り続け、その傾向は強まっていくと予想することができます。

つまり資本収益率のrは、GDP成長率を上回ることはないということができます。GDP成長率は、所得の増加率ですから、簡単に言えば、所得の増加率より速く、資本が増加していくと言えます。

下記の図が、古代から2100年までのrとgのグラフです。古代から現代まで、資本収益率を所得成長率が上回ることはありませんでした。戦時中の資本の解体と、破壊によって格差は縮まりましたが、歴史的には例外だったとえます。

つまり

  • r > gは歴史的に見ても成立し続けており、これからもその傾向が続く
  • 資本は限られた人が握ることになり格差が広がっていく
と結論づけました。ピケティは過去の膨大なデータを紐解くことによって資本主義の限界を見事に言い当てました。

ピケティの解決策は?

ピケティは資本主義は放っておけば、必ず格差が拡大すると結論づけています。
ピケティは下記の2つの対策をとることで格差を是正することができると述べています。

  1. 資産家に対して課税を強化する
    過去、r、gの差が縮まった瞬間は、戦争による資産家への重税でした。資産家たちは戦争に負けてしまっては資産も無価値ですから、重税を受け入れました。それによって、格差は縮まったことを考えると累進課税は有効だと考えています。
  2.  タックスヘイブンを無くし、各国が協調して税制を整える
    資産家に課税を強化すると、租税回避地に資金を写して税金を逃れようとします。租税回避地は、資産が入ることでメリットがありますから、必ず歴史的に見ても現れます。香港などもそうです。
    各国が協調して税制度を整えなければ、国の資本が海外に逃げてしまい、破綻に追いやられるかもしれません。

まとめ

ピケティの解決策は、あくまで資本主義の歴史的なデータから導き出せる解決策です。資本主義は、完璧ではなく、より良いものに変えていく必要があることは、ピケティのデータから確実に証明されました。
ピケティは「21世紀の資本」をきっかけに国民それぞれが、資本主義について考え、良い方向に進むように制度を変えていく、種になればと願っているのかもしれません。

おすすめの書籍

21世紀の資本は、過去のデータの解説に膨大なページ数を割いています。つまり過去のデータを紐解くことが21世紀の資本の大切な部分です。完璧に理解するには、やはり原文を読むのが一番です。

21世紀の資本は600ページにもわたる長編です。非常に難しい内容も含みます。経済用語や知識の理解に自信がない方は、下記の書籍をおすすめします。ピケティで最も重要なグラフのみピックアップして解説しています。私も原文を読んだ後に、この本を読みましたが、エッセンスが完璧に詰め込まれていて、おすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください