GMOコインの登録方法・口座開設方法を解説!入金方法や仮想通貨の買い方まで

GMOコインは、あの大手のGMOインターネットグループが運営している仮想通貨販売所です。

FXの取引高世界一の「GMO FX」を運営するGMOグループが運営している取引所ですので、初心者の方でも安心して取引を始めることができます。

この記事ではGMOコインの登録方法から「入金方法」や「仮想通貨の買い方」まで徹底解説します。

GMOコインとは?企業の概要

GMOコインとは、GMOインターネットグループの子会社が運営している取引所です。

GMO FXは取引高世界一ということもあり、サーバーの強さなどはピカイチです。また、GMOグループの傘下にあるため資本金も潤沢で倒産のリスクはかなり少ないと言えます。

資本金も18億円近くあり潤沢に用意されています。

 商号  GMOコイン株式会社
登録番号  関東財務局長 第00006号(仮想通貨交換業)
 設立年月  2016年10月
 事業内容 仮想通貨交換業
取締役会長 高島 秀行
代表取締役社長 若松 剛史
 役員
取締役
原 好史
松島 利幸
監査役
山本 樹
橘 弘一
 資本金  17.58億円(準備金含む)
株主  GMOインターネット株式会社
GMOフィナンシャルホールディングス株式会社
GMOグローバルサイン株式会社
Fitech Source,Inc.
高島 秀行
 加入協会  日本資金決済業協会
日本仮想通貨事業者協会
日本ブロックチェーン協会

GMOコイン会社情報

GMOコインは「販売所形式」がメインの取引所

GMOコインは、ビットコイン(BTC)以外は「販売所形式」での売買となります。販売所は、運営会社が定めた価格で売買を行う方式です。一方で取引所はユーザー同士が取引したい価格で売買を行う形式です。

一般的には、販売所の方が割高になる傾向がありますが、ユーザーが買いたい時に買うことができ取引が成立しやすいというメリットもあります。

販売所と取引所の違い
販売所
運営会社が提示した価格で仮想通貨を買う場所
取引所
ユーザー同士が値段を決めて取引を行う場所

GMOコインはビットコインの取引所形式での販売を2018年に追加しさらにサービス拡大を狙っています。今後の展開に注目したいところです。

GMOコインの取扱通貨数

2018年12月現在の取扱通貨は下記の通りです。レバレッジ取引の取り扱い通貨が豊富に用意されているのがGMOコインの特徴です。色々な通貨をレバレッジ取引してみたいと考えている方にはおすすめです。

 
販売所
取引所
現物取引
レバレッジ取引
現物取引
レバレッジ取引
ビットコイン(BTC) 5倍・10倍 10倍
イーサリアム(ETH) 5倍××
ライトコイン(LTC) 5倍××
リップル(XRP) 5倍××
ビットコインキャッシュ(BCH) 5倍××

その他の取引所の取り扱い通貨数について知りたい方は下記のリンクで解説しています。

仮想通貨取引所の「取り扱い通貨種類」で比較!販売所か取引所かも解説

GMO口座開設でビットコインがもらえるキャンペーン中

20,000SatoshiのSatoshiはビットコインの最小単位です。1satoshiが0.00000001BTCに相当します

つまり、0.0002BTCが口座開設するだけでプレゼントされます。おおよそ100円程度ですがもれなくビットコインがプレゼントされますから嬉しいキャンペーンです。口座登録だけでもしておいて損はないです。

GMOコイン公式サイトへ

Step1. メールアドレスの登録とパスワードの設定

メールアドレスでアカウント作成

公式サイトへアクセスして、トップページ下部の「口座開設」をクリックします。

GMOコイン公式サイトへ

メールアドレスの入力画面が出ます。facebookやGoogleアカウントでも登録できますが、Gmailなどのメールアドレスでの登録をおすすめします。

メールアドレスを入力したら、私はロボットではありませんをチェックし「無料口座開設」をクリックします。

入力したメールアドレス宛に、メールが届くので、メールに記載されているURLをクリックすると、メールアドレスの登録が完了します。

パスワードの設定

好きなパスワードを設定します。セキュリティの観点から、使い回しではないパスワードで、なるべく長いものをお使いください。

仮想通貨取引所は、攻撃を受けやすいため、なるべく複雑なパスワードを推奨します。

Step2. ログインと二段階認証の設定

パスワードを設定すると自動的にログイン画面が表示されますので、設定したメールアドレスとパスワードでログインを行います。

ログインすると上の画像が表示されますので、ご自身の「電話番号」を入力して「コードを送信」をクリックします。

入力した電話番号が正しいかの確認画面が表示されます。問題なければコード送信をクリックします。

入力した電話番号宛に「6桁の認証コード」が届きます。認証コードを入力して「認証する」をクリックします。

認証コードに誤りがなければ、上の画像が表示されて登録が完了します。「開設申込へ進む」をクリックして次の手順に進みます。

Step3. 個人情報の登録と本人確認書類のアップロード

個人情報の入力

フォームに従い個人情報を入力してください。ここで入力する住所は必ず本人確認書類に記載されている住所と同じものをお使いください。全て入力し終わったら「確認画面へ」ボタンをクリックします。

入力内容の確認

確認画面が表示されますので内容を確認します。ここに記載されている情報をもとに本人確認を行いますので、しっかりと確認を行いましょう。

本人確認書類の提出

次は本人確認書類の提出を行います。本人確認には二つの方法が用意されていますが、「1.本人確認書類のアップロード」をおすすめします。

本人確認書類は下記のいずれかで可能です。

本人確認書類
• 運転免許証
• パスポート
• 健康保険証
• 住民票の写し
• 特別永住者証明
• マイナンバーカード

必ず住所が確認できる書類をアップロードしましょう。本人確認が完了したらGMOコインからハガキが届きます。

口座開設コードを入力

ハガキを受け取ったら、ハガキに記載されている「口座開設コード」を入力します。住所の確認が完了して利用できるようになります。

GMOコイン公式サイトで口座開設する

日本円の入金方法

日本円の入金方法は「即時入金」と「銀行振込入金」が存在します。

即時入金の方法

画面右側の「入出金」をクリックし、「即時入金」をクリックします。金融機関を選択して入金を行います。各金融機関によって振込方法は異なりますので、クリック後に記載される手順に従って入金してください。

銀行振込の方法

「画面上部」の「振込入金」をクリックすると振込先が表示されます。各金融機関から表示されている振込先に振込を行なってください。

仮想通貨の入金

GMOコインは口座開設と同時に、各通貨のウォレットアドレスが割り当てられています。各通貨ごとにウォレットアドレスが異なりますので、送金したい通貨に合わせてアドレスに送金します。

「入出金」→「仮想通貨」と進むと通貨の選択画面が表示されます。送金したい通貨を選択します。

「預入」をクリックすると仮想通貨のアドレスが表示されます。このアドレスが銀行で言う口座番号のようなものですので、こちらに送金すればGMOコインに仮想通貨を入金することができます。

注意
仮想通貨のアドレスは「各通貨ごと」に存在します。くれぐれも誤って他の通貨のアドレスに送信しないようにしてください。間違えて送金した通貨は取り出すのが非常に難しく、取り出すことができない可能性もあります。しっかりと確認を行なった上で送金してください。

仮想通貨の購入の仕方

仮想通貨の購入は画面右側の「トレード」から行います。各通貨の選択画面が表示されますので、購入したい通貨を選択します。

「①購入価格」を確認し「②金額指定か数量指定か」を選択し「③数量」を入力します。最後に「④購入か売却」を選択します。画面右側のように確認画面が表示されますので、確定すると取引が完了します。

取引が完了したかや、過去の取引の確認は「取引履歴」をクリックして行います。

仮想通貨FXアプリ「ビットレ君」

GMOコインには非常に優秀なFXアプリがあります。そこは為替のFXの最大手ということもあり、非常に使いやすいアプリです。

アプリをインストールして触ってみることをおすすめします。


GMOコインの登録方法まとめ

大手のGMOグループの仮想通貨取引所は、資本金もあり安心です。今後はSBIグループなど、かなり多くの大手が参入すると予想できます。

競争が激しくなる中で、切磋琢磨していくことでより良いシステムに改善していくと考えられます。GMOグループは資本金もありますし、為替で培ったノウハウもありますから、どんどん進展していくことが期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください