ライトコイン(LTC)の長期チャート分析 | 今後、価格は上がるのか?

この記事では、仮想通貨「ライトコイン(Litecoin/LTC)の長期のチャートを分析し、今後、資産価値として投資するに値するのかを考察します。また短期、長期の将来価格を予想します。

ライトコインは、ビットコインより手軽に使える仮想通貨を目指して誕生し、ビットコインがゴールド(金)なら、ライトコインはシルバー(銀)に形容されています。

ライトコインが目指した、シルバーとしての資産価値を、今後果たせるのでしょうか?

仮想通貨ライトコイン(Litecoin/LTC)とは?

仮想通貨ライトコイン(Litecoin/LTC)は、ビットコインより手軽に使えるコインを目指して開発された通貨です。ビットコインが金(ゴールド)だとすれば、ライトコインは銀(シルバー)に例えられます。

2011年10月に誕生したライトコインは、ビットコインの次に歴史のある仮想通貨です。

ライトコインは下記の特徴を備えています。

  1. ブロック承認時間の速さ
  2. 流動性(取引量)の高さ

. ブロック承認時間の速さ

ライトコイン(LTC)は、ブロック承認にかかる時間が非常に早いです。

ビットコイン(BTC)がブロック承認に10分かかる一方で、ライトコインはその1/4の2.5分で承認することができます。

ライトコインのブロックの承認方法はビットコインと同様のプルーフオブワーク(POW)アルゴリズムが用いられています。下記のリンクでプルーフオブワークについて詳細に解説しています。

誰でもわかるビットコインのマイニングの仕組み。プルーフオブワーク(PoW)がなぜ改ざんが難しいのか?徹底図解

プルーフオブワークでは、ブロック承認時間は、セキュリティと直結します。そのため、承認時間の短いライトコインは、ビットコインよりセキュリティは劣ることとなります。

しかし、「迅速な承認」と、「わずかな電力消費」で、ブロックの承認ができますから、ビットコインとライトコインは互いの欠点を補っています。

互いに競合すると考える人も多く存在しますが、私はお互いの通貨が相互に欠点を補い、通貨を強化すると考えます。

アトミックスワップ等が発達し、迅速に多通貨の交換が可能になれば、よりライトコインの用途も広がるはずです。

. 流動性の高さ

ライトコインほど市場によく出回っている、流動性のある通貨は他にありません。

ビットコインは2100万枚しか発行されませんが、ライトコインはその4倍の8400万枚発行されます。

イーサリアム(ETH)も、かなり流通していますが「通貨」ではありません。スマートコントラクトで利用されるネイティブトークンです。

イーサリアム(ETH)の特徴と仕組み – スマートコントラクトを徹底解剖

つまり、純粋な通貨としての性質を持ちながら、これだけ流通しているライトコインとしての立ち位置は、かなり優位性とメリットがあることがわかります。

ビットコインは資産としての性質が強く、流動性が高くありません。ライトコインは、ビットコインのそのような性質を補うことができる唯一の通貨だと考えます。

ライトコインはビットコインのコピーに過ぎないのか?

日本でライトコインは、あまり注目されていません。

例えばリップル(XRP)やネム(NEM)と比較しても、ネット上での検索数は極めて低いです。

例えばリップルの月間検索数は20万ほどですが、ライトコインは4,000ほどしか検索されていません。おおよほ1/50の注目度です。ライトコインよりも時価総額の低いネムであっても2万ほど検索されています。

なぜここまでライトコインは、時価総額の高さの割に注目されていないのでしょうか?それは、口コミを見る限り、おおよそ下記の理由だと考えられます。

  • ライトコインはビットコインのコピーである
  • ライトコインは革新性がない
  • ライトコインがなくてもビットコインのみで十分である

つまり、多くの人がライトコインは目立った革新性がなく、他の通貨で代用可能だと考えられています。

リップルやネムのように、マーケティングによって日々新鮮な情報を発信する通貨と比較すると、ビットコインの実装を後追いするライトコインは非常に地味なのは確かです。

ライトコインの本質的価値とは?

しかし、仮想通貨の本質的価値とは何なのでしょうか? 革新性は本来必要な要素なのでしょうか?

純粋な通貨としての役割を果たすべく誕生したライトコインにとって重要な要素は、革新性ではありません。多くの人が使えるだけの流動性と、確かなマイニングメカニズムが担保されていることの方が重要です。

ライトコインの本質的価値
  • 巨大な流動性を有している。多くのLTCが市場に出回っている
  • ビットコインによって実証された確固たるマイニングプロセスのプルーフオブワークによって新規発行される

まず、ライトコインは、米巨大取引所のコインベースに早くから上場を果たしており、アメリカにおいてかなりの流動性を担保しています。

コインベースは取り扱い通貨に対して審査が非常に厳しいことで知られており、最近ようやくリップルが追加されたことで話題になりました。それだけライトコインは、仕組みとしての信頼性が担保されているわけです。

ライトコインのもう1つの利点は、ビットコインのコピーであるということです。ビットコインという壮大な実験によって、実証されているアルゴリズムを引き継いでいます。

革新性がないと批判されても、ライトコインの価値を落とすことはありません。価値の担保に革新性は必要ないからです。金や銀が革新性があると思いますか? 大切なのはマイニングに対する確固たるメカニズムと流動性です。

ライトコインの長期チャート分析

ではライトコインが長期でどのようなチャート推移を辿ったかを見ていきます。

ライトコインはビットコインと比較しても、ほぼ同様の推移を辿っています。バブル相場からその崩壊まで一貫して、下落率も含めて近しいです。

例えば、イーサリアムやリップルなどはビットコインよりも大きな下落を経験しています。それは、ある意味、革新性のための仕組みが引き起こした「売り圧」だということです。

例えば、とりわけイーサリアムの下落が著しい理由は、イーサリアムの革新的な仕組みであるスマートコントラクトによって引き起こされています。

イーサリアムの下落の原因について、下記のリンクで詳しく解説しています。

【2019最新】イーサリアム(Ethereum)の暴落の3つの原因と今後の展開を予想
ライトコインの購入はGMOコイン!当サイトでも申し込みNo1

ライトコインの半減期は価格上昇を引き起こす

ライトコインは過去一度半減期を経験しています。半減期はマイニング報酬の減少であり、それはLTCの供給量の減少であるとも言えます。つまり、需要と供給の、「供給」が減少することになるため価格にとってポジティブに働きます。

上のグラフが、ライトコインの2015年の半減期付近のチャートになります。

半減期に向けて大きく価格があがり、その後も安定して底値を切り上げていることがわかります。

ビットコインの半減期においても、同様のチャート推移を見せていることから、半減期は価格にとってポジティブだと言えます。

仮想通貨ライトコイン(Litecoin/LTC)の半減期はいつ? 2019年以降の予定

ライトコインの今後の価格予想

ライトコインの短期と長期の価格予想はそれぞれ下記の通りです。

LTC価格予想上昇率予想価格
短期予想1.5~2倍12,000円
長期予想10~20倍8〜15万円

ライトコインの短期予想の根拠

ライトコインは短期的には1.5~2倍の価格上昇が見込まれます。

その理由は、ライトコインの2度目の半減期です。2019年の8月に半減期を控えています。

先ほども説明した通り、ライトコインの半減期では価格が上昇します。純粋に需給バランスの供給が減ることも要因としてあげられますが、半減期によって上がるだろうと予想する人の「期待」も価格に反映されます。

前回の半減期付近でも上昇したことを考えれば、同じシナリオが予想されます。

ライトコインの長期の価格予想

ライトコインの長期の価格予想は10~20倍の8万〜15万円と予想します。

その理由は、ライトコインは銀(シルバー)としての資産価値を代替すると判断するためです。

下記が、それぞれの金融セクターの時価総額の比較表です。

ランキング対象時価総額カテゴリ
1位米株式4000兆円株式
2位米ドル1800兆円法定通貨
3位ユーロ1300兆円法定通貨
4位日本円1200兆円法定通貨
5位ゴールド850兆円商品
6位ユーロ株式620兆円株式
7位日本株式540兆円株式
8位Apple90兆円企業
9位Google80兆円企業
10位マイクロソフト72兆円企業
11位Amazon61兆円企業
12位Facebook56兆円企業
15位トヨタ17兆円企業
16位仮想通貨全体15兆円仮想通貨
17位ビル・ゲイツ8.7兆円個人
18位ジェフベゾス8.5兆円個人
19位ウォーレンバフェット8.2兆円個人
20位ザッカーバーグ8兆円個人
21位ビットコイン7兆円仮想通貨
26位リップル1.7兆円仮想通貨
27位銀(シルバー)1.5兆円商品
28位イーサリアム1.5兆円仮想通貨

銀の時価総額は1.5兆円です。一方で、ライトコインは500億円付近で推移しています。

つまり、ライトコインは銀と同様の資産価値として認められれば、それと同程度の時価総額になると考えられます。つまり10~20倍はターゲットの範囲内であり、見当はずれな予測でもないことが理解できるかと思います。

ビットコインについても同様に、下記のリンクで価格予想をしています。ライトコインと同様にまだまだ伸びしろがあります。

ビットコイン(BTC)は今後いくらまで上がるのか? 時価総額から将来性を考える
ライトコインの購入はGMOコイン!当サイトでも申し込みNo1

仮想通貨ライトコイン(Litecoin/LTC)購入におすすめの取引所

ライトコインを購入できるおすすめの取引所はGMOコインです。

GMOコインはライトコインを「日本円」で「取引所形式」で購入することが可能です。

仮想通貨取引所
ライトコイン
日本円で買える?

公式HP

公式HP

公式HP
×

公式HP

公式HP
×
-

公式HP

上記の通り、「日本円」で「取引所形式」でライトコインを購入できる取引所は「GMOコイン」「ビットポイント」の2社のみです。

ビットポイントは、利用ユーザーがかなり少なく流動性も十分ではありませんから「GMOコイン」が圧倒的におすすめです。

(番外編)仮想通貨の販売形式の違いとは?

仮想通貨取引所が仮想通貨を販売する方法には「二つ」あります。

一つ目が「販売所形式」の販売方法です。

販売所形式は、取引所が一定量の仮想通貨をまとめて保持し、その保持している通貨を取引所が定めた価格で販売する方法です。簡単にいうと、取引所が仮想通貨を仕入れてきて、それに値札をつけて販売するやり方です。

二つ目の方法が「取引所形式」の販売方法です。

販売所形式は、お客さん同士が売買する場を提供する方法です。取引所はあくまで取引する場を提供するだけで、実際には、お客さん同士が売り買いするだけです。

一般的には、「販売所形式」では仮想通貨の価格は割高に設定されています。逆に「取引所形式」はスプレッドも狭く適正価格で購入できる可能性が高いです。

下の図が実際のビットフライヤーの「販売所」と「取引所」の価格の違いの例ですが1万円以上も「取引所」の方が安いことがわかります。

まとめ

ライトコインは、日本ではあまり注目されていませんか、シルバーとしての資産価値を将来的には持つことになるでしょう。

世界的に多くの人が保有する流動性と、ビットコインのコピーとしての仕組みの確かさを、少しずつ多くの人が認めるようになると考えます。

またライトコインは、ビットコインと取引所を介さずに交換できるアトミックスワップが実装されています。

そのように、ビットコインの弱点を補う通貨としての地位を確立し始めています。半減期も2019年8月に控えていますから、買うタイミングとしてはベストな時期です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください