Liquid by Quoineの安全性は?100%コールドウォレット管理について

仮想通貨取引所Liquid by Quoineは、もともとQUOINEX(コインエクスチェンジ)という名前の取引所でしたが、大幅なシステムアップグレードとともに名称が変更されました。

この記事では、Liquidの安全性について徹底的に解説します。なぜLiquidが安全性が高いのか理解することができます。

安全性の高い取引所のランキングは下記のリンクでより詳しく解説しています。

【安全性を比較】本当にセキュリティの高い仮想通貨取引所ランキング

安全性を図る指標

取引所の安全性を図る指標についた説明します。上から重要となる要素順です。

  1. コールドウォレットか?
  2. プライベートサーバーか?
  3. API出金が可能か?
  4. 2段階認証の必須か?

1. ウォレットの管理がコールドウォレットか?

コールドウォレットとは、ネットワークから切断されたオフラインで管理する金庫のことです。

ネットワークから切断されていますので、ハッカーが仮想通貨を盗み取ろうとしても不可能です。唯一の手段はオフィスに侵入することですが、そのような手段は現実的ではないでしょう。そのためコールドウォレットで仮想通貨を管理していることで安全性が圧倒的に高くなります。

逆に危ないのがホットウォレット管理で、ネットワークにつながっている金庫で仮想通貨を保管します。コインチェックやザイフは、ホットウォレットを狙ったハッキングで仮想通貨を盗まれています。

2. プライベートサーバーかどうか?

プライベートではないパブリックサーバーですと、ネットワークの負荷によりダウンしやすくなります。

3. API出金が可能か?

API出金は、出金処理を他のプログラムで呼び出せる機能を提供するものですが、この機能を悪用することで不正に出金される事件が起きています。

4. 2段階認証が必須か?

いくつかの取引所は2段階認証を義務付けていないところもあります。

しかし、これはかなり危険です。パスワードは理論上ハッカーは簡単に突破できます。2段階認証が、任意の取引所は大規模な盗難が起きやすく、直接被害に遭わずとも何らかの影響を受けるかもしれません。

Liquid by Quoineは安全性最強クラス

上記の4つの指標を全てクリアしているのは、世界の中でLiquid by Quoineだけです。

特にすごい点は、100%コールドウォレットで管理していることです。これを実現できている日本の取引所はLiquidだけです。

その理由は、コールドウォレットで管理することで、素早い入出金が難しくなるからです。多くの他の取引所はユーザーに便利に使ってもらいたい理由からリスクのある管理方法を取っています。

かつてLiquidは、安全だけど入出金はとても遅い取引所でした。しかし現在は、入出金処理を半自動化することで安全で素早い処理が可能になりました。

銀行入金は1時間以内で完了しますし、出金も3営業ほどで完了します。下記のリンクで入出金の反映までの時間について詳しく解説しています。

取引所Liquid by Quoineの入金、出金の反映時間は?入出金手数料も解説

このスピードは、国内取引所の中ではかなり早い水準です。安全性も高く、利便性も向上したLiquid by Quoineを是非利用してみてはいかがでしょうか?

まとめ

Liquid by Quoine20181116日まで新規口座登録で最大で23,000円がキャッシュバックされるキャンペーン中です。この機会に是非とも口座登録をオススメします。

公式HPでキャッシュバックを受ける

この記事をまとめると下記の通りです。

  1. 100%コールドウォレット管理の唯一の取引所
  2. 入出金時間などは大幅に短縮された
  3. 安全性と利便性を両立した取引所となった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください