ビットバンク(bitbank)の口座開設・登録方法。入金方法・買い方・二段階認証まで。

ビットバンク(bitbank)は安全性が非常に高く、通貨も6種類(ビットコイン、リップル、イーサリアム、ライトコイン、モナコイン、ビットコンキャッシュ)取り扱っており非常にバランスのとれた取引所です。

クリトピさん

私がビットバンク(bitbank)をおすすめする理由と口座開設方法を画像多めで解説します!

ビットバンク(Bitbank)とは?

Bitbankはビットバンク株式会社が運営する金融庁の事業者登録済みの国内の取引所です。bitflyerやcoincheck等と異なり販売所はなく取引所のみとなっています。

販売所は簡単にいうと、取引所が一定額の仮想通貨を保有して、それを取引所が決めた価格で販売する場所です。一方取引所は、お客さん同士が売り買いを行う場所です。

下の図が実際のビットフライヤーの「販売所」と「取引所」の価格の違いの例ですが1万円以上も「取引所」の方が安いことがわかります。

またbitbankは非常にセキュリティに力を入れています。

通貨の特性別にコールドウォレットの割合を調整し、マルチシグ(鍵を複数用意)で管理しています。セキュリティは最も高い取引所の一つです。下記にbitbankが公式で公表しているセキュリティ体制について読むことができます。

コールドウォレット・マルチシグ運用体制について

下記の通り有名なブロガーもかなりビットバンクのセキュリティを褒めています。口座開設だけでもしておくことをお勧めします。

登録・口座開設方法

1. メールアドレスの登録

まず下記のリンクをクリックしてビットバンクの公式サイトへ移動します。

ビットバンクの公式HPはこちら

上記のページが表示されたら、「①メールアドレスを入力」「②無料口座開設」をクリックします。

上のページが表示されます。入力したメールアドレス宛てにメールが届くのでメールを確認します。

上の画像のようなメールが届くので、赤で囲ったリンクをクリックして本登録に進みます。

2. パスワードの設定

メールに記載されたリンクをクリックすると下記のページが表示されるので、「①任意のパスワード」を入力し、「②利用規約等に同意し登録をクリック」します。パスワードの設定が完了します。

3. 基本情報の登録

基本情報の入力ページが下記の通りに表示されるので、順番に入力していきます。

この際、登録する住所は必ず本人確認書類として登録する書類と同じ住所を入力してください。

上のページが表示されるので本人確認書類のアップロードへ進みます。

4. 本人確認書類のアップロード

次は本人確認書類のアップロードです。本人確認書類として用いることができるものは下記の通りです。

有効な本人確認書類

  • 運転免許証
    表裏の両面
  • パスポート
    顔写真生年月日が記載されているページ、および、所持人(住所記載)のページ
  • 住民基本台帳カード
    表裏の両面
  • 在留カード
    表裏の両面

「①どの書類を登録するか選択」し、「②書類の画像をアップロード」します。

上の画像のように本人確認書類の確認画面が表示されますので、間違いないことを確認し「この内容で登録する」をクリックして登録します。

これで本人確認書類の提出が完了します。登録した内容をもとにビットバンクが審査を行い、審査が終了すると、あなた宛に確認書類が送付されます。

その書類の受け取りを行うことで全ての手続きが完了します。書類を受け取るまでは登録が完了していませんのでご注意ください。

パソコンで2段階認証を設定する

ビットバンク(bitbank)に初めてログインすると2段階認証の設定が促されます。「設定する」ボタンをクリックします。

注意
2段階認証について軽く考えがちですが、IDとパスワードの組み合わせは今では簡単に突破できると言われています。必ず2段階認証をしてください。

セキュリティの設定項目が開かれますので、「二段階認証の設定」をクリックします。

認証コードの発行は「認証用アプリ」が必要です。私のおすすめは左のアプリ「Google Authenticator」です。自身のスマートフォンにインストールしましょう。

インストールされたら「アプリアイコン」をクリックしてアプリを起動します。

画面右上の「+(プラス)ボタン」をクリックするとQRコードを読み取るカメラが起動します。

先ほどの画面に表示されている「QRコード」を起動したカメラで読み取ります。

アプリに「bitbank.cc」が追加されますので、表示されている「6桁の数字」をパソコンの「認証コード」に入力し設定をクリックします。

MEMO
Google Authenticatorはリストをタップするだけで「コピー」を行なってくれます。そのまま入力欄に貼り付ければミスなく入力を行うことができます。

正しく入力を行うと二段階認証の設定が完了します。

注意
2段階認証で発行される番号は「ワンタイムパスワード」といい30秒間で新たなパスワードが発行されます。ログインのたびに入力が求められますのでアプリは絶対に消さないでください。

スマホアプリで二段階認証を設定する

スマホアプリでもパソコンと同様に二段階認証の設定が可能です。設定手順について解説します。

初めてアプリを起動する方は上記の画面が表示されるかと思います。ログインをクリックし「①メールアドレス」「②パスワード」を入力し「③ログイン」します。

「セキュリティ」「二段階認証」と進み設定をクリックします。

上の画像が表示されますので「認証用アプリをインストール」をクリックして「Google Authenticator」を自身のスマホにインストールします。その後「設定を始める」をクリックしてください。

「認証アプリを起動する」をクリックします。クリックすると「Google Authenticator」の起動を確認するダイアログが表示されます。

「Authenticatorを開きますか?」は「開く」をクリックし、トークンの追加も「はい」をクリックしてください。

アプリに表示されている「6桁のコード」をタップしてコピーし、ビットバンクの認証コードの入力欄に貼り付けます。なお6桁のコードはタップするだけで自動的にコピーしてくれます。

最後に「設定する」をクリックして設定が完了です。

二段階認証が「設定済」に変わっていることがわかると思います。これで設定が完了です。

注意
2段階認証で発行される番号は「ワンタイムパスワード」といい30秒間で新たなパスワードが発行されます。ログインのたびに入力が求められますので認証アプリは絶対に消さないでください。

ビットバンク(bitbank)の日本円の入金

ビットバンクにログインをしたら「画面右上の入金するボタン」or「人アイコン→入金」をクリックします。

上の画面が表示されますので「①入金」「②日本円(JPY)の入金ボタン」をクリックします。

上の画像のようにビットバンクの振込口座が表示されますので下記手順に従って振込を行います。

  1. 振込名義人を「9桁のID+名前」を銀行から振り込む際に振込名義人にします。
    ※ここでIDを入力し忘れると入金反映が遅れます。必ず入力しましょう。
  2. ビットバンクの口座が表示されていますので、この口座に振り込みます。

この際、特にwebページから申請などは必要ありません。銀行から入金(振込)を行うと入金履歴に反映されます。

仮想通貨の購入

日本円の入金が終わったら仮想通貨の購入が可能になります。

1. 買いたい通貨ペアの選択

ビットバンクのホーム画面から買いたい通貨ペアを選択します。

2. 二つの注文方法のいずれかで注文する

ビットバンクの仮想通貨の購入は、2つの注文方法が用意されています。1つ目が成り行き注文、2つ目が指値注文です。

二つの注文方法
  • 成り行き注文とは?
    成り行き注文とは、現在価格付近で注文する方法です。取引板に価格が表示されている付近の買いやすい価格で注文されます。そのため大きな価格変動があると、予期せぬ価格で購入される場合があります。
  • 指値注文とは?
    指値注文とは、買いたい価格を指定してその価格になった時に購入する方法です。

成り行き注文

注文フォームに、「①数量」のみ入れて「②注文」をクリックします。数秒から数分で購入が完了します。

指し値注文

注文フォームに、「①数量」「②価格」を入力して「③注文」をクリックします。

注文価格になるまで購入がされませんのでしばらく待つことになります。注文が通ったら仮想通貨を購入できたことになります。

まとめ

ビットバンク(bitbank)のアカウント登録方法と本人確認の方法を解説しました。

すでに他の取引所を開設している人でも口座開設自体は無料ですので登録だけでもしておくことをおすすめします。また現在はビットバンクはキャンペーン中で、取引手数料が全て無料となっています。取引を始めるなら今が最適な時期です。

ビットバンクの手数料無料キャンペーンはいつまで?終了後はどうなる?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください