ネム(nem/XEM)のカタパルトとは? いつ実装? 2019年以降の予定と今後

ネム(nem/XEM)は、暗号通貨で現在19位に位置する仮想通貨です。そのネイティブトークンはXEMと呼ばれており、日本の一部の取引所でも購入することができます。

このネム(NEM)は、NXTのフォークコインとして誕生し、独自の実装が進められてきました。そして現在、カタパルトと呼ばれるアップデートが控えています。

この記事では、ネム(NEM)のアップデート「カタパルト」で実装される新たな仕組みを詳細に解説します。また実装予定日や今後のロードマップについても解説します。

仮想通貨ネム(nem/XEM)とは?

ネム(NEM)は、通貨ではなく、「スマートアセットシステム」です。

スマートアセットシステムは、イーサリアムでいうところの「スマートコントラクト」にあたる仕組みで、ブロックチェーンを用いたアプリケーション(dApp)を作るための総合的なツールを提供します。

我々が取引所で売買しているXEMは、スマートアセットシステム上のネイティブトークンとして位置づけられ、ブロック承認へのインセンティブや取引手数料の支払いに用いられます。

ネム(NEM)は、4つの基盤技術によって、構成されています。

  1. スマートアドレス
  2. モザイク
  3. 名前空間
  4. トランザクション
順番に解説していきます。

❶. スマートアドレス

イーサリアムにあたる「スマートコントラクト」機能です。ビットコインではお金の移動のために数値を送り合うことしかできませんが、ネムでは文章や契約など様々な取引に用いることができます。

イーサリアムのスマートコントラクトについては下記リンクで詳しく解説しています。

イーサリアム(ETH)の特徴と仕組み – スマートコントラクトを徹底解剖

❷.  モザイク

モザイクはトークンにあたるものです。利用者は独自の通貨(トークン)を作り出すことができます。株式や投票権、デジタルアイテムなど様々なものを配布できます。

またXEMの送信と同時に、レートに応じた「トークンX」を送り返す機能も備えます。この仕組みによって誰でも、簡易に、独自の通貨とXEMを交換することができます。

❸. 名前空間

名前空間は、インターネットにおける「ドメイン」を意味します。

ドメインとは
http://〜に続く独自のスペース。
サイトごとに異なるスペースを持ち、Webサイトが作られています。

つまり、ユーザーはアセットを制御することができる独自のスペースを持ちます。この名前空間は、ネムの特徴の1つです。

❹. トランザクション

マルチシグネチャの仕組みによって、モザイクやXENの移動を提供します。

コンセンサスアルゴリズムは「プルーフオブインポータンス」と呼ばれる「重要度」の高いノードほどブロックを承認しやすくなる仕組みです。仮想通貨における「マイニング」と呼ばれるプロセスはネムにおいては存在せず、「ハーベスト(収穫)」と呼ばれます。

下記リンクにて「ハーベスト」の特徴について詳しく解説し、「ハーベストのやり方」も解説しています。

ネム(nem/XEM)のハーベストとは? 2019年以降でもまだ儲かる? 徹底解説

ネム(NEM)のカタパルトとは?

ネム(NEM)に対して、カタパルトのアップデートが行われるわけではありません。

ネムを利用したプライベートブロックチェーンmijinに対して”まずは”カタパルトが実装されます。

mijin v2とも呼ばれるこのアップデートを経たのちに、最終的にパブリックブロックチェーンであるネムにも逆輸入される予定です。mijnへのカタパルトのアップデートは2018年5月に完了しています。

カタパルトでは、下記の通り大きく3つのアップデートがされました。

  1. トランザクション処理の高速化
  2. マルチレベル・マルチシグネチャ
  3. アグリゲートトランザクション

順番に解説していきます。

❶. トランザクション処理の高速化

まず、カタパルトのアップデートによって、トランザクションを高速に処理できるようになりました。3000件/1秒もの処理を実現し、スケーラビリティ問題の解決をしています。

これだけ高速に処理することができれば、十分実用に耐えるレベルです。イーサリアムは、せいぜい15件/秒ほどですので、どれだけすごいことがわかるはずです。

❷. マルチレベル・マルチシグネチャ

簡単に言えば、マルチレベルのマルチシグネチャを実現する仕組みです。

例えばあるカテゴリAの中から2人以上署名をもらい、別のカテゴリBの中から3人以上署名をもらい、ようやくトランザクションが承認される仕組みです。

つまり、例えばAという会社から署名をもらい、そこを通ったらBという会社の署名に進むといったような、階層構造で署名ができるようになります。

❸. アグリゲート・トランザクション

アグリゲートトランザクションは、複数の取引を同時に実行することが可能になります。

例えばAからBにトークンを送り、BからCにトークンを送り、CからAにトークンを送るというような取引を、同時に実行可能です。

複雑な取引を同時に実行することが可能になります。

カタパルトはいつ実装?

現在はカタパルトは2018年5月にmijinに実装完了しています。実用に耐えるか実証実験を繰り返したのちに、ネムにカタパルトの実装がされます。

現在の予定は2018年以降としかアナウンスがありません。実装時期は未確定ですが2019年内には実装を期待したいところです。

ネムを購入するならDMMビットコインがおすすめ

ネム(NEM)の2019年以降のロードマップ

ネムのロードマップについては、まだ発表がありません。

カタパルトがmijinに実装され公開されていることを考えれば、そろそろ新たな展望の発表があっても良い頃です。

2019年3月11日に待望のカタパルトのローンチプランについて、今月末(2019年3月末)に発表されると予告されました。

財団が運営するカタパルトのテストネットは、現在Cowへのバージョンアップが完了しており、これまでのSDK開発プロジェクトに、Python、PHPとUnityを追加するため開発者が数名採用されたことを報告しました。

下記のGoogleドキュメントより公式発表がされています。

NF Update March8

さらに2019年4月に入りネムのカタパルトのロードマップが公開されました

2019年Q2(4月〜6月) カタパルト事前テスト

カタパルトの事前テストが現在から6月まで予定されています。テストネット前の下準備と言ったところでしょう。

  •  Javascript、Typescript、JavaのSDKアップデート、PHP、Swift、Python、Unityのアルファ版を提供
  •  Cowテストネットの公開、Dragonへのアップグレード
  •  ハードウェアウォレット(Ledger、Trezor)に対応
  •  誰でも簡単にトランザクション、アカウント、ブロックチェーン履歴、ノード情報、ネットワークアクティビティを調べることが可能に

2019年Q3(7月〜9月) カタパルトテストネット公開

夏頃にカタパルトのテストネットが公開されます。テストネットでデバッグ・検証が繰り返されたのちにメインネットへ移行します。

  • 使いやすいモバイルウォレットの提供
  • カタパルトでのモザイク送受信に対応
    デスクトップ版では、マルチシグ、トランザクション、ハーベスティング、メッセージ送受信、請求書発行、アグリゲートトランザクション、メタデータなどの機能も提供
  • ライトニングネットワークとカタパルトの動作を確認する
  • NEMモザイクとビットコイン、イーサリアムのクロスチェーンスワップ動作を確認する
  • 新たなソフトウェア開発キット(SDK)をリリース
  • 新たなコンセンサスアルゴリズムPOS+「Elephant」のリリース

2019年Q3後半〜Q4初期 メインネットでCatapultを公開

この時期にいよいよカタパルトがメインネットで稼働します。下記のアップデートが概ねカタパルトアップデートの全てと言っても良いでしょう。

  • コードはすべてオープンソースで提供
  • アグリゲートトランザクション
    ワンタイムスマートコントラクトを使い複数のトランザクションを一括処理することが可能。
  • マルチレイヤーマルチシグネチャー
    M of Nで連署人の数を設定できたマルチシグがさらに複数階層で設定できる。
  • ハーベスティング
    スーパーノードオーナーは、委任ハーベスターへリワード報酬を分けることが可能となる。
  • エイリアス
    トランザクションとハッシュロックトランザクションでエイリアス(ドメインネームのようなもの)を使用可能。どのアカウントに向けてのトランザクションかわかりやすい。アカウントアドレスがわからなくてもエイリアスがわかればトランザクション送信可能。
  • アカウントプロパティ
    任意設定により、トランザクションを受け取りたいアカウントやトークンのリスト設定可能。
  • ネームスペースサポート
  • モザイクサポート
  • 手数料などのアップグレード
  • スーパーノードの報酬制度について今後の運用方針を決定
  • Catapultのブランディングやマーケティング

2019年Q4(10月〜12月) Catapultのローンチ後

カタパルトのローンチ後は、ネムをより使いやすくするためのアップデートがメインです。

カタパルト機能を最大限活用するためのアップデートです。

  • ウォレット機能のアップデート
  • セキュリティートークンの作成と導入をサポート
  • ウォレットやアプリでクロスチェーンスワップをサポート
  • アポスティーユをより使いやすくするアプリケーション
  • 投票機能をより使いやすくするアプリケーション
  • カタパルトを使いたいユーザーへの教育プログラム

2020年以降

2020年以降は100%実施するかはわかりませんが、下記の予定がされています。

ライトニングネットワークやステーブルコインの提供などが予定されています。

  • IoTサポート
  • ライトニングネットワーク対応
  • ステーブルコイン
  • 投票モジュールの改良
  • IPFS(NEMブロックチェーンをファイルストレージのように利用できる機能)
ネムを購入するならDMMビットコインがおすすめ

カタパルトの価格への影響は?

価格への影響は非常に予想しにくいです。その理由は、ネムはdAppのプラットフォームのため、どれだけネムを使ったアプリが登場するかどうか?が価格に影響を与えます。

スマートコントラクトは、イーサリアムやEOSなどの競合が多数存在します。それら競合も開発を進めていますし、イーサリアムは圧倒的な開発力で進展しています。

イーサリアムのロードマップを下記に記載していますが、最終系のセレニティでは、カタパルトの処理性能を上回る可能性もあります。

イーサリアム(ETH)のロードマップ。4つのアップデートの内容と2018年以降の内容を詳細に解説。

それら競合の中で生き残ることができれば、自ずと価格が上がるでしょう。イーサリアムはAndroid、ネムがiOSと比喩されることもありますし、ネムは企業と提携を組みながらしっかりとしたプラットフォームを構築し地固めする必要があります。


下記のリンクで、2019年、2020年のネム(NEM)の価格を予想しています。仕組みについても詳細に解説しています。

仮想通貨ネム(NEM/XEM)の将来の価格予想!2019年から2020年までしてみた。

下記のリンクでは、ネム(NEM)の「発行数量」と「トークンモデル」という別角度から価格の妥当性について検証しています。参考にしてください。

ネム(NEM/XEM)の発行枚数は? 他通貨と発行数や発行方法を比較し価格の妥当性を予想
ネムを購入するならDMMビットコインがおすすめ

仮想通貨ネム(nem/XEM)の買い方

ネム(nem/XEM)を購入できる国内取引所はDMMビットコイン一択です。

現状運営されている国内取引所でネムを購入できるのは下記の二つの取引所です。

  1. DMMビットコイン
  2. コインチェック

※他のサイトではZaif(ザイフ)が紹介されていたりしますが、2019年にZaifはサービスを終了しています。

コインチェック(Coincheck)は、2018年初めに巨額のネム(XEM)流出事件を起こし、信頼を失っています。全体の取引高もまだまだ少ないため、スプレッドが開き、割高な価格設定のため、私はおすすめしていません。

私は4つの理由からネムの購入にDMMビットコインをおすすめしています。

【理由1】 国内の取引所である

他のサイトでは、海外の取引所が紹介されていることが多いですが、私は海外取引所は絶対におすすめできません。

その理由は、日本の法律の適用外であるため、もしハッキングなどの事態が起きた際に、資産が守られない可能性が非常に高いです。

セキュリティに定評のある取引所なら?と思うかもしれませんが、2018年から継続的にハッキング事件は起きており安心できません。取引するなら日本の金商法で、管理されている国内取引所しかおすすめできません。

【理由2手数料が最安値水準である

DMMビットコインは、取引手数料がゼロです。

せっかく取引を始めるなら、お安く取引を始めたいですよね。DMMビットコインは全ての通貨で手数料がゼロです。

下記のリンクで、DMMビットコインの様々な手数料をまとめて比較しています。

DMMビットコインのすべての手数料を解説! レバレッジ(FX)手数料も

また、下記のリンクでは、国内取引所の手数料を一覧にして比較しています。DMMビットコインの手数料が非常に安いことが理解できるかと思います。

【2019年版】仮想通貨取引所の手数料一覧!どこが安いのか徹底比較ランキング!

【理由3レバレッジ取引ができる

DMMビットコインはネム(NEM)のレバレッジ取引(FX)も可能です。

国内でネムをレバレッジ取引可能な取引所はDMMビットコインしかありません。ハイリターンなレバレッジ取引をしたいのであれば、この取引所一択です。

【理由4様々な通貨を取り扱っている

DMMビットコインは、ビットコイン(BTC)のみでなく様々なアルトコインを取り扱っています。

取扱通貨は下記の通りです。

取り扱い通貨
ビットコイン (BTC)
イーサリアム (ETH)
ネム (NEM)
リップル(XRP)
ライトコイン (LTC)
イーサリアムクラシック(ETC)/JPY
ビットコインキャッシュ (BCH)

より詳しく知りたい方は、下記のリンクでまとめて解説しています。

DMMビットコインの取り扱い通貨は?各通貨のレバレッジ倍率も解説

まとめ

ネム(NEM)のカタパルトの仕組みについて詳しく解説しました。

カタパルトは、プライベートブロックチェーンのmijinに対して行われたアップデートで、検証されたのちにネムにカタパルトが適用されます。

しかし、日時についてはまだ決まっていません。イーサリアムやEOSなどの競合も開発をどんどん推し進めていますから、いち早くネムにカタパルトの実装が入ることが望まれます。

DMM口座登録方法 DMMの公式HPで口座登録する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください