【図解】イーサリアムのGas(ガス)とは?計算方法を解説!

イーサリアム(ethereum)の手数料はGas(ガス)という単位を用いて行われます。イーサリアムを利用したことがある人は一度は目にしたことがあるかと思います。このGasに関して、ビットコイン等と異なる仕組みで計算を行います。今回は、一見とっつきにくいGasの計算の仕組みを詳しく図解していきます。

クリトピさん

誰でもわかるように図をたくさん使い解説していこうと思います!5分程度で読み終わるかと思います!

イーサリアム(Ethereum)とは?

イーサリアムは「分散型アプリケーション(p2p)を利用できるプラットフォームです。スマートコントラクトという機能を有しており、イーサリアムでアプリケーションを開発したい人は自由に取引部分を書き換えることができます。

詳しく知りたい方は下記のリンクで解説しています。

【図解】イーサリアムとは?スマートコントラクトを徹底解説

Gas(ガス)とは?

Gas(ガス)とは、簡単にいうとイーサリアムを利用するのに必要な手数料です。ビットコインの場合は、送金トランザクションの承認のために手数料をマイナーに支払います。一方でイーサリアムは、トランザクションの承認手数料に加えて、スマートコントラクトの実行にも手数料を必要とします。

スマートコントラクトの部分は開発者が自由に書き換えることができるため、プロジェクトによってその複雑さはまちまちです。そのためプログラムコードの実行量に応じてGas(ガス)を消費するように設計されています。

 イーサリアムビットコイン
手数料の必要箇所トランザクション承認トランザクション承認
スマートコントラクト

Gas(ガス)の計算方法

Gas(ガス)とetherの交換レートはGas Priceで定められています。要はGasの売却価格です。手数料の計算方法は下記の通りです。

Gas(手数料) × Gas Price(ガス料金)=手数料(ether)

Gas PriceはGweiという単位が使用されています。Gweiを上げれば上げるほど、マイナーは優先的に処理をしてくれます。Gweiが高い=良いガソリンだとイメージしてもらうのが良いでしょう。良いガソリンを使っている方が高く売れるのでマイナーは優先します。

Gas(ガス)の単位

Gasの単位は「wei」という単位を使います。weiはehterの最小単位です。手数料は1etherよりも、かなり小さいため計算のしやすさからweiという単位を使用することになっています。etherの単位は下記の通りとなっています。

単位ether
wei(最小)0.000000000000000001ether
kwei0.000000000000001ether
mwei0.000000000001ether
gwei0.000000001ether
szabo0.000001ether
finney0.001ether
ether(ETH)1ether
kether1000ether
mether1000000ether
gether1000000000ether
tether(最大)1000000000000ether

Gas(ガス)の利用手順

イーサリアムの利用者Aが1etherをBさんに支払い、スマートコントラクトを実行するとします。その場合、下記の手順に従って手数料が決定します。

  1. 利用者Aは利用料の1etherに加えて、startGas(またはGas limit)を設定
    この手数料はstart Gas(またはGas limit)は、該当のトランザクションを実行するために必要な最大量を設定します。最大量を設定する理由は、もしGasが足りなかった場合はガス欠となりプログラムの実行が止まってしまうからです。
  2. スマートコントラクトが実行され、消費Gasの量が決定
    スマートコントラクトのコードの量や複雑さによってGas消費の量が決定します。
    例えば、車でも長い道のりを走ればガソリンを多く消費するを想像してもらえればわかりやすいと思います。
  3. トランザクションをブロックチェーンに書き込み承認(→Bに1etherが送金される)
    こちらはビットコインと同じで、ブロック生成にGasを消費します。
  4. 消費したGasが手数料としてマイナーに支払われる
  5. startGas(Gas消費の最大量)から、実際のGasの消費量を差し引き、利用者Aに返済される

非常にわかりにくいと思うので下にこの手順を図解します。

まとめ

イーサリアムはビットコインとは異なり、スマートコントラクトという簡単にプログラムを作り変えることができるプラットフォームです。そのため若干とっつきにくい部分がありますが、仕組みはいたってシンプルに作られています。今回はGas(ガス)について解説しました。わかりにくい等あればコメントいただければ修正します。

イーサリアムを安く買える取引所は?

ビットポイントの口座開設はこちら

総合評価(4/5)
安さ(4.5/5)
安全性(5/5)
使いやすさ(4.5/5)
手数料の安さ(4/5)
取引量(2/5)

Bitpointはあまり広く知られていないですが、信託保全のスキームをいち早く導入した取引所です。信託保全とは仮に会社が倒産してしまった場合でも信託銀行から顧客の元本が保証される保険のようなものです。
またbitpointは取引所形式なのでイーサリアムをお得に購入することができます。私が調べた中では一番安く購入できることが最も多かったです。
また取引ツールもMetaTrader4と呼ばれる人気のツールを採用しています。

下記リンクでイーサリアムを安く買える取引所をご紹介させていただいています。

【2018年】イーサリアムを日本円で安く買える取引所は?おすすめランキング!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です