ネム(NEM/XEM)の発行枚数は? 他通貨と発行数や発行方法を比較し価格の妥当性を予想

ネム(NEM)は、暗号通貨で現在19位に位置する仮想通貨です。そのネイティブトークンはXEMと呼ばれており、日本の一部の取引所でも購入することができます。

このネム(NEM)は、NXTのフォークコインとして誕生し、独自の実装が進められてきました。そして現在、カタパルトと呼ばれるアップデートが控えています。

ネム(nem/XEM)のカタパルトとは? いつ実装? 2019年以降の予定と今後

この記事では、ネム(NEM)の「発行枚数」と「発行方法」を他の通貨と比較し、定性的、定量的に価格の妥当性を検証します。

ネム(XEM)の総発行数量は?

ネムの総発行数量は90億XEMで、全て発行済みです。

その他の多くの通貨が、「マイニング」という方法により、常に新規発行され続けていますが、ネムは全ての通貨がすでに発行済みです。

ネム(XEM)のブロックの承認方法

ブロックの承認は、POI(Proof of Importance)と呼ばれる方法で行います。ネットワークノードの「重要度」によって評価され、重要な人ほど報酬が得やすくなるアルゴリズムです。

「重要度」は、POS(Proof of Stake)をより拡張したような概念で、XEMの保有数だけではなく、取引を多くしているか等も総合的に判断します。

XEMの新規発行は行われないため、報酬は「取引手数料」から払われることとなります。

その他の通貨と比較

ではビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)などの他の通貨との違いを見ていきます。

通貨コンセンサスアルゴリズム総発行通過数発行済通貨数
ネム(NEM)プルーフオブインポータンス(POI)90億XEM90億XEM
※全て発行済
ビットコイン(BTC)プルーフオブワーク(POW)2100万BTC1700万BTC
イーサリアム(ETH)プルーフオブワーク(POW)
いずれプルーフオブステーク(POS)へ移行予定
PoWでは1億1500万ETH9700万ETH
リップル(XRP)プルーフオブコンセンサス(POC)1000億XRP1000億XRP
※全て発行済み
ライトコイン(LTC)プルーフオブワーク(POW)8400万LTC6000万LTC

表を見てわかる特徴は、1.全て発行済みであること、2.POI(Proof of Importance)と呼ばれるユニークなアルゴリズムだということがあげられます。

定量分析: ビットコインと同数の発行数だった場合の価格

では、ビットコインと発行枚数が同数だった場合の価格はどの程度になるのでしょうか?

純粋に比較するには、発行総量ではなく、発行済みの通貨数で比較しなくてはいけません。

発行済み通貨数で平準化すると下記の通りとなります。

通貨価格発行済み現在価格乖離率
ビットコイン(BTC)40万円1700万40万円-
ネム(XEM)2150円90億5円18600%
イーサリアム(ETH)7万円9700万12,000円580%
リップル(XRP)68円1000億32円212%
ライトコイン(LTC)11万円6000万5,000円2200%

これを見て割安か、割高か判断するのは人それぞれかと思います。しかし、ネムはイーサリアムと同様の機能を提供するプラットフォームだと考えると、イーサリアムよりもかなり割安だとわかります。

しかし、イーサリアムに駆逐されて、この市場で価値を発揮することができなければ無価値になる可能性も残されています。ブラウザのシェアのほとんどがChromeですしね。それと同じことが起き得ることを考慮しなくてはいけません。

ちなみにイーサリアムは下記のロードマップに従って、アップデートを繰り返し続けています。熾烈な開発競争の中でネムはどれだけの価値を発揮できるかが、価格形成の上で重要なポイントです。

イーサリアム(ETH)のロードマップ。4つのアップデートの内容と2018年以降の内容を詳細に解説。

定性的分析:トークンモデルは価格形成に役立つか?

ここで考えるべきはネムの特徴であるPOIのアルゴリズムです。

ネムのネガティブな要素として、無料で、電力等のエネルギーを使わずに、全量発行しているということです。

これが何を意味するのかというと、ネム(NEM)ブロックチェーンを利用して作られたサービスの利用価値=トークンの価値の総量となる、純粋なユーティリティトークンになる、ということです。

この点については、下記リンクで詳しく解説しています。

ユーティリティトークンとセキュリティトークンの価格産出方法は?

一方で、ビットコインやイーサリアムは発行に、物理的な費用をかけて行っているため、その費用が下支えになりやすいです。

イーサリアムはPOW→POSに移行するハイブリッドモデルのためトークン価格が維持され、エコシステムの維持に役立ちます。ネムはそういう意味では、無料で全量発行が大前提にあるため、根本的には無価値です。その価値を生み出すのはユティリティでありdAppsのサービス価値となるわけです。

この点に大きな違いがあります。リップルにおいてもネムと同様の問題をはらんでいます。

まとめ

ネム(NEM)の発行数量について解説しました。すでに90億XEMが発行済みでありPOIと呼ばれるユニークなコンセスサスアルゴリズムを備えています。

価格については、定量的、定性的に考えましたが、可能な限り中立的な意見を書いたつもりです。はっきりさせておきたいことは、ネムに対する将来的な展望については考慮していません。あくまで現在のモデルを参考に考察しました。今後、他の通貨よりも開発が進み、実用化で差をつければ、まだまだ発展が望める通貨だと考えます。

ネムの将来は、今後のアップデート「カタパルト」によってどれだけ市場のシェアを奪えるかにかかっています。

ネム(nem/XEM)のカタパルトとは? いつ実装? 2019年以降の予定と今後

ハッキングにより悪いイメージを持たれているネムですが、ここから巻き返してほしいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください