仮想通貨カルダノ(エイダコイン/ADA)とは? ウロボロス(POS)の仕組みと将来性

仮想通貨カルダノ(エイダコイン/ADA)のホワイトペーパーは他の仮想通貨と異なり、思想や哲学が大部分を占めています。また専門用語も多く難解です。

この記事では、難解なカルダノのホワイトペーパーを分かりやすく解説します。カルダノの「仕組み」や「目指すべきビジョン」を説明することで、その将来性を理解できます。カルダノのコンプリートガイドとなるよう解説します。

目次

仮想通貨カルダノ(エイダコイン/ADA)とは?

仮想通貨カルダノ(エイダコイン/ADA)は、イーサリアムと同様に、「スマートコントラクト」プラットフォームです。

イーサリアムと異なるのは、「階層型アーキテクチャ」を採用し、「スケーラビリティ」と「セキュリティ」を提供している点です。

また、カルダノの実装アプローチは、「科学哲学」と「査読された学術研究」に基づいて構築されているので、技術的な欠陥が少ないことも特徴です。

仮想通貨カルダノ(エイダコイン/ADA)の歴史

カルダノは、イーサリアムの共同創設者の一人のチャールズ・ホスキンソン(Charles Hoskinson)が提唱しました。

ホスキンソンは、イーサリアムは、洗練されたスマートコントラクトのプラットフォームを構築していますが、第二世代のブロックチェーンだと主張します。カルダノは、さらに進化させた第三世代のテクノロジーです。カルダノを革新的にしている理由は、プロジェクトの維持費に費やされる莫大なサポートです。

具体的には、カルダノの発展に寄与するためにフルタイムで動く「3つの組織」があります。下記の3つの組織です。

  • カルダノ財団
  • IOHK
  • Emurgo

カルダノ財団とは?

カルダノ財団は、カルダノプロジェクトの管理組織で非営利団体です。

主な機能は、カルダノテクノロジーの「標準化、保護、推進」です。

IOHK(Input Output Hong Kong)とは?

IOHKは、「金融サービスを世界中のすべての人に提供するために、ピアツーピア(P2P)の革新的なブロックチェーンを活用した研究開発会社」です。

2015年にホスキンソンによって設立しました。彼らは、2020年までカルダノの構築、設計、および保守を担っています。

Emurgoとは?

最後に、Emurgoがあります。Emurgoは、「ブロックチェーン技術で、革命を起こしたいベンチャー企業をサポート、および育成する」ことを目的とした日本の会社です。IOHKの資金の多くは、Emurgoから援助されています。


これら3つの組織は相乗的に機能して、カルダノの開発を促進しています。

ではなぜ、カルダノはここまでサポートされて開発する必要があるのか?に迫ります。カルダノは第3世代のブロックチェーンとして多くの革新的な機能を備えていることを理解できるはずです。

カルダノは3世代のブロックチェーン

ホスキンソンによると、現在はブロックチェーンを三世代まで到達していると述べています。

第1世代:ビットコインと送金

ビットコインは中央管理者を必要としない決済システムとして作られました。仲介者がいなくても二者間で送金できるお金です。

サトシナカモトという人物によって提案されたこの仕組みは、P2Pの決済システムとして機能しています。

しかし、すべての第一世代のブロックチェーンで問題となっているのは、金銭的な取引を認めているだけで、それらの取引に条件を追加する方法がないことでした。

ビットコインは金銭的取引しかできない
アリスはボブ5BTCを送ることができますが、アリスは、そのトランザクションに条件を課すことができません。

例えば、アリスは、ボブが「ある仕事」をした場合にのみ、ボブはお金を手に入れることができるという「条件」を課すことはできません。

第2世代:イーサリアムとスマートコントラクト

そこで誕生したのが、イーサリアムのスマートコントラクトでした。

スマートコントラクトとは?
スマートコントラクトとは、仲介者を介さずに、お金、財産、株式、または価値あるものを交換する方法を提供することです。

下記リンクでイーサリアムのスマートコントラクトについて詳しく解説しています。

イーサリアム(ETH)の特徴と仕組み – スマートコントラクトを徹底解剖

Vitalik Buterinのイーサリアムは、これら機能を提供すべく開発されました。しかし、この第2世代にも問題がありました。

その問題は下記の2つです。

  1. スケーラビリティ問題
  2. 組織のガバナンスや運営体制の欠如

順番に解説していきます。

①. スケーラビリティ問題

スケーラビリティ問題とは、ネットワークが広がり、取引量が増加することで、「送金詰まり」や「取引手数料の高騰」が引き起こされることです。第一世代と第二世代の両方が直面する問題です。

②. 組織のガバナンスや運営体制の欠如

この問題は、組織運営方針が定まっていないことによる問題です。

ホスキンソンは、例えば、イーサリアムとイーサリアムクラシックのフォークは、悪いガバナンスの典型的な例だと主張します。

そこで、第三世代「カルダノ」の登場です。

第3世代:カルダノ(エイダコイン/ADA)

ホスキンソンは、ブロックチェーンがさらに進化する必要があると考えました。

彼は、ブロックチェーンの第1世代と第2世代からポジティブな要素だけを採用し、新たな要素を追加しました。カルダノが解決したいと思っていた3つの要素は、下記の通りです。

  1. スケーラビリティ
  2. 相互運用性
  3. 持続可能性 

前述のように、カルダノは「科学哲学」と「査読付き学術研究」に基づいているという意味でユニークです。

すべての工学は「高品質なコード」であるという最終目標を持っています。これは、使用されるコードの品質に対する信頼性がはるかに高いことを示すものです。ホスキンソンによると、これはETH-ETC分割のような事件を防ぐと述べています。

次は、カルダノの哲学について説明します。カルダノは哲学について膨大な文章で説明しています。

仮想通貨カルダノ(エイダコイン/ADA)の哲学

カルダノチームは一連の原則と哲学を遵守したいと考えています。

彼らは適切なロードマップやホワイトペーパーを提示していないですか、「設計原則」「エンジニアリングの効率的な方法」「調査の方法」に焦点を当てています。

以下はこれらの原則であり、カルダノのウェブサイトから直接確認できます。

  • 会計と計算を違うレイヤーに配置する。
  • 機能的で取り替え可能な中核コンポーネント
  • ピアレビュー研究と競合する小規模の学者および開発者グループ
  • 情報セキュリティの専門家の早期利用を含む学際的なチームの多用
  • ホワイトペーパー間の高速反復、レビュー中に発見された問題を修正するために必要な新しいアップデート
  • ネットワークを破壊せずアップグレードする機能を構築
  • 継続的な開発のための資金調達メカニズムの開発
  • モバイルデバイスで安全で良い体験で利用できる
  • ステークホルダーの継続的な働きかけと維持
  • 同じ台帳内の複数の資産を考慮する必要性を認識する
  • レガシーシステムのニーズをよりよく満たすために、オプションのメタデータを含むようにトランザクションを抽象化する
  • 意味のある機能を取り入れることで、ほぼ1,000のaltcoinから学ぶ
  • 専用の基盤を使用してインターネットエンジニアリングタスクフォースからインスピレーションを得て、最終的なプロトコル設計をロックダウンする標準駆動プロセスを採用する
  • 商取引の社会的要素を探る
  • Bitcoinから継承されたいくつかの基本原則を妥協することなく、規制当局が商取引とやりとりするための中間点を探る

次は、先にも述べた、カルダノが解決しようとしている下記の3つの要素を詳細に見ていきます。

  1. スケーラビリティ
  2. 相互運用性
  3. 持続可能性 

❶.仮想通貨カルダノ(エイダコイン/ADA)のスケーラビリティ

「スケーラビリティ」は、1秒あたりに処理されたトランザクションまたはスループットです。しかし、ホスキンソン氏によると、それは問題のほんの一部だと言います。

トータルスケーラビリティはいわば三頭のヒドラです。次の3つの要素に注意する必要があります。

  • 1秒あたりのトランザクション数/スループット
  • ネットワークのスケーラビリティ
  • データスケーリング 

順番に見ていきます。

1秒あたりのトランザクション数/スループット

ビットコインとイーサリアムのスループットの欠如について多くの記事が書かれています。ビットコインは毎秒7トランザクションを処理し、イーサリアムは15-20処理します。

これは金融システムには絶対に許容できません。

カルダノは、この問題を、コンセンサスメカニズムである「ウロボロス」で解決しようとしています。ウロボロスは、Crypto 2017の期間中に実際に査読および承認されました。

ウロボロスは、前述のように「プルーフ・オブ・ステーク(POS)」のアルゴリズムです。ウロボロスをより深く理解する前に、プルーフ・オブ・ステークとは何かを知っておく必要があります。

ビットコインとイーサリアムは(少なくとも現時点では) プルーフ・オブ・ワーク(POW)を採用しています。

POWのプロセスは、下記のステップで行われます。

POWのアルゴリズム
  • マイナーは、ブロックをブロックチェーンに追加するために「マイニング」と呼ばれる暗号化パズルを解く。
  • このプロセスは、膨大な電力エネルギーを必要としています。パズルは、非常に難しく、システムに負荷をかけるような方法で設計されている。
  • マイナーがパズルを解くことができたら、マイナーは、ブロックの検証のためにネットワークにブロックを提示する。
  • 51%以上のマイナーが正しいと承認すれば、正式なブロックと認められる。

下記のリンクにてビットコインのプルーフオブわーくの仕組みについて詳しく解説しています。

誰でもわかるビットコインのマイニングの仕組み。プルーフオブワーク(PoW)がなぜ改ざんが難しいのか?徹底図解

これが、プルーフ・オブ・ワークのアルゴリズムです。パズルを解くのは非常に難しいですが、そのパズルの解が正しいか確認するのは簡単です。

これが、ビットコインとイーサリアムが採用しているシステムです。ただし、このシステムには欠陥があります。

プルーフ・オブ・ワークの問題

プルーフ・オブ・ワークのプロトコルには下記の通り多くの問題があります。

  • 消莫大な電力エネルギーを消費するため非常に非効率
  • 強力なASICを手に入れることができる限られた組織がマイニング報酬を得やすい
  • 結果的にビットコインはそれほど分散化されていない

ハッシュレート分布グラフを確認すると、ご覧のとおり、ハッシュレートの75%近くが5つのマイニングプールによるものです。

Ethereumキャスパープロトコルとは何ですか? 短期集中コース

理論的には、これらの大規模マイニングプールは、互いに協力して51%攻撃が可能だということです。

イーサリアムの解決策

上記の問題を解決するために、イーサリアムはプルーフ・オブ・ステーク(POS)を解決策として開発が進行しています。下の画像がプルーフオブワークとプルーフオブステークのアルゴリズムの違いです。


プルーフ・オブ・ステーク(POS)は、採掘プロセス全体を仮想化し、マイナーをバリデーターに置き換えます。

下記がプルーフ・オブ・ステーク(POS)のアルゴリズムです。

POSのアルゴリズム
  • バリデーターは、自身のコインの一部をステーク(掛け金)としてロックしなければならない。
  • その後、ブロックの検証を始めます。
  • つまり、チェーンに追加することができると思われるブロックを発見したときに、賭けをすることでそれを検証します。
  • ブロックが追加された場合、バリデーターはステーク(賭け金)に比例した報酬を得ます。
プルーフオブステーク(Proof of Stake/PoS)の仕組み。プルーフオブワークとの違い

POSがどのように見えるかがわかったところで、ウロボロスの背後にあるメカニズムを見てみましょう。

仮想通貨カルダノ(エイダコイン/ADA):ウロボロス

ウロボロスは、ネットワークのトークン分布を調べ、ランダムにエポック(年代)に分割します。その後、各エポックはスロットに分割されます。各エポックは、最短で約20秒間続きます

画像:Cardano Docs

各スロットは、ランダムに選択された独自のスロットリーダー(SL)を取得します。

スロットリーダーは、ブロックチェーンに追加されるブロックを選択する役目があるため、捕虜のマイナーのように行動します。ただし、1ブロックしか追加できません。

スロットリーダーが、チャンスを逃してブロックを選択しないと、再びスロットリーダーになるまで待つ必要があります。1つ以上のスロットを空にしたとしても、大部分のブロック(少なくとも50%+ 1)はエポック中に生成されなければなりません。

ご覧のとおり、スロットリーダーはエコシステムで果たすべき非常に重要な役割を担っています。資格を得るためには、カルダノの2%の株式を所有しなければなりません。

これらのステークホルダーは選挙人(elector)と呼ばれ、次のエポックのスロットリーダーを選出します。ステークホルダーがシステムに対してより多くのステークを持っているほど、彼らがスロットリーダーとして選出される可能性が高くなります。

スロットリーダーは多くの力を持っているので、選挙をできるだけ偏らせない必要があります。ウロボロスでは、マルチパーティ計算(MPC)と呼ばれるアプローチでランダム性を担保しています。

カルダノ(ADA)のネットワークのスケーラビリティ

ネットワークはどのようにスケーラビリティを考慮しているのでしょうか?

トランザクションの数が増えるにつれて、ネットワークリソースの要件も増えます。システムが何百万ものユーザーに拡大すれば、ネットワークは何百テラバイトまたはエクサバイトのリソースを必要とします。

この問題を解決するために、カルダノは、John Dayによって作成されたRINAと呼ばれる新しいタイプのテクノロジー「Recursive Inter-Network Architecture」を検討しています。

RINAの目標は、以下を実現するネットワークを構築することです。

  • プライバシー
  • 透明性
  • スケーラビリティ 

カルダノは、これを部分的に2018年までに実装し、そして2019年まで完成することを望んでいます。

仮想通貨カルダノ(ADA)データスケーリング

最後に、データのスケーリングがあります。

ブロックチェーンは永遠にブロックを保管し続けます。ブロックチェーンが大きくなるにつれて、より多くのスペースが必要になります。

これは、一般的なコンピュータを使用している普通のユーザーは、ネットワークをインストールができずマイニングが行えないことを意味します。これは分散性の欠落を招きます。

カルダノがこの問題を、「誰もがすべてのデータを必要としているわけではない」という単純な理念によって解決しています。

例えば、アリスとボブが取引を行った場合、それはネットワーク内の他の誰も関係がないかもしれません。彼らが知る必要がある唯一のことは、トランザクションが発生したことと、それが正しかったかどうかです。

カルダノが研究している技術は下記です。

  • プルーニング(剪定)
  • サブスクリプション(署名)
  • コンプレッション(圧縮)

これらが、適用されると、実際にはユーザーが必要とするデータ量が大幅に減少する可能性があります。

❷. 仮想通貨カルダノ(エイダコイン/ADA)の相互運用性

これで、カルダノのスケーラビリティ問題がどのように機能するのかを見てきました。

次に、2番目の柱、相互運用性について説明します。相互運用性は、様々な領域の通貨を相互にやりとりできるかどうかです。ホスキンソンが述べているように、それらすべてを統制するための唯一のトークンは、現在は存在しません。

現在の仮想通貨のエコシステムは、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)など、さまざまな仮想通貨があります。同様に、従来の金融業界では、SWIFT、ACHなどを使用する従来の銀行システムがあります。

問題は、これらの個々の要素が互いに通信することが非常に難しいという事です。ビットコインが、イーサリアムで何が起こっているのかを知るのは難しいですし、その逆も同様です。

銀行が仮想通貨と通信することは不可能です。これが、仮想通貨と銀行の間を仲介する取引所が非常に強力かつ重要になる理由です。

しかし、それには問題があります。取引所は分散化された組織ではなく、非常に中央集権的で脆弱です。

  • 彼らはハッキングされる可能性があります。
  • システムのアップグレードのために長期間停止することがあります。バイナンス等でも起きています。

さらに、既存の金融市場と仮想通貨市場の間の誤解が壊滅的な結果につながる可能性がある別の分野も存在します。

それはICOです。トークンと引き換えに数百万ドルを受け取りますが、銀行口座にそのお金を保存することは困難です。銀行は明らかに、そのお金がどこから来たのか、そして誰がそのお金を提供したのかを知りたがります。

相互運用性に対するより洗練された、リスクのないソリューションが必要でした。

第3世代の仮想通貨は、個々のブロックチェーンが別のブロックチェーンや外部の旧来の金融システムと通信できるエコシステムを提供する必要があります。それでは、カルダノが仮想通貨の世界と金融の世界の間の相互運用性の向上をどのように計画しているかを見てみましょう。

仮想通貨の世界:チェーン間コミュニケーションとサイドチェーン

カルダノのビジョンは「インターネットのブロックチェーン」を作ることです。ビットコインがイーサリアムに、リップルがライトコインにシームレスに変換されるエコシステムを想像してください。

それを実現するために、カルダノはサイドチェーンを実装しようとしています。

サイドチェーンとは、メインチェーンの他にもう一つチェーンを持つことです。それは、メインチェーンに結合しています。

カルダノは、Kiayias、Miller、およびZindros(KMZ)の「プルーフオブワークの非相互作用的証明」に関する調査に基づいてサイドチェーンをサポートしています。

ホスキンソンによると、サイドチェーンのアイデアは下記の2つの要素から来ています。

  1. ブロックチェーンの圧縮版を取得する
  2. チェーン間の相互運用性の作成

旧来の金融機関との繋がり:ギャップを埋める

旧来の金融の世界との相互運用性を高めることになると、カルダノは3つの障害に焦点を合わせています。

  • 障害①:メタデータ
  • 障害②:帰属
  • 障害③:コンプライアンス 

障害①:メタデータ

メタデータはトランザクションの背後にある物語を意味します。

アリスが50USDを費やすとすると、そのメタデータは次のようになります。

  • アリスは何にお金を使いましたか?
  • アリスは誰にそのお金を渡しましたか?
  • 彼女はどこでお金を使ったのですか。

これは暗号通貨の分野ではあまりよく計画されていませんが、レガシーバンキングの世界では非常に重要です。

実際、これがほとんどの企業がポストICOを闘う主な理由の1つです。彼らは単に銀行を提供するのに必要なメタデータを持っていません。

従来の世界では、メタデータは非常に重要です。これが役立つ目的は次のとおりです。

  • リソースの発見と識別
  • 効果的な電子データ編成
  • さまざまなシステム間でデータがどのように交換されるかを教えてくれるので、相互運用性が向上します。
  • 資源保護に非常に役立ちます。必要に応じて複製するデータの特性と動作を識別するのに役立ちます。

ただし、メタデータの問題は、それが非常に個人的なものであり、データが永続的かつ透過的にブロックチェーンに格納されるため、極端に個人的な情報がブロックチェーンに永続的に添付されることです。

カルダノが研究していることの1つは、チェーンにメタデータを選択的に添付する方法です。

障害②:帰属

帰属は、トランザクションに関与する人々の名前を知れることです。

ブロックチェーンが恒久的に帰属をそれ自体に固定すると、関係する個人のプライバシーが大きく損なわれることになります。

そのため、カルダノは、必要に応じていつでもユーザーにアトリビューションを配布できるようにします。

障害③:コンプライアンス

3番目の障害は「コンプライアンス」は、法律や規則を守れるかどうかです。

コンプライアンスには、KYC(Know Your Customer)、AML(Anti Money Laundering)、ATF(Anti Terrorist Financing)などの要素が含まれます。

コンプライアンスは、取引の正当性を確認するために使用されます。基本的に、AliceがBobに50ドル支払った場合、トランザクションが不正な目的のために行われていないことを確認するためにコンプライアンスが使用されます。

暗号化の世界ではこれまであまり多くの実績がありませんでしたが、各取引の正当性を確認しなくてはならない銀行業界では、それは非常に重要です。

カルダノが研究しているのは、メタデータおよびアトリビューションをコンプリヘンスと組み合わせて使用して、ユーザーが銀行とやり取りする必要があるときにいつでも必要な情報を提供できるようにする方法です。

❸.仮想通貨カルダノ(エイダコイン/ADA)の持続可能性

最後に、私たちは第3の柱である「持続可能性」に到達します。ホスキンソンによると、これは解決するのが最も困難なものです。

それは基本的に、カルダノが将来の発展と成長にどのように資金を得るのかということです。

通常、システム内で何らかの開発を行う必要があり、助成金が必要とされる場合、下記のことを行います。

  • 助成金
  • ICO

しかし、どちらも問題があります。寄付では中央集権的な問題を抱えています。

大企業がブロックチェーン企業に多額の「助成金」を与える場合、彼らはシステム内で何らかの影響を及ぼすことを求めるかもしれません。

ICOでは、それは持続可能なモデルがなければ突然の価格の急落を招き、エコシステムに完全に不要なトークンを追加します。

もっと違った、そしてもっと持続可能な何かをする必要があります。この意味で、カルダノはDASHからインスピレーションを得て、あるアイデア「金庫」計画しています。

「金庫」はどのように機能するのか?

ブロックがチェーンに追加されるたびに、そのブロック報酬の一部が「金庫」に追加されます。

したがって、誰かが開発し、エコシステムに何らかの変化をもたらしたい場合、彼らは補助金を求めるために金庫に投票用紙を提出します。

カルダノのエコシステムのステークホルダーはその後、投票、投票が許可されるべきか否かを決定します。
もし許可されれば、投票用紙の提出者は開発のための助成金を受け取ります。このシステムには、いくつかの大きな利点があります。

  • より多くのブロックが発見されるにつれて、金庫のストックが増えていきます。
  • 金庫はネットワークのサイズに正比例します。ネットワークが大きくなればなるほど、利用可能なリソースや投票システムも分散化します。

ただし、これが利用されるまでの間にいくつかの大きな障害があります。

  • 公正な投票システムを確立する必要があります。
  • 投票者はシステムに投票して参加するインセンティブを持出せる必要がある
  • 「共有地の悲劇」のような状況が起こらないように、誰もが投票する価値があるはずです。
  • 投票用紙を提出するプロセスは簡単でわかりやすいものでなければならない
  • プロセス全体を可能な限り分権化する必要があります。

現時点で、カルダノは、流動的民主主義とインセンティブのある金庫モデルを組み合わせた、利用可能なシステムを決定しました。

仮想通貨カルダノ(エイダコイン/ADA):流動的民主主義はどのように機能しますか?

直接民主主義と代議制民主主義の間で流動的に移行する制度です。

このプロセスには以下の機能があります。

  • 人々は方針に直接投票することができます。
  • 人々は方針に投票できる代表者に彼らの投票の責任を委任することができます。
  • 代理人自身が自分の代わりに投票できる別の代理人に投票の責任を委任することができます。この特性は、推移性と呼ばれます。
  • 自分の投票を委任した人が選択した投票を気に入らない場合は、投票を取り消して、自分で方針にに投票することができます。 

流動性民主主義の利点は何か?

  • 各個人の意見は、最終的な方針作成に重要な役割を果たします。
  • 代理人になるためには、人の信頼を勝ち取ることだけが必要です。彼らは高価な選挙運動に何百万ドルも費やす必要はありません。よって参入障壁は比較的低い。
  • 直接民主主義と代議制民主主義の間を行き来するという選択肢のために、少数派集団の意見も公平に加味される。
  • 最後に、それはスケーラブルなモデルを持っています。自分の方針に投票する時間がない人はだれでも単に投票の責任を委任することができます。

HaskellとPlutus

カルダノのコーディングはHaskellで行われ、スマートコントラクトはPlutusでコーディングされます。

それがなぜそれほどユニークなアプローチであるかを理解するためには、プログラミング言語に関するいくつかの基本を理解する必要があります。

プログラム言語は、2つのタイプに属します。

  • 命令型プログラミング言語
  • 機能型プログラミング言語

命令型プログラミング言語

命令的なアプローチでは、プログラマーは目標を達成するためにコンピュータが実行する必要があるすべてのステップを書く必要があります。

C ++、JavaそしてSolidityのような伝統的なプログラミング言語はすべて命令型プログラミング言語です。この種のプログラミング手法は、アルゴリズムプログラミングとも呼ばれます。

例えば、C ++を見てみましょう。5+3の単純な足し算を考えて見ます。

  • int a = 5;
  • int b = 3;
  • int c;
  • c = a + b;

このように、追加プロセスは複数のステップを引き継ぎ、各ステップはすべて順番に個別に実行されるので、プログラムの状態は絶えず変化しています。

追加プロセスには4つのステップがあり、ステップは次のとおりです。

  • 整数aを宣言し、それに値5を割り当てます
  • 整数bを宣言し、それに値3を割り当てます
  • 整数cを宣言する
  • aとbの値を加算してcに格納する

カルダノ関数型プログラミング言語

プログラミング言語の2番目のカテゴリは関数型プログラミング言語です。このスタイルのプログラミングは、問題解決への機能的アプローチを構築するために作成されました。この種のアプローチは宣言型プログラミングと呼ばれます。

では、関数型プログラミングはどのように機能するのでしょうか。関数g(x)を計算するために使いたい関数f(x)があり、それを使って関数h(x)を処理したいとします。

これらすべてを順番に解決するのではなく、次のように単一の機能でそれらすべてをまとめてまとめることができます。

h(g(f(x)))

これにより、機能的アプローチを数学的に推論しやすくなります。これが、機能的プログラムがスマートコントラクト作成へのより安全なアプローチであると思われる理由です。

これはまた、単にデバッグに役立ちます。プログラムが何をし、どのように機能するかを数学的に簡単に証明できます。これにより、カルダノに「高保証コード」の特性が与えられます。

実際の例を見てみましょう。そして、それが特定の条件下でなぜ非常に重要になり、人命を救うことさえできるのかを確かめましょう。

例えば、航空交通を管理するプログラムをコーディングしているとしましょう。

航空機関のシステムをコーディングすることは高度の正確さを必要とします。私たちはただ盲目的に何かをコーディングすることはできず、人々の生活が危険にさらされます。この状況下では、確実に動作することを証明できるコードが必要です。

これこそが、機能的アプローチが非常に望ましい理由です。

それがまさにカルダノが「Haskell」を、スマートコントラクトを「Plutus」を使用している理由です。HaskellもPlutusも関数型言語です。

機能的アプローチの利点

数学的にコードがどのように動作するかを証明するのが簡単なので、高い保証コードを作成するのに役立ちます。

  • 各機能は特定のタスクを実行するように設計されているため、読みやすさと保守性が向上します。機能も状態に依存しません。
  • コードの変更や実装が簡単です。これはアップデートを繰り返す開発を簡単にします。
  • 個々の機能を簡単に分離できるため、テストやデバッグが容易になります。

ただし、他のすべてと同様に、この方法にも欠点があります。それは単純に新しすぎるということです。

つまり、Haskellの開発者を見つけるのはC ++やJavaの開発者を見つけるよりも困難だということです。

仮想通貨カルダノ(エイダコイン/ADA)のICO

Cardano ICOは約6200万ドルを調達しました。カルダノのシンボルは、最初のコンピュータプログラマーであり、詩人バイロン卿の娘として認められた19世紀の数学者、アダラブレスにちなんで、アダと呼ばれています。

2017年9月29日、カルダノの最初のメジャーリリースであるByronが、リリースされました。

仮想通貨カルダノ(エイダコイン/ADA)の料金

ADAを配布するための手数料は、次の式で決まります。

  • 振込手数料= a + b *サイズ。
    • a =現在0.155381 ADAに等しい定数
    • b =現在0.000043946 ADA / byteに等しいもう1つの定数
    • size =トランザクションのサイズ(バイト単位)

これは実質的にあなたが支払うことになる最小トランザクションが0.155381 ADAであり、トランザクションサイズの1バイトの増加ごとに0.000043946 ADAずつ増加することを意味します。

取引手数料はプールに集められ、適切なスロットリーダーに与えられます。

仮想通貨カルダノ(エイダコイン/ADA)のロードマップ

ロードマップによると、Cardanoは5段階でリリースされる予定です。

  1. Byron:ユーザーがAdaを取引および転送できるようにします。カルダノメインネットもリリースされました。
  2. Shelley:完全に分散化された自律システム
  3. Goguen:スマートコントラクト機能
  4. Basho:パフォーマンスの向上
  5. Voltaire:財務システムとガバナンスを追加

仮想通貨カルダノ(エイダコイン/ADA):結論

カルダノは堅実で強固な哲学だけでなく、最新の科学にも基づいています。

それ自体が競合他社に勝る大きな優位性をもたらします。さらに、チャールズ・ホスキンソンのようなリーダーがプロジェクトを先導してあるという事実は、より高い信頼性を獲得します。

2019年までカルダノがこれらの約束の全てを果たすことができるかどうかを期待したいです。

Cardano(エイダ/ADA)を購入するなら

Binanceの口座開設はこちら

ADA(エイダ)を購入するならBINANCEが圧倒的にオススメです。その他のADA(エイダ)の販売所は流動性が確保されていないものも多いです。ユーザー数が世界で多いBINANCEで取引することをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください