仮想通貨アフィリエイトブログ終了のお知らせ。完全にオワコン化。報酬も禁止へ。

これから仮想通貨ブログでアフィリエイト収益を上げよう思っている人に向けて書いた記事です。

私は仮想通貨ブログを一年ほど運営しているのですが、仮想通貨アフィリエイトは「完全オワコン」です。

今から仮想通貨ブログを始めようと思っている人、一度立ち止まってください。なぜ非常に厳しい状況なのか理由を説明します。

2018年11月19日にビットフライヤー(bitFlyer)がアフィリエイトを終了しました。オワコン化が始まりかけています。以下詳しく解説していきます。

仮想通貨ブログは「なぜ」オワコンなのか?

関連画像

私は、仮想通貨ブログを一年ほど前から運営してきました。最近ではめっきりアクセスも減り、収益もほとんど得られていない状況です。

「お前の運営力がないだけだろ」と言われればそれまでですが、、今から新しく個人で参入して勝つことはほぼ不可能だと思います。

もちろん、ニッチな領域を確立して、ほそぼそと勝つことは可能かもしれないですが、ビッグワードを取ることは諦めましょう。特に、私みたいな副業ブロガーの場合は、よほどオリジナリティが高く、パクることが不可能な記事でないと厳しいです。

仕事終わりに努力して書いた記事は、すぐに業者に「いいように」パクられて、更新頻度で敗北&SEOで圧倒してきます。

実際の収益は?

実際の収益は、月に数千円行ったら良い方です。ちなみに記事数は100記事ほどです。

かけている時間を考えたら正直割りに合いません。

また、アフィリエイト報酬は減少傾向にあります。良い時で1万円達成もありましたが今は雀の涙。日本国内の口座開設の可能性のある人は頭打ちになっていると考えられます。

ほぼバブルの頃に、潜在需要は食い尽くされてしまったんですね。

「そんなわけないだろ」と思ったそこのあなた、ちゃんとデータ的にも証明されています。例えばビットフライヤーの口座開設数は2018年3月の時点で200万口座です。これがどれだけ凄いことなのか下記の画像をご覧ください。

みずほ証券よりビットフライヤーの方が口座開設数が多いんですよ。

これはもう潜在的なニーズを全て満たしたと言っても良いのではないでしょうか。

口座数の多い仮想通貨取引所は?国内取引所を口座数でランキングしてみた。

データ的にもオワコン

「google トレンド」の画像検索結果

仮想通貨のバブル崩壊で、世間の興味が失われています。

下記が、Googleの検索数の推移ですが、ほとんど検索されなくなっています。

当ブログのアクセス自体も、バブル期の1/10ほどになっています。もう完全にオワコンですね。下記のリンクに仮想通貨用語のGoogle検索数を調べて記事にしています。

仮想通貨への人々の興味をGoogleトレンドで分析してみた!

ライバルが強すぎてオワコン

仮想通貨アフィリエイト報酬は高額が故に競争率が非常に高いです。

純粋系メディアのCOIN POSTさんは「かなりの人数」と「労力」をかけて記事を書いています。

このような記事に対抗できるようなものを書けるか自問自答してください。見切り発車はやめましょう。個人ブログ、副業で達成するのは、非常に難しいです。

マイナーアルトコイン紹介もオワコン

個人、副業ブロガーにとっての唯一の光がマイナーアルトコイン(草コイン)でした。

マイナーアルトコインは、大手メディアが紹介しないようなニッチな仮想通貨なので、個人でも勝てる見込みがありました。しかし、今は完全にアルトコインブームが終了しオワコン化。

主要通貨のビットコインやイーサリアムが価格を維持していますが、それ以外は軒並み、捨て去られて屍になっています。(イケハヤがXPというクソみたいな通貨を推してた時代が懐かしい。)

もはやマイナーアルトを紹介したって、誰も見向きもしません。諦めましょう。

マーケット規制的にもオワコン

日本において仮想通貨取引所が、自主規制のルールを定めています。

そのルールの中に、
「成果報酬型広告による勧誘禁止」とあります。


 まだ検討段階ではありますが、もしこの自主規制が実現してしまえば、全てのアフィリエイトが終了します。

2018年度内の施行と噂れており、今からアフィリエイトに参入するのはかなりリスキーです。

2018年11月更新
ビットフライヤーが早くも、アフィリエイトの終了を宣言しました。業界最大手が先陣を切った形ですが、その他の取引所も追従する可能性があります。そうなったら確実にオワコンです。

朗報:マーケット規制の続報(2018年10月24日)

以下はJVCEA(日本仮想通貨交換業協会)のホームページから抜粋です。

(アフィリエイターによる勧誘の禁止)
第 18 条 会員は、アフィリエイト広告を行う場合には、第5条の定めに従って、アフィリエイター(仮想通貨交換業者の登録を有する者を除く。)に対し、仮想通貨関連取引の勧誘を委託してはならない。

2 会員は、当該アフィリエイターが会員のために仮想通貨関連取引の勧誘を行った場合には、当該アフィリエイターとの契約を解除することを、あらかじめアフィリエイターとの間で合意しなければならない。

3 会員は、前項に定める合意に反し、アフィリエイターが仮想通貨関連取引を勧誘したことを確認した場合には、直ちに当該アフィリエイターとの契約を解除しなければならない。

4 会員は、アフィリエイターが仮想通貨関連取引の勧誘を行うことを誘発させ、又は助長させるおそれのある過度なインセンティブを、アフィリエイターに対して付与してはならない。

上記の文章で特に重要なのは「会員は、アフィリエイターが仮想通貨関連取引の勧誘を行うことを誘発させ、又は助長させるおそれのある過度なインセンティブを、アフィリエイターに対して付与してはならない。」です。

つまり、口座開設や取引を過剰に誘発するようなインセンティブは禁止しますということです。過度なインセンティブとはどの程度なのかという話ですが、「業界的に認められる範囲で」ということになるでしょう。

つまり、ビットフライヤーやコインチェックなどが最大23,000円の報酬を与えていましたが、これは明らかに過剰な勧誘と言えます。よって、大手のASP等で認められる範囲でということになるでしょう。数百円から数千円の範囲になることは間違いないです

ただし完全禁止ではないので、仮想通貨ブロガーにとってはかなり朗報です。

オワコン = 完全に稼げないわけではない

ここまでオワコンと言ってきましたが、バブル期よりも圧倒的に稼ぎにくくなったと言っているだけです。

まだまだ大手ASP(A8net等)を経由したアフィリエイトは続いていますし、稼げる余地は存在します。しかし検索数の減少などにより、個人ブログなどはアクセスされにくい現状は意識しないといけません。独自の領域を確立できる自信がある方は初めてみるのも良いでしょう。

インフルエンサーの「イケハヤさん」もまだまだ稼げるとおっしゃっています。

実際に2019年に入り、収益が若干復調してきています。彼は預言者でしょうか。

仮想通貨関連のアフィリエイトを始めてみようと思っている方は、a8net、アクセストレードの2社でほぼ網羅できます。


A8.netでアフィリエイトを始める

A8.netで提携できる取引所
  • DMMビットコイン 口座開設で2,000円
  • GMOコイン 口座開設で2,000円
  • Liquid 口座開設で1,500円

アクセストレード パートナーサイト募集

アクセストレードでアフィリエイトを始める

アクセストレードで提携できる取引所
  • ビットバンク(bitbank)口座開設で3,000円

実際に、私も一時期は減少しかけていた収益も徐々に回復して数万円程度には復活してきています。おそらくバブルが崩壊して、相場が安定し徐々に仮想通貨を始めてみようという人が増えてきているのでしょう。

まとめ

仮想通貨アフィリエイトブログの実情はかなり厳しいことがお分かりいただけたでしょうか?

私が言いたいことは

  • 副業ブログで収益を得れるほど生易しいジャンルではない。
  • 仮想通貨への興味が市場から薄れている。また潜在的需要はバブルで食い尽くされた。
  • ニッチなジャンルのマイナー通貨が軒並み低迷している。故に記事需要がない。
  • 仮想通貨の企業団体が、自主規制でアフィリエイトを禁止する可能性がある。
  • オワコン = 完全に稼げないわけではない

このような厳しい状況下でも、質の高いオリジナルコンテンツを投下し続けて収益を上げているブロガーさんも沢山いらっしゃるのは事実です。私も少しずつ独自の領域を確立して月に数万円程度は稼げるようになってきました。

それでも始めてみようと思った方は、A8.netアクセストレードで初めて見るのも良いでしょう。

A8.netでアフィリエイトを始めるアクセストレードでアフィリエイトを始める

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください