イーサリアム(Ethereum)の今後の価格予想。2019年に15万円に到達する理由。

仮想通貨のマーケットは2018年終わりから下落相場が続いています。とりわけイーサリアムの価格下落は、他の仮想通貨と比較して大きく最高値から-93%も下落しています。

現在は、時価総額2位から陥落しリップル(XRP)にその座を奪われています。ETHXRPの時価総額の差は5000億円と広がっています。

しかし、2019年は、このベアマーケットの暗いトンネルから抜け出すと考えています。イーサリアムの仕組みについては下記のリンクにて解説しています。

【図解】誰でもわかるイーサリアムの仕組み。スマートコントラクトを徹底解説

イーサリアムの価格下落の原因

なぜここまで、イーサリアムの下落が激しいのか理解することは今後の見通しに役立つと考えます。

イーサリアムの価格下落の大きな要素はICO需要の減少だと考えられています。

ICOとは?
イニシャルコインオファリングで、独自のコインを販売することで資金調達をする方法。IPO(新規公開株)と対比される。

このICOの実に70%近くが、イーサリアムプラットフォームを用いて行われています。ICOは米国での取り締まりの強化などにより、ICO件数自体が減少しており、それが価格に悪影響を及ぼしています。

イーサリアムの価格下落の原因について詳しくは下記に記載しています。

【最新】イーサリアム(Ethereum)の暴落の3つの原因と今後の展開を予想

しかしながら、イーサリアムの共同創始者でありファウンダーのJoseph Rubin氏は下記の通りツイートをしています。大きな価格の下落は、イーサリアムのネットワークの成長には全く関係がないと述べています。

市場規模が、アクティビティを反映することはない。非中央集権ネットワークは成長し続けています。

-100億 増加 毎日の@infura_ioが受けるAPIリクエスト
-100万 増加 @trufflesuiteのダウンロード
-100万 増加 @metamask_ioのダウンロード
-1.2万 増加 @Ethereumのノード
-4800万 増加 ユニークなイーサリアムのアドレス
-3倍 増加 LinkedInによる求人

仮想通貨のファンダメンタルは、ネットワークの強さだと私は考えます。価格が下落しようともイーサリアムネットワークは成長し、開発も進み続けています。

またイーサリアムの開発がどれだけアクティブかは、どれだけコードに更新があるか(コミット数)で図られます。下記がイーサリアム開発者コミュニティのコミット数です。

参考:CryptoMiso

依然として毎日多くの更新があります。価格の下落とは、関係なく開発者はより良いネットワークとなるように更新をし続けています。

またICOの規制強化は長期的にはポジティブです。詐欺的プロジェクトが2019年以降減少し、実需がETHの価値を維持する年になっていくはずです。

 

私が「イーサリアムの購入」におすすめしたい取引所はLiquid(リキッド)です。イーサリアムの国内取引高No1で圧倒的に安くイーサリアムを購入することが可能です。

 

Liquid公式サイトで登録

2019年以降の開発ロードマップ

イーサリアムは4つのアップデートを経て、最終形となります。

現在は3つ目のアップデート「メトロポリス」の途中の段階です。

アップデート名称時期
フロンティア(Frontier)2015年7月
ホームステッド(Homestead)2016年3月
メトロポリス(Metropolice)2017年9月〜実施中
セレニティ(Serenity)未定

メトロポリスはさらに2つに細分化されてアップデートされます。ビザンチウムとコンスタンティノープルです。

アップデート名称 時期
メトロポリス(Metropolice)ビザンチウム(Byzantium)2017年9月
コンスタンティノープル(Constantinople)実施未定

ビザンチウムはすでに終了しており、20191月16日に「コンスタンティノープル」を控えています。

コンスタンティノープルの大きな変更はEIP1234です。この変更はマイニング報酬を4ETH→3ETHに変更し、採掘難易度を高くする変更です。

EIPとは?
EIPとは、Ethereum Improvement Proposalsの略で日本語に直すとイーサリアム改善提案となります。イーサリアムはいくつもの改善プランが平行に開発されています。

イーサリアムのコンスタンティノープルとは何か?わかりやすく解説

つまり、需要と供給で言うところの、供給サイドが減少するわけです。ミクロ経済学的には、価格は高くなります。

10分で分かるミクロ経済学 | 初心者にも分かりやすく基礎を解説

さらにはEIP145などイーサリアム仮想マシンの性能向上などの変更も含まれており、イーサリアムの需要面でも高まると考えられます。

つまり供給面と需要面において大幅に改善されることが期待されています。価格にポジティブに働かないはずがありません。よく過去のアップデートでは、あまり価格の変動がなかったと言われていますが、過去のアップデートではマイニング報酬の減額は行われていません。

単純に言えばビットコインの半減期と同じわけですから、価格はポジティブに働きます。

 

私が「イーサリアムの購入」におすすめしたい取引所はLiquid(リキッド)です。イーサリアムの国内取引高No1で圧倒的に安くイーサリアムを購入することが可能です。

 

Liquid公式サイトで登録

2018年12月最新 ProgPoW実装が決定

「コンスタンティノープル」の実装を1月16日に控えた仮想通貨イーサリアムですが、その次のアップデートとして「ProgPoW」となることがイーサリアム開発者コミュニティで仮決定されました。

ProgPoWはマイニングアルゴリズムであり、現状のEthashアルゴリズムよりも、より強力なASIC耐性を備えることになります。ASIC耐性を備えることで、より分散化されたマイニングネットワークを築くことが可能になるため「ハッシュレート」の安定化を望めます。

実施時期については、まだ明確には定まっていませんが、コンスタンティノープル実施から数ヶ月以内には実施したいと開発者コミュニティは伝えています。詳しくは下記のリンクで解説しています。

イーサリアムにProgPoWの実装が決定。実施時期や仕組みについて解説

最終形のセレニティが解決すること

さらには2019年には、最終アップデート「セレニティ(Serenity)」が行われると期待されます。

このセレニティは、キャスパー(イーサリアムのプルーフオブステーク :PoS)とシャーディング (Sharding)によって、ブロックチェーンの処理性能を大幅に向上させます。

さらには、キャスパー(プルーフオブステーク)へ移行することにより、ETHをステーキングすることで、マイニング確率が上がる方式へと変更されます。

イーサリアムのキャスパー(Casper)とは何か?わかりやすく図解

これにより考えられることは、機関投資家や、中央集権的なエクスチェンジが、多くの資金をイーサリアムネットワークにステークすることです。

資金が固定されることで流通量が減るため、イーサリアムの価格が押し上げます。しかもステークされるETHは、個人レベルではなく企業のレベルで多くのETHがステークされます。

 

私が「イーサリアムの購入」におすすめしたい取引所はLiquid(リキッド)です。イーサリアムの国内取引高No1で圧倒的に安くイーサリアムを購入することが可能です。

 

Liquid公式サイトで登録

様々な人の2019年のイーサリアム価格予想

2019年のイーサリアムは、現在の暗い相場とは比較にならないくらい楽しみな点が多いです。

投資家や、開発者は何度もその点に関して言及しています。下記がそのリストです。

①. Joseph Raczynski

Joe technologist.comの創始者で、ツイッターのフォロワーが15万人以上のジョセフは、イーサリアムの2019年の価格は1200ドルに到達すると予測しています。

彼はPoSのコンセプトが機関投資家を呼び込むだろうと予測しています。

②. Ian McLeod

Ian McLeodは、トーマスクラウンアートの技術専門家です。彼は、2019年には予想は500ドル以上になると予測します。さらには5年以内にビットコインのシェアの半分をイーサリアムが奪うと予想しています。

③. Nigel Green

Nigel Greenは、国際的なコンサルティングファームのdeVereCEOです。彼の予想ではイーサリアムは2019年に2500ドル以上になると予想しています。

その理由については、より多くのユーザーがイーサリアムプラットフォームを利用することになることによると語っています。

④. Trading Beasts

Trading Beastsというウェブサイトによると、2019年の終わりにまでに900ドルに達すると述べています。2019年の平均価格は650ドルと予想しています。

⑤. Brian Schuster

Brian SchusterArk Capital LLCの創始者です。彼は、5年以内には100,000ドルに到達すると予想します。かなり楽観的な予想ですが、仮想通貨のゴールドとしての地位をイーサリアムが獲得すると述べています。

 

私が「イーサリアムの購入」におすすめしたい取引所はLiquid(リキッド)です。イーサリアムの国内取引高No1で圧倒的に安くイーサリアムを購入することが可能です。

 

Liquid公式サイトで登録

結論: 2019年の価格

2019年の価格は15万円と予想します。その理由は、イーサリアムのネットワークの価値を高めるアップデートが2019年には多く行われます。さらに、Devcon4にて、イーサリアムの創始者であるVitarikは、Ethereum1.xのプランを作るよう呼びかけました。

イーサリアム1.x(Ethereum1.x)とは何か? 4つのアップデート提案について解説

ここで注意して欲しいことは、価格については予測が非常に難しいことです。それ以上に、価格形成にポジティブに働く各種要因に注目し投資判断を行なって欲しいと思います。

つまり、イーサリアムは2019年にかけて1.xという、正式なバージョンがつくことになります。それは多くの機能において、実験ではなく実用に耐える状態に変わることを意味します。暗号通貨の研究者であるEric Wallによると、2019年には多くのプロジェクトがイーサリアムを使うようになりドミノ倒しのようにその効果が波及するといいます。

まとめ

イーサリアムの価格の下落の、とりわけ大きな要因はICO需要の減少です。

2017年にETHで多額の資金調達をしたICOの多くは、中身のない、粗悪な、そして詐欺的なものも多く、実態とかけ離れた価格をつける一因となりました。

しかしそれは、法的規制がままならない中で、イーサリアムを利用する人々によって引き起こされたことであり、イーサリアムネットワークや開発者には何ら落ち度はありません。

インターネットが蜂起したころ、違法アップロードが蔓延したように、イーサリアムにおいても試練の時期です。法的枠組みの整理と、正しいイーサリアムの活用が広がることで、これからは実需によって価格を形成していく時代となることを期待します。

イーサリアムの購入ならLiquidが圧倒的におすすめです。

Liquid公式サイトで登録

イーサリアムの取引高が国内No1で取引所形式でイーサリアムを買うことができます。下記のリンクでおすすめする理由を詳しく解説しています。

イーサリアム(Ethereum)を日本円で安く買える仮想通貨取引所は?おすすめランキング!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください