5分でわかるジョン・ロックの「統治二論」要約。自然状態や所有権も解説

ジョン・ロックは、1632年から1704年に活躍したイギリスの哲学者です。

彼は「政治哲学者」とも呼ばれ、アメリカの独立宣言やフランス革命に多大な影響を与えました。今でこそ政治や経済は独立した学問として成立していますが、当時は哲学と密接に結びついていました。

哲学は「考え方や思想そのもの」を考える学問であり、そのような基礎的な考え方から政治はどうあるべきか?経済はどうあるべきか?と発展してきました。

この記事ではジョン・ロックの有名な書籍「統治二論」の要点を5分で理解出来るように解説します。

統治二論は2つの論文で構成される

「統治二論」の画像検索結果

統治二論は、前編と後編の2つの論文で構成されています。1つ目が、すでにあるカトリック的な考え方(王権神授説)への批判であり、2つ目が国民が国家を作り「政治的に統治」されるべき根拠を示したものでした。

  1. 既存のカトリック的考え方への批判
  2. 国家が政治的に統治を行う根拠

統治二論の第1部でされた批判

1部でされた批判は、既存のカトリック的な考え方に対しての批判でした。

カトリック教徒の考え方は、簡単に言うとアダムが生まれてからその子孫に統治する権利が受け継がれ続けると言う考え方です。つまり、永遠に神から与えられた権利がその子孫へと受け継がれ続け、その他の国民は統治されるべくしてされているという考えです。

正確にはこの考え方は、フェルマーの「王権神授説」が背景にありますが、統治するものと、されるものが神によって定められているのだ、と言う考え方がカトリックでは一般的でした。いわば、特権階級のみが権力を持つことを肯定していたわけです。

そのような考え方をジョン・ロックは批判しました。キリスト教を批判したわけでは決してありませんが、「政治的統治が神に定められしものである」と言う考え方を痛烈に批判しました。

2部 政治的統治はなぜ必要か?

自然状態を考える

ジョンロックは、国家になぜ政治的な統治が必要なのかを考える際にまず「自然状態」を考えました。

自然状態とは、「人間を誰も政治的に統治していない状態」です。

例えば、あなたが危害を加えられた場合は、自分ができる範囲で反撃をするでしょう。政治は関与しません。

しかしここで注意しなくてはいけないのは、この自然状態は決して争いが日々起こる世界ではありません。人々は神の被造物としてつくられ「あるべき姿(理性)」を備えているため、安定した状態だと思ってください。

所有権の誕生

人間は神に作られた存在ですので、生きのびる資源も神によって与えられていると考えます。

例えば地上にある土や木、植物や食料などすべてです。森の中に木の実を探しに行き見つけて食べても問題ないのです。その理由は「所有権」にあります。

まず第1に、人間は肉体の「所有権」を持っていると考えます。その所有権を持った肉体が「労働」することによって得たものは「所有権」を持ちあなたのものになると説きました。

この「所有権」は、守られなければならないことが神によって定められていると説いたわけです。

しかし、現実には、人間は過ちを犯し、人の所有権を犯すことがあります。畑で採れた作物を盗んだり、他人の家の木になる果物を盗んだりすることがあります。自然状態では、所有権の侵害が起こりやすい状況だと言えます。

ロックは、政治的に統治することによって「自然状態」よりも「政治的統治」されている状態の方が「所有権」が守られ、神の定める理想に近いのだと説きました。

つまり、神が与えし人間の権利「所有権」を、守るために政治的統治が必要なのだと説いたわけです。

まとめ

ジョン・ロックの思想は、「フランス革命」や「アメリカ独立宣言」に結びつきました。

彼の考えは、神に権利を与えられた特権階級が管理するために政治的統治があるのではなく、神に与えられた権利である「所有権」を守るために政治はあるのだと説きました。

これまでの政治のあり方は、いわば権威ある教会などが、寄付を募り、国民を管理するためにありました。

それらの考えを根底から覆す考え方な訳です。いわば特権階級の下にあった力を民衆に取り戻す革命だったわけです。ちなみにジョンロックの考えは、プロテスタントと呼ばれ、アメリカの多くの人はキリスト教のプロテスタントを信仰しています。

プロテスタント的な考え方は、資本主義と非常に相性が良く、経済発展を遂げた国はプロテスタントの国が多いです。下記のリンクで、その根拠を述べた名著プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神を解説しています。

5分でわかるウェーバーの「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神(プロ倫)」要約

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください