仮想通貨ADA(エイダ)の仕組みを徹底解説!将来性・価格は?

ADA(エイダ)のホワイトペーパーは他の仮想通貨と異なり、思想的な部分がかなり大部分を占めています。また非常に専門用語も多く難解です。この記事では、ADAのホワイトペーパーを可能な限り分かりやすく噛み砕いて解説ししていきたいと思います。

クリトピさん

ADA(エイダ)の目指すべきビジョンを理解し将来性を感じていただけたらと思います。

ADA(エイダ)とは

ADA(エイダ)は、Cardano(カルダノ)というオープンソースの分散型プラットフォーム上で使われる通貨です。2017年1月にプレセールが終了し、2017年10月2日に売買が開始されました。

ADA(エイダ)の運営・管理は、「Cardano Fundation(カルダノ財団)」によって行われています。運営・管理の他に、カルダノの技術的な開発は「IOHK(Input Output HongKong)」、カルダノプラットフォームの利用をベンチャー企業に呼びかける営業は「Emurgo(エマーゴ)」が行なっています。

ADA(エイダ)は、他の仮想通貨のような一般的なホワイトペーパーはありません。技術的な発展に柔軟に対応できるように明確な仕組みを記載していません。ADAのホワイトペーパーは思想が大部分を占めています。

ホワイトペーパーはこちら

発行数量とプレセール

ADAの発行数量とプレセールでの販売比率は下記の通りです。

総発行数量640億ADA
プレセール発行量252億ADA

Cardano財団が認識する課題

ホワイトペーパーに記載されているCardano財団が認識している課題は下記の通りです。

  • 仮想通貨の階層化がされていない。InternetのTCP/IPプロトコルとは異なる
  • 巨大な時価総額の仮想通貨は、暗号学の過去の研究業績が評価されずに、発展してしまった
  • ほとんどの仮想通貨はアップデート体制が整っていない。内部対立が起きソフト・ハードフォークが正しい手順で行われない。

ビットコインがいかに内部対立が深刻であるか下記リンクを見ていただければ理解できるかと思います。ADAは、従来の仮想通貨のアップデート体制の欠陥を解決しようとしています。

誰でも分かる!ビットコインSegwit2x 図解付き

取り組むこと

上記の課題を解決するために、下記の解決策を取り組もうとしています。

  • 台帳システムと計算処理を別々の階層に分離する
  • 専門家やレビュー・査読フローを明確にする
  • ネットワークを破壊することなく、導入後のシステムをアップグレードする機能を構築する

ADAの主要な提供機能

ADAはCardano Settlement Layer(CSL)Cardano Computation Layer(CCL)という二つの機能を主に提供します

1. Cardano Settlement Layer(CSL)とは?

一般的な台帳システムです。ビットコイン等と同じ、価値の移転を行い、台帳を分散ネットワークで管理する層です。

2. Cardano Computation Layer(CCL)とは?

Cardano Computation Layer(CCL)はイーサリアムで言うスマートコントラクトの機能です。
この層ではメタデーター(顧客情報)と紐付けた取引を可能にします。一般的なブロックチェーンは、台帳と顧客情報は紐づいていません。

Cardano Computation Layer(CCL)では、例えば運営者が許可した人だけが取引できるような、許可型台帳システムを構築することが可能です。

台帳システムと計算処理を別々の階層に分離する

ADA(エイダ)で重要視している点は、上記の台帳システム(Cardano Settlement Layer(CSL))スマートコントラクト(Cardano Computation Layer(CCL))を分離して階層化する点です。
台帳システムは、トランザクション(取引)のみ管理し、メタデータは紐づきません。一方でスマートコントラクト部分は、メタデータとの紐づけが必要です。ADAは、この主要な二つの機能を階層化して管理します。

ADA:エイダで用いる技術

ADAでは下記の技術を用いることで、課題を解決しようとしています。

プルーフオブステーク(PoS)の採用

ウロボロスというエディンバラ大学の Aggelos Kiayias 教授が率いる5つの学術機関の優秀な暗号学者のチームによって設計さたコンセンサスアルゴリズムを用いています。アルゴリズムの説明は下記の動画で説明されています。

プルーフオブステークに関して下記のリンクで詳しく解説しています。

プルーフオブステーク(PoS)の仕組み。プルーフオブワークとの違い

通貨の欠点を改善するルール策定

法定通貨は、もし政治的危機が起きても一定の価値が保たれますが、仮想通貨はコミュニティが分裂すると価値が保たれないと主張しています。
仮想通貨は価値が変わりやすいという意味でお金として欠点があり、また限られた中核の人が変更を決定するのはシステムの欠陥であるとホワイトペーパーに記載されています。
ADA(エイダ)は、ユーザーのニーズに応えるために、CSLの上に構築されたオーバーレイプロトコルのシステムを実装します。

  1. 資金調達を行う際に、誰が受け取るかなどのルール策定
    →財務システム:Dashのように生産的なFBの循環を生み出す
  2. ソフトフォークやハードフォークのルール策定
    →投票システム:Tezosのように改正を行うには明確なルールがある

スクリプトの最適化

スクリプト言語とは、取引の有効性を証明するために実行されるプログラムです。このプログラムを最適化することを目指しています。
ビットコインは、無効の住所にお金を送った際に、資金が回収は非常に難しく限られた人間しかできません。
またソフトフォークなど、機能拡張も非常に行いにくいです。ADA(エイダ)はスクリプト言語Simonを提供し、簡単に読み解けるように最適化しています。

サイドチェーンの実装

サイドチェーンに関しては、カルダノはプルーフオブワークの証明の結果を基にKiayias、Millerと Zindros氏 によって開発された新しいプロトコル(KMZサイドチェーン)の対応を行います。ホワイトペーパーには詳しい仕様は記載されていません。

サイドチェーンで最も実用化に近いのはビットコインのライトニングネットワークです。下記のリンクで解説しています。

【徹底図解】ライトニングネットワーク(lightning network)の仕組み

署名方式の検討

署名方式の懸念は2点あげています。

  1. 署名方式自体が長期的なセキュリティが保たれない。
    DESなど1970年代から1980年代にかけて使用されていた暗号方式は既に破られているため、署名方式の利用可能期間を想定しなければいけません。
  2. 政府や他の機関で好まれるような署名方式を採用する
    いくつか政府によって義務付けられている方式があり、どれかが採用不可能な仕様だと存続が困難
    →量子コンピューターへの耐性も視野に入れている

ユーザー発行資産 (UIA)の管理方法の提供

新しい通貨を同じ台帳に追加する適切な管理方法を提供する。

拡張性の提供 スケーラビリティ問題の解決

従来の金融システムとは異なり、ブロックチェーンはネットワークのノードが増えれば増えるほど、処理が遅くなる問題がある。
プルーフオブステーク(ウロボロス)は、ノードが増えても、適切に処理を分散することで拡張性を高めている。

規制の取り決め

  • 自身の資産に対して独占的にアクセスできる
  • ロールバックしない
  • お金の流れを制限しない(ある地域には送金できないなどは行わない)

まとめ

ADA(エイダ)は一般的なホワイトペーパーは存在しません。ホワイトペーパーのページに行くと哲学という項目となっているように、思想がメインで描かれています。しかしながら、現状のビットコインに代表される仮想通貨の問題点を指摘し改善をしようとしていることが理解できます。

ADAの思想と開発力で、将来的にどのように発展し成長して行くのか期待したいところです。

ADA(エイダ)を購入するなら

Binanceの口座開設はこちら

ADA(エイダ)を購入するならBINANCEが圧倒的にオススメです。その他のADA(エイダ)の販売所は流動性が確保されていないものも多いです。ユーザー数が世界で多いBINANCEで取引することをオススメします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です