取引所Liquidのロスカットの証拠金維持率は? 追証についてや他社との比較も。

仮想通貨取引所Liquidのレバレッジ取引における「証拠金維持率」について徹底解説します。

LiquidはもともとQUOINEX(コインエクスチェンジ)という仮想通貨取引所でしたが、大幅なシステムアップグレードとともに名称変更がされました。

Liquidでレバレッジ取引をするのであればしっかりと退場のルールを知っておくことが大切です。

レバレッジ取引の手数料について知りたい方は下記のリンクで解説しています。

Liquid by Quoine(リキッド)のすべての手数料を解説!FX手数料も解説!

証拠金維持率とは?

まず、証拠金とは何なのでしょうか?証拠金とは、レバレッジ取引を行う際の担保となる資金のことを言います。

例えば、証拠金が2万円で、レバレッジ倍率が25倍であれば、2万円×25倍で50万円分の取引が可能になります。証拠金維持率とは、この証拠金(2万円)をどれだけ維持できるかを表しています。

例えば、下記のような取引を考えてみます。

  • 証拠金2万円
  • レバレッジ25倍
  • 2万円×25倍=50万円で、1ビットコイン(1BTC)50万円を購入
  • 口座残高10万円

仮にBTCの価格が50万円のままであれば、証拠金2万円に対して、口座には証拠金の5倍の10万円が入っているので、証拠金維持率は下記のようになります。

10万円(口座残高) / 2万円(証拠金)= 500%(証拠金維持率)

しかし50万円で購入したビットコイン(BTC)の価格が値下がりして42万円になった場合、42万円-50万円となり損失が8万円出たことになります。つまり口座残高の10万円が、10万円-8万円で2万円になります。

その結果「証拠金維持率」は 下記のように計算されます。

〔42万円(現在価格)ー 50万円(購入価格)+10万円(口座残高)〕/ 2万円(証拠金)= 100%(証拠金維持率)

  • 42万円(現在価格)ー 50万円(購入価格):ビットコインの値下がりによる損失
  • 10万円(口座残高):口座にお金をたくさん振り込んでおけば、この値が大きくなります
  • 2万円(証拠金):レバレッジ取引(25倍)なので50万円のビットコイン購入の証拠金は2万円です

簡単に言えば、証拠金維持率とは「口座残高」から「損失」を引いて、証拠金をどれだけ維持できているかを表すものです。

Liquidのロスカットの証拠金維持率は?

取引所「Liquid」の証拠金維持率は100%ですが、残高に対して証拠金が設定される「クロスマージン」か、証拠金を設定できる「分離マージン」のどちらかを選択することができます。

なおLiquidの証拠金はどちらの方法であっても下記の方法で算出されます。

証拠金の計算方法:約定価格 × 数量 × 0.04

 

例)1BTC:50万円で2BTC購入した場合: 50万円 × 2 × 0.04 = (証拠金)4万円

1. クロスマージンのロスカットルール

クロスマージンは「自身の口座に残っている残高」に対してのメンテナンスマージンの割合で計算されます。

メンテナンスマージンは下記の式で計算されます。

メンテナンスマージンの計算方法:約定価格 × 数量 × 0.04

 

例)1BTC:50万円で2BTC購入した場合: 50万円 × 2 × 0.04 = (メンテナンスマージン)4万円

例えば、2BTCを30万円で購入した場合は、メンテナンスマージンは「30万円 × 2BTC × 0.04 = 24,000円」となります。このメンテナンスマージンに対して、残高の割合が100%以下になるとロスカットされます。つまり残高が24,000円になる場合なので、47万6000円の損失が発生した時にロスカットされることになります。

下記が公式サイトで解説されているロスカット早見表です。

Liquid 公式

また証拠金維持率が120%を下回った段階で「アラート(マージンコール)」があります。ロスカットされる危険な水準まで来るとメールにて通知されます。

2. 分離マージンのロスカットルール

こちらはクロスマージンとは異なり、自ら指定証拠金を設定することができます。

設定した証拠金以上には損失が発生することはありませんから、よりセーフティに取引をしたい方にオススメできる方法です。例えば指定証拠金を125,000円に設定すれば、その証拠金維持率が100%になった際にロスカットされます。

1BTCを50万円で購入した場合のメンテナンスマージンは50万円×1×0.04=2万円となります。指定証拠金/メンテナンスマージンが100%以下になるとロスカットされることになります。

Liquid 公式

上の図では指定証拠金を125,000円に設定しています。メンテナンスマージンは2万円ですから、損失が105,000円以上になった時にロスカットされることになります。(125,000-105,000 = 20,000円)

クロスマージン時と同様に、証拠金維持率が120%になった際に「アラート(マージンコール)」がメールにて通知されます。

分離マージンはやや複雑な仕組みですが、ざっくりと設定した証拠金以上の損失を防げる取引方法だと覚えておけば良いでしょう。

追証のルール

万が一、証拠金維持率が120%を下回るとアラートが発生した場合、口座に資金を追加することで取引を継続することが可能です。これを追証システムは国内取引所のすべてで採用されています。

アラートが発生したら、資金を追加で入金することができれば取引を継続することが可能です。値動きが大きな仮想通貨ですから、一度大きく下がってすぐに戻すことも多々あります。このようなアラート制度は非常に心強いです。

Liquidはロスカットの証拠金維持率が高め

Liquidはロスカットの証拠金維持率が100%と高めです。

しかし、逆に証拠金維持率が低いことは、取引を続けられる点は良いように感じるかもしれませんが、証拠金が払えなくなるリスクをはらんでいます。

少額の証拠金ならまだしも100万、200万を証拠金にして取引をしていた場合、借金を抱えるという重大な事態に発展します。

その点、Liquidはセーフティーな制度ですので万が一の事態にも安心です。

他社の証拠金維持率を比較

下記が他社の証拠金維持率との比較です。Liquidは100%ですので他の取引所と比較してもかなり余裕を持ってロスカットされることがわかります。取引する際には、証拠金は潤沢に用意しておくことをお勧めします。

業者名レバレッジ倍率ロスカット基準
Liquid by QUOINE25倍証拠金維持率110%未満
ビットバンク20倍証拠金維持率20%未満
Zaif25倍証拠金維持率30%未満
coincheck20倍証拠金維持率50%未満
bitflyer10倍証拠金維持率50%未満
GMOコイン10倍証拠金維持率75%未満
DMMビットコイン10倍証拠金維持率80%未満
BITPoint25倍証拠金維持率100%未満

まとめ

Liquidのロスカットの証拠金維持率についてまとめました。Liquidは、証拠金維持率が120%を下回るとアラートを送るという安全な仕組みを引いています。

万が一の事態に対策がとられていることは共感が持てます。ちなみに全く通知がない取引所もあります。

Liquidはレバレッジ取引手数料が業界最安値です。

FX(レバレッジ取引)の手数料が安い仮想通貨取引所は?ランキングで紹介!

また、レバレッジ取引にリップルが追加され、キャッシュバックキャンペーンも行っています。登録するなら今がチャンスです。

Liquidがキャンペーンを実施中!QASHが23,000円分もらえる。 Liquidがリップル(XRP)のレバレッジ取引(FX)を追加!取引所形式で唯一Rippleが買えて圧倒的に安い。

Liquid登録方法Liquidの公式HP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください