ビットバンク(bitbank)はリップルのレバレッジ取引はできる?

仮想通貨取引所「ビットバンク(bitbank)」は、リップル(XRP)をお得に購入できる取引所として有名です。

このビットバンクでは、リップル(XRP)のレバレッジ取引が可能なのでしょうか?

ビットバンク(bitbank)はリップル(XRP)のレバレッジ取引できる?

ビットバンク(bitbank)では、リップル(XRP)のレバレッジ取引はできません。

ビットバンクでのレバレッジ取引ができる通貨は「ビットコイン(BTC/USD)」のみとなっています。下記が取り扱い通貨のリストになります。

 
現物取引
レバレッジ取引
ビットコイン (BTC/JPY)×
BTCUSD(ビットコイン・ドル)× 20倍
リップル (XRP/JPY)×
ライトコイン (LTC/BTC)×
イーサリアム (ETH/BTC)×
モナーコイン (MONA/JPY)×
モナーコイン (MONA/BTC)×
ビットコインキャッシュ (BCC/JPY)×
ビットコインキャッシュ (BCC/BTC)×

取り扱い通貨の詳細については、下記のリンクにて解説しています。

ビットバンク(bitbank)取り扱い通貨は?レバレッジ取引通貨も

ビットバンクのレバレッジ取引をする際は、一度JPYをUSDに両替して行うことになります。取引所内で両替ができますので、特にUSDで取引していることは意識せずに購入することができます。

リップル(XRP)をレバレッジ取引ができる取引所

リップルのレバレッジ取引が可能な国内取引所は3つあります。

1つ目が「Liqid by Quoine(リキッド)」、2つ目が「DMMビットコイン」、3つ目が「GMOコイン」です。

 
レバレッジ取引の形式

公式HP

公式HP

公式HP

しかし上記の表に記載しているように、販売所形式に違いがあります。仮想通貨の販売には、「取引所形式」と「販売所形式」の二つの方法があり、そのどちらの方式で販売されるかで仮想通貨の価格が大きく異なります。

タイトル
  • 販売所形式
    販売所形式は、取引所が一定量の仮想通貨をまとめて保持し、その保持している通貨を取引所が定めた価格で販売する方法。簡単にいうと、取引所が仮想通貨を仕入れてきて、それに値札をつけて販売する方式。
  • 取引所形式
    販売所形式は、お客さん同士が売買する場を提供する方法。取引所はあくまで取引する場を提供するだけで、実際には、お客さん同士が売り買いするだけ。

一般的には、「販売所形式」では仮想通貨の価格は割高に設定されています。逆に「取引所形式」はスプレッドも狭く適正価格で購入できる可能性が高いです。

下の図が実際のビットフライヤーの「販売所」と「取引所」の価格の違いの例ですが1万円以上も「取引所」の方が安いことがわかります。

よってリップル(XRP)のレバレッジ取引をするなら、Liquid by Quoine(リキッド)一択と言えます。

Liquidがリップル(XRP)のレバレッジ取引(FX)を追加!取引所形式で唯一Rippleが買えて圧倒的に安い。

Liquid登録方法Liquidの公式HP

現物取引でリップル(XRP)を一番お得に買えるのは?

リップル(XRP)を、レバレッジ取引をするならLiquid by Quoine(リキッド)一択ですが、現物取引でリップルを買うならビットバンク(bitbank)がおすすめです。

その理由は、ビットバンク(bitbank)のリップルの現物取引高が一位だからです。取引高が多ければ、買いたい価格で買うことができるためスプレッドが狭くなります。

下記のリンクにて、各通貨の取引高(流動性)について解説しています。

仮想通貨取引所の取引量・取引高ランキング!通貨別に流動性を比較します。ビットコイン・イーサリアム・リップルの取引量

bitbank登録方法bitbankの公式HP

まとめ

ビットバンク(bitbank)がリップル(XRP)のレバレッジ取引を行っているのかを解説しました。

結論としては、ビットバンク(bitbank)はリップルのレバレッジ取引は行なっておらず、ビットコインのみレバレッジ取引が可能です。

現状では、リップル(XRP)をレバレッジ取引したいなら、Liquid by Quoine(リキッド)一択の状況です。しかしながらビットバンク(bitbank)は現物の取引高が一位で現物取引をしたいのであれば口座開設をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください