イーサリアムのおすすめウォレット10選。スマホ・iphone(iOS)でも使えるウォレットも紹介!2018年版

イーサリアム(ETH)は現在、ビットコイン(BTC)、リップル(XRP)に次いで世界第3位の仮想通貨です。

現在多くの投資家がイーサリアムに投資していますし、またdAppsを利用したいユーザーも増えてきています。当然それに伴い、安心で安全なイーサリアムウォレットが求められてきています。

この記事では、イーサリアムを安全に補完できる、私がおすすめしたいウォレットをランキング形式で10個紹介します。選定する基準を明確にして、主観を極力含まないように紹介します。あなたにぴったりのウォレットが見つかるはずです。

良いウォレットの判断基準

私は、良いウォレットは下記の基準を満たしていると考えています。

  1. 秘密鍵の管理がどうなっているか?
    オンラインにさらされていないか?
  2. 使いやすさ
    エレガントで使いやすいUIか?誤操作で仮想通貨の紛失が起きないか?
  3. 開発コミュニティ
    活発な開発コミュニティを有しているか?
  4. バックアップとセキュリティ
    バックアップと復元機能を備えているか?
  5. 互換性
    さまざまなOSで動かすことができるか?

これらの基準から、そのウォレットがどれだけ素晴らしいか判断することが可能だと考えます。

1. 取引所Liquidのウォレット

仮想通貨取引所Liquidのウォレットは、私が最もおすすめしたいイーサリアムウォレットです。

その理由は、100%コールドウォレット管理である点と、もし送金アドレスを誤ってしまった場合でも可能な限り復元に助力してくれる点です。中央集権取引所のメリットは、ユーザーサポートにあります。その他のウォレットでは考えられません。

また、Liquidはウォレット型のスマートフォンアプリを出しています。

非常に美しいUIで、ポートフォリオの確認も可能です。初心者に間違いなくおすすめしたいウォレットです。

Liquid by Quoine公式サイトで登録

2.  Ledger Nano S(レジャーナノS

Ledger Nano S公式

Ledger Nano Sは、最も安価な「ハードウェアウォレット」の1つです。

ハードウェアウォレットとは?
ハードウェアウォレットとは、オンライン上に仮想通貨を管理するのではなく、「専用の端末(ハードウェア)」に仮想通貨を保管する方法。オフラインで管理するため、ハッキングのリスクが低いが、端末自体を無くす、盗まれるなどのリスクはある。

このウォレットの価格は65ドル(7000円)ほどと非常に安いです。ETHの他、BTCも保管することが可能です。

3. Trezor (トレザー)

Trezor公式

トレザーはビットコインのために開発された最初のハードウェアウォレットです。しかし、現在ではMy Ether Wallet Webを用いることでイーサリアムにも利用可能です。

白、グレー、黒の4色があり価格は99ドル(12,000円)です。

4. Atomic Wallet(アトミック)

Atomic Wallet公式

Atomic Walletは、EthereumERC20トークンの究極のソリューションです。このウォレットを使えば、銀行カードを使ってETHの保管、交換、購入ができます。

将来的には、イーサリアムはAtomic Swapsでの交換が実現すると考えられます。この技術は仲介者を介さずに仮想通貨を交換するための完全に分散化された方法です。Atomic Wallet300を超える暗号通貨をサポートし、すべてのERC20トークン用のインターフェースを提供します。

さらには、Atomic Walletは、ほとんどすべてのデスクトップオペレーティングシステムで利用可能で、AndroidおよびiOSデバイスに搭載される予定です。

5. Exodus(エクソダス)

Exodus公式

Exodusは、100以上の仮想通貨をサポートするオンラインウォレットです。Exodusは、常時インターネットに接続していますが、秘密鍵はオフラインで管理されています。盗難の心配もなくセキュリティはかなり高いです。

6. Jaxx(ジャクス)

Jaxx公式

Jaxxは、カナダに拠点を置く会社Decentralによって作成されたウォレットです。13の暗号通貨(ETHを含む)をサポートし、堅牢なセキュリティ機能を備えたエレガントなデザインです。

7. Mist(ミスト)

Mist公式

ミストは公式のEthereumウォレットです。

Mistをインストールすると、すべてのEthereumノードと同期するため、起動に時間がかかります。その後は他のウォレットと同様の機能を備えています。ウォレットでは、トランザクションを実行するために公開鍵と秘密鍵のペアにアクセスできます。

秘密鍵はデバイスに保存されているため、セキュリティを心配する必要はありません。

8. Meta Mask(メタマスク)

Meta Mask公式

MestaMaskは私のお気に入りのイーサリアムウォレットの1つです。

EthereumネットワークへWebブラウザからアクセス可能です。ETHを保管して送ることを可能にするだけでなくdAppsにアクセスすることも可能です。

テストネットワークとメインのEthereumネットワークをすばやく切り替えることができる直感的なデザインです。

9. My Ether Wallet

My Ether Wallet公式

マイイーサーウォレットは、イーサリアムとイーサリアムを利用したトークンを管理することができるウォレットです。こちらも秘密鍵は、ローカルに保存しますので盗難の心配はありません。

また、Ledger Nano STrezorと連動させることができる点も特徴です。

10. Keep Key

Keep Key公式

Keep Keyは、最も高価なハードウェアウォレットです。価格は120ドル(15,000円)ほどです。

レジャーナノやトレザーと同じ機能ですが、サイズが大きく液晶も壊れやすいです。強くはおすすめできませんが、より大きな液晶が欲しいなら、選択肢としてはアリかもしれません。

まとめ

イーサリアムを管理するウォレットは多数存在しますが、好みに合わせて使い分けることをおすすめします。

個人的には、Liquidのウォレットをおすすめしていますが、中央集権の取引所に預けるのは不安だという方はLedger Nano Sは価格もお手頃ですし、おすすめです。

ただし端末が故障などするリスクもやはりありますし、前提知識がかなり必要なので玄人向けです。自分にあった管理方法をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください