5分でわかるウェーバーの「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神(プロ倫)」要約

マックス・ウェーバーの「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」は、資本主義経済に順応し「発展を遂げた国」と、「そうでない国」の間には、宗教の違いがあることを解明した名著です。

大学などの教育現場では「プロ倫」と呼ばれるこの本は、経済学を学ぶ人のみならず、一般教養として世界の多くの人に知られています。

この記事は、この「プロ倫」について5分で理解できるように解説します。非常に難解に思われているこの本ですが、言いたいことは非常にシンプルだということを理解できるかと思います。

マックス・ウェーバーとは?

マックス・ウェーバーは、ドイツの社会学者で、政治学・経済学・歴史学など社会科学全般にわたる業績を残しています。彼の著書『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」は、社会学・経済学に多大な影響を与えました。

1864年〜1920年まで活躍し、彼の際立った業績は当時のマルクス主義における「唯物論」を反証したことでした。

唯物論とは?
唯物論とは、英語ではマテリアリズム。マテリアルは日本語で物質なので、直訳すると物質主義。

世の中の歴史は、物質、つまり生産や消費などの流れによって決まっているという考え方です。つまり、社会の法律や国家、さらには文化もすべて、「物質的な生産や消費」という、いわゆる「経済」が土台となって作り上げられたという考え方です。

マルクス主義については、下記のリンクで詳しく解説しています。

5分でわかる「マルクス主義」入門。わかりやすく解説! 批判や問題点も解説

しかしウェーバーは、”唯物論的” な、経済が土台となって、政治や宗教、文化が作り上げられているという考えを真っ向から否定します。

この「プロ倫」は、唯物論的な考え方を否定し、経済活動の多くは、「宗教」に大きく依存しているということを解明した本でした。

プロ倫:プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神とは?

プロ倫理とは簡単にいうと、

ヨーロッパにおいて、キリスト教の「プロテスタント」を信仰する国は、経済発展を遂げている一方で

カトリック」や「ギリシャ正教会」などの宗教の国々は、経済的に発展していない理由は何故なのかを解説した本です。

当時のヨーロッパでは、経済発展を遂げて豊かな国と、そうでない国の間で大きな経済格差が広がっていました。その理由を、ウェーバーは「宗教」が大きく関係していると考えました。

ヨーロッパの経済危機

現在のヨーロッパにおいても、ウェーバーの主張と同様の状況にあると言えます。

記憶にまだ新しい2013年に、ヨーロッパの経済危機が起きました。この経済危機を引き起こした国々はPIIGSと呼ばれる国々です。

PIIGSとは、

P:ポルトガル
I:アイルランド
I:イタリア
G:ギリシャ
S:スペイン

のことを言います。

これらの国々は、全てプロテスタン以外の宗教を信仰しています。ギリシャは、ギリシャ正教会を信仰し、それ以外のポルトガル、アイルランド、イタリア、スペインはカトリックです。

現代においても、「経済発展」と「宗教」は密接に関係していると考えられます。

カトリックとはどんな宗教?

カトリックの経済的な観点からみた特徴として、巨大組織の「ローマ教皇」が存在し、民衆は教会に寄進することで天国に行けるという考え方です。

寄進する代わりに、免罪符を受け取り、その数によって天国に行けるかが決まるという考え方です。

このような考え方を、教会の腐食だと違を唱える人が現れます。宗教改革を推し進めて、後にプロテスタントを立ち上げるマルティンルターです。

プロテスタントとはなにか?

寄進することだけで、天国に行けるとするカトリックの考え方を教会の腐食だとして、マルティンルターとカルヴァンは批判しました。さらには、お金を払えば払うほど天国に行けるという考え方は、民衆の批判も呼びました。

そこで「ルター」と「カルヴァン」は、新しい価値観に基づいた、プロテスタントを立ち上げました。

予定説:プロテスタントの価値観

プロテスタントの重要な考え方として予定説があります。予定説とは人は生まれながらにして、神に救われるかどうかは決定しているんだという考え方です。

教会にいくら寄進したとしても、関係はなく神に選ばれているものだけが天国に行けるのだ、と説きました。

プロテスタントは不安だらけ


プロテスタントの信者たちは、神に救われるかどうか確認するすべがありません。そのため毎日不安に苛まれました。

カトリックと異なり、誰でも寄進をすれば報われるわけではないので、自分は救われると神に定められているのか、確認しようとしました。

天職が神からの啓示

カルヴァンは「神様は、予定説によって、救われると定めた人に、使命を与えている」と考えました。プロテスタントは、職業を天職と捉え、神様から与えられた使命だと捉えました。

この考え方によって、プロテスタントは神に救われるかどうか確認したい一心で、一生懸命働きました。懸命に働いて、「職業という使命」を全うすることができれば、神から選ばれしものなのだと考えることができるからです。

生産は拡大していく

プロテスタントは、とにかく不安で一生懸命働きました。

一生懸命働くので、たくさんお金が貯まります。たくさんお金が貯まったら、パーっと浪費するのかと思いますが、プロテスタントは違います。そのお金を使って「より天職を全う」できるようにしようとしました。

つまり、布を作る職人であれば

  • 設備に投資してもっと生産できるようにする
  • 労働者を雇ってもっと生産する
  • 他の事業も拡大する

というように、どんどん生産量を増やしていきました。マルクスの資本論で解説したように、資本主義とプロテスタントの倫理観はとても相性が良かったのです。

10分でわかるマルクスの「資本論」入門。初心者にも分かりやすく要約・解説します。

プロテスタントはアメリカに渡る

プロテスタントは、ヨーロッパにおいて宗教的な弾圧を受けてアメリカに渡りました。

しかし、マックスウェーバーはアメリカにプロテスタントが渡る際に、宗教的な背景が抜け落ちて、資本主義的精神だけ生き残ったと説きました。

その理由として、プロテスタントは、はじめこそ宗教的な背景から勤勉に働いていましたが、そのような社会が出来上がると、その勤勉さのみが子供へと受け継がれていくからです。アメリカへ渡った人たちは、プロテスタントの第2世代のような人々だったと言われています。

まとめ:日本人はなぜ勤勉か?

日本人はなぜ勤勉なのでしょうか?

アメリカに渡ったプロテスタントも、その勤勉さは元を辿れば宗教的背景がありまふが、世代が移り変わるにつれて失われていきました。

日本人も勤勉さも、元はと言えば宗教的なものや言い伝えによるのかもしれません。しかし現代の人にとっては、勤勉さは文化的な抑圧の鎖として生きにくくしているのかもしれません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください