仮想通貨ライトコイン(Litecoin/LTC)の半減期はいつ? 2019年以降の予定

仮想通貨ライトコイン(Litecoin/LTC)は、半減期と呼ばれる「マイニング報酬が1/2になる時期」が存在します。

この半減期は、市場へ流通するLTCの量が減少するため、価格に大きな影響を及ぼします。

この記事では、ライトコインの半減期の時期を解説し、さらには過去のチャートと照らし合わせながら価格への影響を考察します。

ライトコインの特徴や将来価格の予想について知りたい方は下記のリンクを参考にしてください。

仮想通貨ライトコイン(Litecoin/LTC)の2019年の価格予想 -特徴や将来性

仮想通貨ライトコイン(Litecoin/LTC)とは?

仮想通貨ライトコイン(Litecoin/LTC)は、ビットコインより手軽に使えるコインを目指して開発された通貨です。ビットコインが金(ゴールド)だとすれば、ライトコインは銀(シルバー)に例えられます。

2011年10月に誕生したライトコインは、ビットコインの次に歴史のある仮想通貨です。

ライトコインは下記の特徴を備えています。

  1. ブロック承認時間の速さ
  2. 流動性(取引量)の高さ

❶. ブロック承認時間の速さ

ライトコイン(LTC)は、ブロック承認にかかる時間が非常に早いです。

ビットコイン(BTC)がブロック承認に10分かかる一方で、ライトコインはその1/4の2.5分で承認することができます。

ライトコインのブロックの承認方法はビットコインと同様のプルーフオブワーク(POW)アルゴリズムが用いられています。下記のリンクでプルーフオブワークについて詳細に解説しています。

誰でもわかるビットコインのマイニングの仕組み。プルーフオブワーク(PoW)がなぜ改ざんが難しいのか?徹底図解

プルーフオブワークでは、ブロック承認時間は、セキュリティと直結します。そのため、承認時間の短いライトコインは、ビットコインよりセキュリティは劣ることとなります。

しかし、「迅速な承認」と、「わずかな電力消費」で、ブロックの承認ができますから、ビットコインとライトコインは互いの欠点を補っています。

互いに競合すると考える人も多く存在しますが、私はお互いの通貨が相互に欠点を補い、通貨を強化すると考えます。

アトミックスワップ等が発達し、迅速に多通貨の交換が可能になれば、よりライトコインの用途も広がるはずです。

❷. 流動性の高さ

ライトコインほど市場によく出回っている、流動性のある通貨は他にありません。

ビットコインは2100万枚しか発行されませんが、ライトコインはその4倍の8400万枚発行されます。

イーサリアム(ETH)も、かなり流通していますが「通貨」ではありません。スマートコントラクトで利用されるネイティブトークンです。

イーサリアム(ETH)の特徴と仕組み – スマートコントラクトを徹底解剖

つまり、純粋な通貨としての性質を持ちながら、これだけ流通しているライトコインとしての立ち位置は、かなり優位性とメリットがあることがわかります。

ビットコインは資産としての性質が強く、流動性が高くありません。ライトコインは、ビットコインのそのような性質を補うことができる唯一の通貨だと考えます。

仮想通貨の半減期とは?

仮想通貨の半減期とは、マイニング報酬が1/2になる時期を指します。

ライトコインのマイニングは、ビットコインと同様の「プルーフ・オブ・ワーク(POW)」と呼ばれるアルゴリズムでマイニングされています。

このアルゴリズムは、簡単に言うと、非常に難解な「暗号パズル」を解き、最初に解くことができたマイナーが報酬(この場合はLTC)を受け取る仕組みです。

詳しいプルーフ・オブ・ワークのアルゴリズムは下記のリンクで解説しています。

誰でもわかるビットコインのマイニングの仕組み。プルーフオブワーク(PoW)がなぜ改ざんが難しいのか?徹底図解

マイニングで獲得できる報酬としてのライトコイン(LTC)が、「唯一の」新規発行手段となります。つまり、マイニング報酬が1/2になる半減期は、ライトコインの流通量が減ることになります。

ライトコインは初め、50LTCのマイニング報酬でしたが、現在は半減期を一度経験し、25BTCとなっています。

半減期が価格へ及ぼす影響

半減期によって、ライトコインの供給量が純粋に減少するので、価格にとってポジティブに働きます。

価格は需要と供給の均衡点となりますから、「需要が増える(欲しい人が増える)」か「供給が減る(発行量が減少する)」と価格が上昇します。

ミクロ経済学の「需要曲線」と「供給曲線」の交わる点が価格になるという一般理論です。学校で習った記憶があるのではないでしょうか?

10分で分かる「ミクロ経済学 」入門 | 初心者にも分かりやすく基礎を解説

数量(Q)が減少すれば、価格(P)のとの均衡点は左にずれることになります。よって均衡価格Pは上昇します。

供給量が減少することによって、価格に直接的な影響を与えることをご理解いただけたかと思います。

仮想通貨ライトコイン(Litecoin/LTC)の半減期はいつ?

下記がライトコインの半減期の予定です。

回数いつ起こるか新規発行量
1回目2015年8月25LTC
2回目2019年8月12.5LTC
3回目 2023年8月6.25LTC

表を見てわかる通り、ライトコインは今年(2019年)の8月に半減期を控えています。

ビットコインは2020年4月が半減期ですので、ライトコインは、現在半減期を直近に控えており、かなり買い時だと言えそうです。

仮想通貨ライトコイン(Litecoin/LTC)のチャートから見る半減期の影響

仮想通貨ライトコイン(Litecoin/LTC)の最初の半減期は2015年8月でした。この時期の価格の動向を見てみましょう。

上のグラフが、ライトコインの2015年の半減期付近のチャートになります。

半減期に向けて大きく価格があがり、その後も安定して底値を切り上げていることがわかります。

ビットコインの半減期においても、同様のチャート推移を見せていることから、半減期は価格にとってポジティブだと言えます。

ライトコインの2019年の価格予想については下記のリンクで詳しく解説しています。

仮想通貨ライトコイン(Litecoin/LTC)の2019年の価格予想 -特徴や将来性

まとめ

仮想通貨ライトコイン(LTC)は、日本では人気がありませんが、実用性の高い仮想通貨です。

ビットコインのコピーであると言う革新性のなさから、あまり注目されていませんが、実は「ビットコインの確実な仕組み」と、「手軽さ」を併せ持つ、まさにシルバーのような存在です。

また、審査が厳しいと言われている米取引所コインベースにも上場しており流動性も十分です。

ライトニングネットワークやアトミックスワップなど多くの技術的な発展がある中で、ライトコインはより実用面での活用が期待されます。半減期も近いので、投資する価値はあるかと思います。

仮想通貨ライトコイン(Litecoin/LTC)購入におすすめの取引所

ライトコインを購入できるおすすめの取引所はGMOコインです。

GMOコインはライトコインを「日本円」で「取引所形式」で購入することが可能です。

仮想通貨取引所
ライトコイン
日本円で買える?

公式HP

公式HP

公式HP
×

公式HP

公式HP
×
-

公式HP

上記の通り、「日本円」で「取引所形式」でライトコインを購入できる取引所は「GMOコイン」「ビットポイント」の2社のみです。

ビットポイントは、利用ユーザーがかなり少なく流動性も十分ではありませんから「GMOコイン」が圧倒的におすすめです。

GMOの公式HPで登録する

(番外編)仮想通貨の販売形式の違いとは?

仮想通貨取引所が仮想通貨を販売する方法には「二つ」あります。

一つ目が「販売所形式」の販売方法です。

販売所形式は、取引所が一定量の仮想通貨をまとめて保持し、その保持している通貨を取引所が定めた価格で販売する方法です。簡単にいうと、取引所が仮想通貨を仕入れてきて、それに値札をつけて販売するやり方です。

二つ目の方法が「取引所形式」の販売方法です。

販売所形式は、お客さん同士が売買する場を提供する方法です。取引所はあくまで取引する場を提供するだけで、実際には、お客さん同士が売り買いするだけです。

一般的には、「販売所形式」では仮想通貨の価格は割高に設定されています。逆に「取引所形式」はスプレッドも狭く適正価格で購入できる可能性が高いです。

下の図が実際のビットフライヤーの「販売所」と「取引所」の価格の違いの例ですが1万円以上も「取引所」の方が安いことがわかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください