イーサリアム(ETH)のICO価格はいくら?現在からの価格推移。何倍になったのか。

イーサリアム(ETH)は、バブル期には15万円の価格をつけたことがありますが、イーサリアムが最初に販売された当時の価格はいくらだったのでしょうか?

この記事では、イーサリアムのトークンセール(最初の販売)時の価格を解説するとともに、現在何倍になったのかを解説します。辿ってきた価格の推移も見ていきます。

なおイーサリアムの仕組みを知りたい方は下記のリンクで詳しく解説しています。

イーサリアム(ETH)の特徴と仕組み – スマートコントラクトを徹底解剖

イーサリアムのトークンセール

イーサリアムも、他のトークンと同様、はじめはICO(Initial Coin Offering)で資金調達が行われました。

ICOとIPOの本質的な違いとは? IPOは投資の民主化だ!

ICOは、詐欺が横行し、一般の人からは怪しいと思われがちですがイーサリアムのように巨大なプロジェクトへと成長するものもあります。

ちなみにイーサリアムは、分散型アプリ(dApps)のためのプラットフォームを目指すプロジェクトです。

アップルストアもスマホアプリのプラットフォームですよね。同じようなものを分散アプリにおいて実現しようという壮大なプロジェクトです。

イーサリアムのICO価格は?

その資金調達によって、初めてイーサリアム(ETH)が販売されたわけですが、2014年7月22日〜8月5日までに2000ETHの販売が行われました。

当時の1ETHの販売価格は、およそ0.3ドルです。日本円にすると30円程となっています。

この時のビットコイン(BTC)の価格は、約600ドルでしたから、それと比較するとイーサリアムはかなり安く購入できたことになります。ビットコイン600ドルに対して、イーサリアムは0.3ドルですから、およそ1/2000の価値しかありませんでした。

今ではビットコインは40万円付近で、イーサリアムは1万3000円です。つまり、イーサリアムは、ビットコイン価格の1/2000の価値から1/30程度に成長しました。イーサリアムが、いかに価格が上昇してきたのか理解できるかと思います。

イーサリアムはICO価格から何倍になった?

非常に安い価格からスタートしたイーサリアムですが、ICO価格から何倍になったのでしょうか?

リアルタイムの倍率は下記のサイトで見ることが可能です。

参考 ICOのROIICO STATS

このサイトを見ると約40000%価格上昇したことがわかります。つまり400倍です。この価格の上昇の大きさが、仮想通貨への投資に火をつける材料ともなっています。

イーサリアムの価格推移

イーサリアムの価格推移を示すと大きく分けて4つの転換点がありました。

4つの時期は、ざっくりと下記のような出来事と重なります。

  1. トークンセールからホームステッド(Homestead)まで
  2. ホームステッド(Homestead)からメトロポリスまで
  3. メトロポリス(Metropolice)からバブル崩壊まで
  4. 仮想通貨バブル崩壊から現在まで

イーサリアムの大きな節目はやはり、予定されている4つの大きなアップデートです。

アップデート名称時期
❶フロンティア(Frontier)2015年7月
❷ホームステッド(Homestead)2016年3月
❸メトロポリス(Metropolice)2017年9月〜4月
❹セレニティ(Serenity)未定

イーサリアム(ETH)のロードマップ。4つのアップデートの内容と2018年以降の内容を詳細に解説。

現在は、3つめのメトロポリスの真っ最中であり、最終アップデートセレニティ(Serenity)に向けて開発しています。

これらのアップデートは、イーサリアムの価格形成に大きな転換点となることが多いです。それだけ機能的にも経済的にも多くのアップデートがなされます。

また、2018年のバブル相場の崩壊も大きな転換点でした。それら2つを組み合わせて4つの期間に分け、詳細に分析することは意味のあることだと考えます。

① トークンセールからホームステッド(Homestead)まで

イーサリアムは、ご存知ない方も多いかと思いますが、イーサリアムは初め、トークンセールによって、初売り出しが行われました。

2014722日~85日までに2000ETHの販売が行われました。当時の1ETHの販売価格は、先ほど説明した通り、およそ0.3ドルです。日本円にすると30円程となっています。

そこから2016年まで価格はかなり低い状態を維持していましたが20163月のアップデート「ホームステッド」に向けて価格が上昇し始めます。

イーサリアムが実用化に向けてETH需要が高まることが考えられたためこのような上昇相場を作り上げました。

② ホームステッドからメトロポリスまで

ホームステッドでは、下記の通り大きな修正がされました。このあたりから、イーサリアムを活用してどのようなアプリが作れるのか模索され始めました。

ホームステッドの変更点

長期的な上昇相場は、2017年の6月ごろまで続きました。ところが、次期アップデートのメトロポリスを2017年の8月に控え下落局面へと転換します。

③ メトロポリス(Metropolice)からバブル崩壊まで

数ヶ月間の下落局面を迎えていたイーサリアムですが、メトロポリスのアップデートによって、さらなる上昇相場を迎えることとなります。

まさにバブルのごとく上昇し続け一時は16万円の値をつけました。トークンセール時は30円だったイーサリアムは実に5000倍以上の価格上昇をしましたが、その夢は長くは続きませんでした。

ちなみにメトロポリスのアップデートは、現在もまだ途中段階で、8月の時点ではたかだか「セキュリティ強化」がなされた程度だけでした。いかにファンダメンタルとかけ離れて、価格が上昇していたことが分かります。

ちなみにバブル相場を作り上げた原因の1つはイーサリアムを用いたICOブームであり、詐欺まがいのICOもイーサリアムを用いて行われました。

MEMO
イーサリアムの基本機能を利用すれば、ERC20トークンを簡単に作ることが可能です。この手軽さゆえ、多くの詐欺まがいのICOが多く行われ、多額の資金がETHとなりました。

④ 仮想通貨バブル崩壊から現在まで

詐欺的ICOと、猛烈な投機需要に支えられて価格上昇を成し遂げたイーサリアムですが、その崩壊の度合いも非常に大きく90%以上の下落しました。

下落要因については、詳しくは下記のリンクで解説しています。

【2019最新】イーサリアム(Ethereum)の暴落の3つの原因と今後の展開を予想

詐欺的ICOで調達されたETHは無残にも大量に売られることとなったのが、イーサリアム下落の大きな一因です。しかし、2019年以降は、底をついたと言える状況が近づいてきています。

イーサリアムは買い時なのか?

非常に難しい局面が続いていましたが、現状は、売り圧が低下して底をついたと言っても良いでしょう。コインポストでも下記の記事が掲載されています。

参考 仮想通貨イーサリアム(ETH)、ICOによる売り圧力の終わり間近かCoinPost

また、イーサリアムはメトロポリスの後半のアップデート「コンスタンティノープル」を116日に控えてきます。この変更は、EIP1234のマイニング報酬を3ETH→2ETHに減額するという、「かなり価格にポジティブ」なアップデートです。

※2019年1月16日最新 コンスタンティノープルは致命的なバグが見つかり延期され2019年2月27日に変更されました。

イーサリアムのコンスタンティノープルとは何か?わかりやすく解説

また、このアップデート後の次なる布石として、progPoWethereum1x構想などが進んでおり、2019年は長期的に見てもイーサリアムは暗いトンネルを抜けるのはもう直ぐだと言えそうです。

イーサリアム1.x(Ethereum1.x)とは何か? 4つのアップデート提案について解説 イーサリアムにProgPoWの実装が決定。実施時期や仕組みについて解説


イーサリアムを購入したい方は、仮想通貨取引所LIQUIDをおすすめします。イーサリアムの取引高は日本一で、スプレッドも狭く安く購入することができます。

【通貨別】仮想通貨取引所の取引量・取引高ランキング!ビットコイン・イーサリアム・リップルの取引量 イーサリアム(Ethereum)を日本円で安く買える仮想通貨取引所は?おすすめランキング!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください