Liquidがリップル(XRP)のレバレッジ取引(FX)を追加!取引所形式で唯一Rippleが買えて圧倒的に安い。

仮想通貨取引所「Liquid」に、2018年10月19日(金)13:00より、レバレッジ取引にリップル(XRP)が追加されまます。

これまで「Liquid」は「ビットコイン(BTC)」「イーサリアム(ETH)」のみレバレッジ取引に対応していましたが、リップル(XRP)が追加され時価総額上位3つの仮想通貨が対応しました。

Liquid登録方法Liquidの公式HP

リップル(XRP)の追加の詳細

Liquid(リキッド)に追加されたリップル(XRP)のレバレッジ倍率ですが「25倍」です。

日本の仮想通貨取引所の中では最大の倍率となっています。リップル(XRP)を高いレバレッジで取引したい方には非常におすすめです。

2018年10月19日(金)13:00~ 取引が可能になりました。

Liquidの公式HPで登録する

レバレッジ取引手数料は?



気になるレバレッジ取引の手数料ですが、取引所「Liquid」は業界最安値の水準となっています。

下記の表が日本の取引所の手数料をまとめた表となっています。

取引所名FX手数料乖離手数料
BitflyerLightningFX無料5〜10%の乖離 0.25%
10〜15%の乖離  0.5%
15〜20%の乖離 1%
20%〜2%の乖離 2%
Zaif注文時 無料
日またぎ 0.039%
利益発生時の決済に0.7%
2時間毎に現物との乖離防止のため
最大±0.375%発生
Bitbank新規注文0.01%
利益発生時の決済に0.2%
なし
Liquid翌日持ち越し時のみ
0.025%
なし
BITPOINT翌日持ち越し時のみ
0.035%
なし

Liquidのレバレッジ取引でかかる手数料は、翌日にポジションを持ち越したときの「0.025%」のみとなっており、他の取引所より圧倒的に安いことがわかります。

下記のリンクで、各取引所のレバレッジ取引手数料について詳細に解説しています。

FX(レバレッジ取引)の手数料が安い仮想通貨取引所は?ランキングで紹介!

Liquidの公式HPで登録する

リップル(XRP)の価格も安い「Liquid」

レバレッジ取引の手数料が非常に安い「Liquid」ですが、販売方法はすべて「取引所形式」を採用しており、仮想通貨をお安く購入することができます。

仮想通貨の販売形式には2種類あり、1つが「取引所形式」もう一つが「販売所形式」です。一般的には「取引所形式」の方がお安く購入することができます。

販売方法の違い
  • 販売所形式
    取引所が一定量の仮想通貨をまとめて保持し、その保持している通貨を取引所が定めた価格で販売する方法です。簡単にいうと、取引所が仮想通貨を仕入れてきて、それに値札をつけて販売するやり方です。
  • 取引所形式
    お客さん同士が売買する場を提供する方法です。取引所はあくまで取引する場を提供するだけで、実際には、お客さん同士が売り買いするだけです。

一般的には、「販売所形式」では仮想通貨の価格は割高に設定されています。逆に「取引所形式」はスプレッドも狭く適正価格で購入できる可能性が高いです。

下の図が実際のビットフライヤーの「販売所」と「取引所」の価格の違いの例ですが1万円以上も「取引所」の方が安いことがわかります。

Liquid(リキッド)は「取引所形式」しか採用していません。そのため適正価格で購入することが可能なため安心です。

Liquid登録方法Liquidの公式HP

リップル(XRP)を取引所形式でレバレッジ取引可能

ちなみにリップル(XRP)を「取引所形式」で「レバレッジ取引」が可能な国内取引所は「Liquid」のみです。

DMMビットコインやGMOコインでも、リップル(XRP)をレバレッジ取引はできますが、それらすべて「販売所形式」です。そのため市場価格よりもかなり高い価格設定がされており、レバレッジ取引をするにはかなりリスキーな状況となっています。

下記のリンクにて、国内取引所の取り扱い通貨すべてと、販売形式についてまとめていますので、ご覧いただければ理解できるかと思います。

仮想通貨取引所の「取り扱い通貨種類」で比較!販売所か取引所かも解説

その点、Liquidは「取引所」形式ですので安心して取引が可能です。

Liquidの公式HPで登録する

Liquid(リキッド)以外の取引所はどうなの?

「Liquid(リキッド)」以外でリップル(XRP)をレバレッジ取引できる国内取引所は他にも存在します。しかし、その他すべての取引所が「販売所形式」となっており、リップル(XRP)の価格はかなり割高です。

Liquid以外に、下記二つの取引所で、リップルのレバレッジ取引が可能ですがLiquidが優れていることが理解できるかと思います。

DMMビットコイン

 

DMM登録方法DMMの公式HP

 GMOコインLiquid
リップルの販売形式販売所形式取引所形式
リップルのレバレッジ倍率5倍25倍
取引手数料建玉ごとに
0.04% / 日
建玉ごとに
0.025% / 日

DMMビットコインもリップル(XRP)を取り扱っていますが、「販売所形式」ですので価格はかなり割高です。また「レバレッジ倍率」「手数料」についてもLiquidより劣ります。リップルの取引ならやはり、圧倒的にLiquidがおすすめです。

Liquidの公式HPで登録する

 GMOコイン

GMO登録方法GMOの公式HP

 GMOコインLiquid
リップルの販売形式販売所形式取引所形式
リップルのレバレッジ倍率5倍25倍
取引手数料建玉ごとに
0.04% / 日
建玉ごとに
0.025% / 日

GMOコインもリップル(XRP)を取り扱っていますが、DMMビットコインと同様に「販売所形式」ですので価格はかなり割高です。また「レバレッジ倍率」「手数料」についてもLiquidより劣ります。

Liquidの公式HPで登録する

リップルのレバレッジ取引でおすすめの取引所については、下記リンクでより詳細に比較しています。参考にしていただければと思います。

リップル(XRP)のレバレッジ取引(FX)ができるおすすめの国内取引所3選。最も安く買えるのはここ!

今だけ新規口座開設で23,000円がもらえる

2018年10月17日(水)0時 〜 2018年11月16日(金)23時59分 限定で新規口座開設した方に、最大で23,000円分のQASHがプレゼントされるキャンペーンを実施中です。

リップルのレバレッジ取引が始まり、さらにキャッシュバックされる今の期間に口座開設しておくことをお勧めします。

Liquidの公式HPでキャッシュバックを受ける

Liquidがキャンペーンを実施中!QASHが23,000円分もらえる。

キャッシュバック条件

新規口座開設の申し込みをし、申し込みの日から30日以内に、次の条件のいずれかを達成された場合、達成条件ごとに以下の数量のQASHがプレゼントされます。

  1. 口座開設の完了 → 120QASH(3,000円相当*)
  2. 日本円で5万円以上の入金 → 400QASH(10,000円相当*)
  3. 日本円換算で50万円以上の仮想通貨の売買 → 400QASH(10,000円相当*)
    *2018/10/8現在、QASHトークン最終取引価格の近似値で設定

キャンペーンのうち、③の条件達成の判断にあたり、仮想通貨の日本円への換算のために用いるレートは以下のとおりです。

  • 1BTC = 750,000円
  • 1ETH = 25,000円
  • 1BCH = 60,000円
  • 1XRP = 55円
  • 1QASH = 25円
    ※2018/10/8現在、最終取引価格の近似値で設定。

Liquid登録方法Liquidの公式HP

キャンペーン期間

キャンペーン期間は下記の通りです。

2018年10月17日(水)0時 〜 2018年11月16日(金)23時59分

1ヶ月の間だけと非常に短いですので、早めに口座開設することをおすすめします。

Liquid登録方法Liquidの公式HP

キャンペーンの対象者

キャンペーン期間中に新規の口座を開設し、上記の条件を満たした方です。

すでに口座を持っている人は対象外となります。また法人口座も対象外です。あくまで個人投資家のみを対象としたキャンペーンです。

私は、すでに口座を持っているので対象外です…悔やまれます。

Liquid登録方法Liquidの公式HP

QASHトークンの付与期間

2018年12月下旬に配布予定となっています。

かなり先の配布予定となっていますので注意が必要です。

もらえるQASHって何?

キャンペーン期間中の取引でQASHという仮想通貨がもらえるわけですが、この通貨について簡単に説明します。

QASHは、QUOINE社が開発しローンチされた「取引所プラットフォームLiquid」で利用するトークンとなっています。

Liquidは、世界中の取引所の流動性をまとめるプラットフォームであり、今後様々な取引所との提携が期待されています。

現在はまだ、Liquidでの利用用途は少ないですが、まだまだ発展途上のLiquidですから、ユーティリティが高まると予想されます。

そのユーティリティを高める大きなアップデートは、QASHをフィンテックベンチャー向けの台帳システムへ移行するアップデートです。2019年の初め頃に移行予定です。

QASHのロードマップについて解説 | 2018年の進捗と今後

その際に、開発はコミュニティ主導型に移行します。簡単に言うとビットコインやイーサリアムと同じような開発方法となります。

まだまだ発展が期待できる仮想通貨です。下記のリンクにてQASHの将来性について詳しく解説しています。

QASHの特徴と今後。将来の価格予想を2018年-2020年までしてみた。

Liquid登録方法Liquidの公式HP

まとめ

まとめると下記の通りです。かなり良い条件で取引をスタートできるのではないでしょうか?

  1. Liquid(リキッド)がXRPのレバレッジ取引を開始
  2. レバレッジ倍率は業界最大の25倍
  3. 取引手数料は業界最安値の翌日繰越手数料0.025%のみ
  4. リップルを取引所形式でレバレッジ取引できるのはLiquidのみ
  5. 新規口座開設で最大「23,000円」がキャッシュバックされるキャンペーン中

Liquid登録方法Liquidの公式HP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください