口座数の多い仮想通貨取引所は?国内取引所を口座数でランキングしてみた。

仮想通貨市場は、長期的に低迷していますが、国内取引所の口座数は順調に伸びているのでしょうか?

この記事では、2019年1月の最新のデータを参考にしながら、登録口座数でランキングします。

なお参考にしているデータは決算発表時に公開されているものや、新規口座開設数のプレスリリースなどを参考にしながら記載します。

口座数1位 ビットフライヤー(bitFlyer)

bitflyerの公式サイト

口座数 200万口座以上

口座開設数が圧倒的に多いのはやはり「ビットフライヤー」です。

仮想通貨取引所のパイオニアとして、早くからテレビCMをはじめ、顧客獲得に積極的な取引所でした。

2017年末にかけての仮想通貨バブルに乗じて、多くの顧客を獲得し、20183月頃にすでに200万口座を達成しています。ただし、現在は新規口座の開設を停止しています。

この数字はかなり驚異的です。下の画像は証券会社の口座開設者数です。

証券会社の口座開設数と比較しても、かなり上位に位置していることがわかるかと思います。みずほ証券よりも口座数は多いです。バブル相場になるのもうなずけます。

口座数2位 コインチェック(coincheck)

コインチェックの公式HP

口座開設数200

コインチェックは、盗難事件を起こすまで、ビットフライヤーと並ぶ2大取引所でした。ビットフライヤーと同様にテレビCMを行いかなりの顧客を集めたと考えられます。

現在は、コインチェックはマネックスグループに買収され、業務改善が進み営業を再開しています。

口座数3 Liquid by Quoine

Liquid by Quoine公式HP

推定75-125万口座

コインチェックが業務停止をした後に、飛ぶ鳥を落とす勢いで口座を集めたのはLiquidです。

Liquidの魅力は100%コールドウォレット管理で、安全性が非常に高いです。コインチェックの盗難事件後に、ユーザーのセキュリティ意識が高まり口座数を集めたと考えられます。

ビットコインの現物取引高は国内1位となっていることから、おおよそビットフライヤーに並ぶ口座数だと推定されます。

またLiquidは、シンガポールにも事業所を置きグローパルにサービスを展開する取引所です。世界中の人がLiquidで口座解説していることも口座数を押し上げている要因です。

下記にて仮想通貨の取引高の多い取引所について解説しています。

【通貨別】仮想通貨取引所の取引量・取引高ランキング!ビットコイン・イーサリアム・リップルの取引量

口座数4位 ビットバンク(bitbank)

bitbankの公式HP

推定75-125万口座

ビットバンクは、優れたチャートツールを備えた仮想通貨取引所です。また顧客資産を100%コールドウォレットで管理しています。

こちらも、コインチェックの盗難事件後に、多くのユーザーが移ってきました。

リップル(XRP)を取り扱っている珍しい取引所のため、リップルを買いたい人はオススメの取引所です。

ちなみにリップルの取引高はビットバンクが国内No1です。

口座数5位 フィスコ(Fisco)※旧ザイフ(Zaif

「fisco logo crypto」の画像検索結果

73万口座

フィスコは、仮想通貨取引所のザイフから事業譲渡されました取引所です。

ザイフもハッキング事件を起こしたため、フィスコが事業を丸ごと買い取った形になります。そのためZaifの顧客の全てがフィスコに移管したことになります。移管の際に公開された口座数は「73万口座」です。

ザイフもテレビCMを行なったこともあり、かなりのユーザー数を抱えています。しかしFiscoは取引所としての評判はあまりよくありません。おすすめはできません。

口座数6位 GMOコイン

GMOの公式HP

22.5万~30万口座

GMOコインは2018年12月の決算説明会で22.5万口座に到達したと発表がありました。

GMOコインの素晴らしいところは、他の取引所と異なり、東証一部上場企業が運営していることから情報開示が投資家に適切にされることです。

下記が2018年12月の決算発表資料です。右肩上がりに順調に口座数を伸ばしていることがわかります。

これだけ口座数を増やし続けている理由は、GMOコインは継続してサービスを拡充しているからです。

過去、「販売所」のみしか運営していませんでしたが、2019年1月30日に「取引所」で5つの通貨を購入できるようになりました。スプレッドも狭くなり売買をしやすくなりました。

GMOコインは12月時点で22.5万口座ですが、上記のアップデートによってさらに口座数を加速させていると推測できます。おそらく現在は30万口座付近なのではないかと考えられます。

下記で口座の開設方法を画像付きで詳しく解説しています。

GMOコインの登録・口座開設方法と使い方を画像付きで徹底解説します。

口座数7位 DMMビットコイン

DMM登録方法DMMの公式HP

17-25万口座

DMMビットコインは、GMOコインとほぼ同時期に取引所サービスを始めています。

リリース当時は、DMMGMOも似たような販売所サービスを提供していましたが、現在では、GMOコインが一歩先を行っています。いまだに販売所サービスしかしていませんし、取引ツールも煩雑です。

口座数は公開されていませんが、マイニング事業で大規模な赤字を出していることからも、サービス改善に手が回っていないと行った状況かと思います。

DMMビットコインのマイニングファームは閉鎖中?!稼働状況について調査!

口座数8位 ビットポイン(BITPOINT

ビットポイント登録方法ビットポイントの公式HP

推定10-20万口座

ビットポイントは、最近、取引のしやすさから、多くのブログ等で紹介されています。取引高から推察するにおそらく10-20万程度の口座数かと思われます。

まとめ

まとめると各取引所ごとの口座開設者数は下記の通りです。

私がおすすめしたい取引所3つには星アイコンを付けさせていただきました。口座数も十分ですし非常に使いやすい取引所です。

取引所
口座開設者数
おすすめ度

公式HP
口座数 200万口座以上

公式HP
口座数 200万口座以上

公式HP
推定75-125万口座

公式HP
推定75-125万口座
73万口座

公式HP
22.5-30万口座

公式HP
17-25万口座

公式HP
推定10-30万口座

口座数が全てではないですが、人気かどうかを見る指標にはなるかと思います。

上記取引所の中で、現在はビットフライヤーもコインチェックも新規口座開設が停止しています。そのため私がおすすめしたいのは下記の3つの取引所です。

 Liquid by Quoine(リキッド)

口座数も非常に多く取引高も多い。スプレッドも狭くお得に仮想通貨を購入できる!

Liquid公式HP

 bitbank(ビットバンク)

ビットバンク(bitbank)は、リップル(XRP)の取引高が国内No1
リップルを買いたい方には絶対おすすめ!

bitbankの公式HP

 GMOコイン

豊富なアルトコインを「取引所」で購入できる!大手企業が運営してるため安心
ビットコイン/イーサリアム/リップル/ライトコイン/ビットコインキャッシュを買える

GMOの公式HP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください