ビットバンク(bitbank)取り扱い通貨は?レバレッジ取引通貨も

この記事では、ビットバンク(bitbank.cc)で取り扱う仮想通貨について解説します。

「現物取引」と「レバレッジ取引」双方が取り扱う通貨について徹底解説していきます。

全ての取引所の取り扱い通貨を一覧で見たい方は下記のリンクでまとめています。

仮想通貨取引所の「取り扱い通貨種類」で比較!販売所か取引所かも解説

ビットバンク(bitbank)とは?

Bitbankはビットバンク株式会社が運営する金融庁の事業者登録済みの国内の取引所です。ビットフライヤー(bitflyer)やコインチェック(coincheck)等と異なり販売所はなく取引所のみとなっています。

販売所は簡単にいうと、取引所が一定額の仮想通貨を保有して、それを取引所が決めた価格で販売する場所です。一方取引所は、お客さん同士が売り買いを行う場所です。

  • 取引所
    ユーザー同士が売買している場所
  • 販売所
    取引所を運営する会社が、仮想通貨の在庫を保有してユーザーに販売している場所
一般的には、「取引所」の方が、人と人との直接の売買のため安く購入できます。一方で「販売所」は、独占的に販売する権利がある通貨ほど、割高な価格設定がされている傾向があります。

その点、ビットバンクは「取引所のみ」の運営なので様々な通貨を安く購入することができるため、おすすめの取引所のうちの一つです。

ビットバンク(bitbank)の取り扱い通貨は?

 
現物取引
レバレッジ取引
ビットコイン (BTC/JPY)×
BTCUSD(ビットコイン・ドル)× 20倍
リップル (XRP/JPY)×
ライトコイン (LTC/BTC)×
イーサリアム (ETH/BTC)×
モナーコイン (MONA/JPY)×
モナーコイン (MONA/BTC)×
ビットコインキャッシュ (BCC/JPY)×
ビットコインキャッシュ (BCC/BTC)×

ビットバンクの取り扱い通貨は若干複雑です。日本円(JPY)で購入できるものとそうでないものがあります。

日本円で購入できる仮想通貨は現物のみでビットコイン、リップル、モナーコイン、ビットコインキャッシュとなっています。残念ながらライトコイン、イーサリアムはBTC建のみしか購入できません。

MEMO
ライトコインとイーサリアムは日本円で購入ができないため、一度ビットコインを購入してから、ビットコインで通貨を購入することになります。少し面倒ですし、価格の変動のリスクも高いのでイーサリアムやライトコインであれば他の取引所の方がおすすめです。
イーサリアムを日本円で安く買える仮想通貨取引所は?おすすめランキング!

レバレッジ取引はビットコインをBTCUSDで購入することが可能です。BTCUSDとは、現物のビットコインを用いて、そのビットコインからUSDに変換して、レバレッジ取引のビットコインを購入します。現物ビットコインを証拠金としてレバレッジをかけて取引すると思っていただければ問題ありません。

レバレッジは20倍とかなり高い倍率となっているので、ハイリスクハイリターンの取引をしたい方におすすめです。

ビットバンク(bitbank)はおすすめできる?

ビットバンク(bitbank)は、自信を持っておすすめできる取引所です。

特にリップル(XRP)を購入したいと思っている人にはベストな選択肢と言えます。その理由は、リップルを日本円で購入できる数少ない取引所であることと、リップルの取引高が国内でNo1だからです。

取引高が一位と言うことは、流動性が高くスプレッドも狭いため安く買える可能性が最も高いです。下記のリンクではランキング形式で紹介していますが、ビットバンクが文句なしの一位です。

リップル(XRP)を日本円で安く買える仮想通貨取引所は? おすすめ3選!

リップルは金融に革命を起こすとも言われている仮想通貨です。日本でも人気が非常に高くホルダーも多いです。リップルをまだお持ちでない方は、ビットバンクでの購入をお勧めします。

bitbankの公式サイトはこちら

取り扱い通貨の特徴

ビットコインは、世界で最初に開発されたP2P電子キャッシュシステムです。 発行・流通・決済全てが分散管理されています。

ビットコインの時価総額は他の仮想通貨を圧倒して一位となっています。また利用者は1000万人を超え、最も利用されている仮想通貨です。ビットコインは、発行数量の上限を2100万BTCと定められているため、埋蔵量が限られているゴールド(金)と近い性質を持つと言われています。

【誰でもわかる】ビットコイン(bitcoin)の仕組みを分かりやすく図解

ライトコインは、デジタルなシルバー(銀)として開発されました。ビットコインはデジタルゴールドと呼ばれるくらい発行数量は多くありません。しかしライトコインは発行数量はビットコインの約4倍ほど発行されています。またビットコインよりも決済のスピードが早く、より手軽に利用することを目的として開発されたコインです。

リップルは、グローバル決済ソリューションとして開発された仮想通貨です。他の仮想通貨と異なる点は、ビットコインに代表されるようなブロックチェーンを用いていません。サンフランシスコに拠点を置くリップル社が独自開発するコンセンサス・レジャー(Ripple Consensus Ledger)を使用しています。

中央管理者がいることによって、より高速で遅延のない送金システムを構築しています。

イーサリアムは、当時19歳だったロシア人Vitalik Buterinにより提唱され、今日まで開発が進められているブロックチェーンプロジェクトです。

イーサリアムは、ブロックチェーンのアプリケーション(dApps)を作るためのプラットフォームとして開発が進められています。現在、イーサリアムではEthashアルゴリズムによるプルーフオブワークで稼働していますが、将来的にCasperアルゴリズムを使用したプルーフオブステイクに移行される可能性があります。

【図解】イーサリアムとは?スマートコントラクトを徹底解説

モナーコイン(MONA)は、2ちゃんねるで有名な「モナー」をモチーフにして誕生した国産の仮想通貨です。

ゲーム内通貨のようなものとしてコミュニティを中心に利用されてきました。他の仮想通貨と異なりモナーコインの主な利用者は主に日本人で、日本のカルチャーに根ざしたコミックマーケットや、動画配信やツイッターと組み合わせたリアルタイム投げ銭などに用いられています。

ビットコインキャッシュ(BCH)は、2017年8月1日にビットコインのブロックチェーンから分岐(ハードフォーク)したアルトコインの一種です。

ビットコインキャッシュは、ビットコインネットワークのスケーラビリティ問題の解決方法の一つとして生まれました。ビットコイン(BTC)は、一度に承認できる取引の容量が1MBと決まっており、取引遅延などの問題が起こっていました。そこでその問題を解決するためにビットコインキャッシュでは、ブロックサイズを8MBに引き上げています。

ビットコインとビットコインキャッシュのスケーラビリティ問題解決策の違い

まとめ

ビットバンク(bitbank)の取り扱い通貨について解説しました。

ビットバンクはリップルを最も安く買える取引所です。リップルを買いたいと思っている方は登録することをお勧めします。登録方法については下記のリンクで解説しています。

ビットバンク(bitbank)の口座開設・登録方法。入金方法・買い方・二段階認証まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください