仮想通貨ステラ(Stellar/XLM)の2019年以降の価格予想! SCPの仕組みと将来性・今後

仮想通貨ステラ(Stellar/XLM)は、リップル(Ripple)のハードフォークとして誕生しましたが、現在では独自の仕組みを構築しています。

この記事では、ステラ(Stellar)のユニークな仕組みである「Stellar consensus protocol(SCP)」を詳細に解説します。またリップルや他の分散台帳技術と比較することで、ステラの将来性について考察し、2019年以降の将来価格を予想します。

目次

仮想通貨ステラ(Stellar/XLM)が生まれた背景

今日、多くのウェブ関連のサービスは、素晴らしいユーザーエクスペリエンスを届けています。例えばGoogleやAmazon、Airbnbは、非常に合理的なプロセスで、データへのアクセスや買い物、予約が可能です。

2019年に入り、様々なウェブサービスが洗練されて、利用方法がシンプルになる中で、取り残されているセクションが存在します。それは決済の手順です。

決済はいまだに最適化されていない

グローバルにサービスが展開される中で、決済は、明らかに複雑で、回りくどい手続きをしなくてはなりません。例えば、便利に思えるクレジット決済でさえ、小売店は、クレジットカード会社に多くの手数料を払わなくてはいけません。

また、二者間の通貨の移転であれば、銀行を通すことで問題なく行うことができますが、三者間での価値の移転には膨大な時間を要すことになります。三者間で多くの契約を交わさなくてはいけませんし、それにかかるコストは膨大です。

2019年に入り、アメリカのVenmo(ベンモ)や、日本のLine Payなどでは、三者間の取引や、手数料の低い二者間取引も可能になりましたが、もしそれが多国間にまたがる取引になれば不可能です。これらサービスはドメスティックに分断されており、今日のグローバル企業の決済ツールとしては利用できません。

もし、他国にまたがり通貨を送金したければ3-5日間待つ必要がいまだにあり、さらには手数料は2%近く払わなくてはいけません。

ステラは、そのような問題を解決するべくして誕生した通貨です。

仮想通貨ステラ(Stellar/XLM)とは何か

簡単にいうと個人間送金のためのリップル(XRP)です。

様々な仮想通貨や法定通貨を瞬時に換金、送金できるシステムです。リップルは銀行間で実現する仕組みですが、Stellar(ステラ)は、個人間で実現する仕組みを提供します。

例えば、AさんからBさんへ、1万円の送金をしたい場合、Aさんはビットコインしか持っていなかったとします。そういった場合でも、Aさんはビットコインを用いて、Bさんへ1万円を送金することが可能です。

どのような手順で送るのかというと、仮に1万円が0.1BTCの換金レートだった場合、Aさんのウォレットから0.1BTCを差し引き、Bさんに1万円を送ることができます。

既存の仕組みだと、まずはビットコインを現金に換金して、さらに現金を送るという手間がかかるわけですが、
そのような「通貨間の換金」と、「個人間送金」をひっくるめて瞬時にできるのがStellar(ステラ)です。

仮想通貨ステラ(Stellar/XLM)の基本仕様

ステラの基本的な仕様は下記の通りとなっています。

基本仕様

通貨名Stellar(ステラ)
略号XML
公開日2014年7月
時価総額順位8位
発行数量1兆枚
供給モデル1年ごとに1%増加
公式サイト公式サイトURL
ホワイトペーパーwhite paper url

保有率

下記が保有率です。95%が市場に流通していることがわかります。ここまで市場流通割合が多いのは、かなり珍しいです。このように市場流通割合が高い理由は、流動性を高めて価格を安定させる意図があるそうです。

 保有率
市場95%
Stellar社5%

仮想通貨ステラ(Stellar/XLM)の歴史

ステラ(Stellar)は、リップルのフォークコインとして2014年に誕生しました。

Jed McCaleb(Ripple Co-創設者)が、リップルチームの他のメンバーとは異なるビジョンを持っていたために、フォークが発生しました。

ステラとリップルの主な違いは、リップルは銀行やその他の金融機関に金融ソリューションを提供することに焦点を当てているということです。

一方で、ステラは一般の人々がお互いに価値を移転するためのプラットフォームを提供することを目指しています。

ステラ開発財団(SDF)とは?

ステラはステラ開発財団によってサポートされています。ステラ開発財団(SDF)は米国のデラウェア州に本拠地を置く非営利団体です。

この団体は、Stellar Consensus Protocol(SCP)を開発し、ステラネットワークを形成するオープンソースプロジェクトを推進するために作られました。

ステラ開発財団(SDF)は、スタンフォード大学教授のDavidMazièresとチーフサイエンティストによって統括されています。

仮想通貨ステラ(Stellar)とリップル(Ripple) の違い

当初、ステラはRipple Consensus Protocol(RCP)を使用していました。

ステラはハードフォークの後に、Stellar Consensus Protocol(SCP)として知られている独自の合意プロトコルを考え出す機会をチームに与えました。

Federated Byzantine Agreement(FBA)の誕生

新しいプロトコルを作成するために、ステラ開発財団は、新しい合意アルゴリズムを作成しました。

このアルゴリズムは、Federated Byzantine Agreement(FBA)と呼ばれ、Rippleプロトコルのまったく新しいコードに基づいています。

新しいアルゴリズムの新しいコードとホワイトペーパーは2015年4月にリリースされました。システムは一連のテストとアップグレードを経て、ついに2015年の終わり頃に稼働し始めました。

仮想通貨ステラ(Stellar)のネイティブトークンXLMとは?

もともとステラネットワークのネイティブコインは「ステラSTR」と呼ばれていました。

ネットワークが2015年にアップグレードされた後、STRはネットワークの名前とコインの名前の混同を避けるためにXLMに変更されました。

1000億ルーメン(別名XLM)が最初に作成されました。XLMは固定インフレメカニズムを組み込んでおり、新しいルーメン(XLM)が年1%の割合でネットワークに追加されています

またネットワークは、取引毎に基本料金を徴収し、基本料金からの資金はインフレプールに追加されます。基本料金はおよそ$ 0.000007 USDです。この料金は、攻撃者が悪意のあるトランザクションを大量に送ることでネットワークをパンクさせることを防ぐためにあります。

誰でもネットワークの改善のためのアイデアを投稿でき、XLMを持っている人なら誰でもプール内の資金をどこに分配すべきかについて投票できます。

毎週、プロトコルは自動的に適切な量のXLMを、ネットワーク上のすべてのアカウントから少なくとも0.05%の票を受け取るアイデアに配布します。

仮想通貨ステラ(Stellar)のStellar Consensus Protocol(SCP)とは?

仮想通貨ステラは独自のコンセンサスプロトコル「Stellar Consensus Protocol(SCP)」を有しています。

このコンセンサスプロトコルは、連合ビザンチン承認(FBA: Federated Byzantine Agreement)と呼ばれるアルゴリズムによって成立します。

このアルゴリズムの特徴を理解するためには、既存のコンセンサスアルゴリズムについての理解が必要です。

プルーフ・オブ・ワーク(POW)

ビットコインやライトコインに用いられるプルーフ・オブ・ワークアルゴリズムは、暗号パズルを解くために、マイナーはコンピュータで計算を行います。マイナーは互いに競合関係にあります。

特徴としては、チェーンが分岐しにくく、強固なセキュリティを持つ点です。その一方で、膨大な電力消費と、承認に10分必要なことがデメリットです。

詳しく知りたい方は下記のリンクで解説しています。

誰でもわかるビットコインのマイニングの仕組み。プルーフオブワーク(PoW)がなぜ改ざんが難しいのか?徹底図解

ビザンチン・フォールト・トレランス(BFT)

分散台帳技術の他の多くのプロトコルでは、何らかの形のビザンチン・フォールト・トレランス(またはBFT)を実装しています。

BFTプロトコルを使用して、バリデーターは互いにメッセージをやり取りします。

また、バリデーターは、投票プロセスを使用します。この投票により、バリデーターの66%が元帳の有効性に同意した場合、新しい元帳が承認されます。この方法は、プルーフ・オブ・ワークと比較して高速で安価です。

しかし、一方で、権利が一部のバリデーターに集中するため分散化をあきらめる必要があります。

Federated Byzantine Agreement(FBA)

2015年、DavidMazières教授はBFTに代わるものとしてFederated Byzantine Agreement(FBA)を発表しました。

それは中央集権的なBFTの分散版として開発されました。ステラのFBAを理解するための最良の方法は、その機能をPoWおよびBFTと比較することです。

次の節から比較していきます。

仮想通貨ステラ(Stellar/XLM)は中央集権か分散か?

各コンセンサスアルゴリズムが、中央集権的か分散的かを見ていきます。

つまり、「誰が承認のプロセスに参加することを許可されているのか」について比較します。

プルーフ・オブ・ワーク(POW)

プルーフ・オブ・ワーク(POW)は、マイニングが可能なノードを持つ人なら誰でもコンセンサスプロセスに参加できます。

マイナーは、ネットワークの参加は任意であり、不参加であってもコンセンサスに影響は与えません。

ネットワークへの参加は、Uberの運転手のように、特定のマイナーが参加しなかったとしても、他のマイナーが役割を担うことになります。これらは、マイニング報酬が得られるという経済的インセンティブによって成立しています。

ビザンチン・フォールト・トレランス(BFT)

BFTでは、推奨されるバリデーターリストがあります。

このリストは通常 、中央管理者や、システムを管理する憲法によって定義されています。この中央管理者は、仮想通貨の作成者や会社です。

理論的には誰でもバリデータとしてノードを作成できますが、中央管理者によってバリデーターに追加された場合にのみコンセンサスに貢献することができます。

バリデーターの選択は各仮想通貨によって処理方法が異なりますが、通常は通貨保有者の間では民主的な方法で行われます。

下の図の赤い点線内の領域は、ネットワーク上の承認されたバリデーター用に予約されている領域です。その外側のバリデーターは、承認されたバリデータとして選択されていません。矢印は、合意に参加しようとすると拒否されることを示しています。

FBA(Federated Byzantine Agreement)

FBAは、Sliced Quorumによるコンセンサスアルゴリズムを採用しています。Sliced QuorumのQuorumの意味は、ノードにおける多数決による決定を指します。

Quorumは、「ノード全体で監視して、多数決の承認が得られたら、その取引が有効になるアルゴリズム」です。

一方でSliced Quorumとは、「各ノードの信頼できるノードのみを承認者とするアルゴリズム」です。

切り取られた(信頼できる)ノードの中で承認が行われるので、何重にも小さなノードの集合が重なっているような構造になります。またこのアルゴリズムは、全体の承認が必要ないので非常に高速なトランザクションを処理することができます。

またこのアルゴリズムは中央集権ではありません。新たなノードが参加しても、どのノードを承認者にするか選択できるため、限られた権威あるノードが、承認を決定するアルゴリズムとは異なります。

権威あるノードでも、信頼できない行動をとれば、承認ノードから外されます。いわば承認者を投票する仕組みとなっています。有機的に信頼されるノードが変化していくアルゴリズムです。

下記のリンクでSCPの仕組みを漫画で解説されています。英語です。

Adventure in Galactic Consensus

仮想通貨ステラ(Stellar)の安全性・セキュリティ

安全性を判断する上で、FLP不可能証明というものがあります。FLPは、1985年の論文で、著者のFischer、Lynch、およびPatersonにちなんで名付けられました。

この論文は、合意形成をする際に、以下の3つの特性のうち最大2つを優先するしかないというものです。

  1. フォールトトレラント性
    悪意のあるユーザーが発生し得る状況で合意を達成できるか?
  2. 安全性
    フォーク(分岐)が発生しないか?
  3. 生存性
    ネットワークが止まらないか?

これは証明された結果であり、どの分散合意システムでも3つの機能のうちの、2つを優先しなければならないことを意味しています。

フォールトトレラント性

ネットワーク上のバリデーターが虚偽の情報を送ったとしてもシステムが存続できることをフォールトトレラント性と呼びます。

多くのコンセンサスプロトコルは、2つの好ましい特性の1つとして、フォールトトレラント性を選択しています。

安全性と生存性の決定に関しては、プロトコルによって異なります。フォールトトレラント性を持つシステムは、システムの一部に障害が発生したとしても目的を継続できます。

安全性

安全性は、基本的に「悪いこと」が起こらないことを保証するものです。

仮想通貨の世界では「悪いこと」は偶発的なフォークです。フォークは、ネットワークが取引記録について合意できないことを意味します。

安全性が担保されていれば、誤って分岐することはありません。つまり、バリデータは2つの異なる元帳に対してトランザクションを作成しません。ネットワークは基本的に機能しなくなり、問題が解決するまでそれ以上は進まなくなります。

生存性

生存性は、基本的に「良いこと」が起き続けることを保証するものです。

この例では、ある元帳が承認されることが「良いこと」です。つまり、問題があるにもかかわらず、元帳は継続的に稼働し、将来の取引が受け入れられることになります。

つまり、バリデータが異なる元帳に分割(フォーク)される可能性があります。複数の元帳が進行することは二重支出の可能性があることを意味します。

安全性と生存性

プルーフ・オブ・ワーク(POW)は、安全性よりも生存性を重要視します。

これは、世界の特定の地域のバリデータが何らかの理由でネットワークから切り離された場合、チェーンの分岐が発生することを意味します。

ネットワークから外れたマイナーは別のチェーンのマイニングを開始し、主なマイナーはユニバーサルチェーンでマイニングすることになります。これは明らかに二重支払が起こる可能性を意味します。

BFTプロトコル自体は、「安全性」と「生存性」のどちらを重視するかは、ものによって傾向が異なります。

しかし、FBAのステラーコンセンサスプロトコルは、「安全性」を重視しています。もし、分岐(フォーク)が発生した場合は、コンセンサスが達成されるまでネットワークは停止することとなります。

生存性を重視する理由は、生存性は中央銀行や銀行業務を分散元帳テクノロジに取り込む上で大切な要素だからです。

仮想通貨ステラ(Stellar/XLM)での実際の送金の流れ

ここまでの説明で、Stellarとその合意プロトコルについて十分に理解できました。

次は、実際にお金がどのように移動するかを見てみましょう。この例では、単純なトランザクションを見てみます。

ローラは米国のABC送金会社の顧客です。ローラは世界中の多くのベンダーと提携しており、ナイジェリアのジェシーに定期支払いを送る必要があります。ジェシーはこのトランザクションの受信者です、彼はナイジェリアの国内銀行の顧客です。

ステラは、銀行、決済システム、そして人々をつなぐオープンプラットフォームです。この例では、ABC送金会社とナイジェリア国内銀行の両方が、すでにステラネットワークに統合されています。

ローラは、送金会社のモバイルアプリを介してジェシーに10ドルの支払いを送ります。

ほんの一瞬のうちに、ナイジェリア国内銀行との間でメッセージが交換され、ジェシーのアカウントが確認されます。ジェシーのアカウントが有効なアカウントだと確認できた場合は、支払いを進めることが可能であるというメッセージがABCに送り返されます。

ABCからの送金は、ステラネットワークのアンカーです。これは、ステラネットワークで入金を受け入れてクレジットを発行できることを意味します。

ABC送金会社は、指定された口座から送金される資金を差し引きます。差し引かれた資金は直ちにABC送金プール口座に振り込まれます。その後、ローラがジェシーに送っている金額のクレジットを発行することで、プールアカウントからステラネットワークに資金が移動します。

システムがABCのプールアカウントからクレジットを受け取ると、ネットワークはネットワーク上のすべてのマーケットメーカーの間で可能な限り最高の為替レートを検索します。

両替が完了すると、ナイジェリア国内銀行は自国通貨であるナイラの10ドルを基本口座に受け取ります。国内銀行はステラネットワークからナイラのデジタルクレジットを受け取ります。その後、国内銀行はジェシーの個人口座に入金します。この例では、10米ドルが4,000ナイラに相当すると仮定しています

これは米ドルを世界中の180以上の任意の通貨のに変換する方法です。トランザクションは5秒以内に完了します。

仮想通貨ステラ(Stellar/XLM)の2019年の将来性

ほとんどの専門家は、暗号市場が縮小している間は、レンジ相場で動くと考えています。つまり$ 0,22-0,25で変動すると考えています。

しかし、2019年以降に起きた下記の3つの要因から人気が高まると予想できます。

  1. Pundi Xとの協業
  2. IBMとの協業
  3. ICOの最適なプラットフォームとしての機能開発

❶. Pundi Xとの協業

ステラは、2019年にPundi Xとの協業が発表されました。

この協業によって、インドネシアルピーとの先物取引のための主要な方法としてXMLを使用することが期待されています。

❷. IBMとの協業

ステラは、世界的なソフトウェアメーカーのIBMとの協業です。

この協業は、ステラを使用して国境を越えた取引を進めるための技術的な協力です。

❸. ICOの最適なプラットフォームとしての機能

ステラは、ICOの最適なプラットフォームとしての機能を導入しようとしています。

この機能は、イーサリアムのスマートコントラクトで実現できることの一部のシェアを奪う可能性があります。イーサリアムは、そのほとんどを「Solidity」プラットフォームを使用して書かれており、JavaScriptと同様の機能を持っています。これはコードを書く上での多くの自由を与える一方で、イーサリアムにウィルスを仕込み攻撃する余地を与えます。

ステラはSolidityのような自由を提供しない新しい言語を提供します。安全で、特殊な言語を覚えたプログラマーを雇うことなく記述できるスマートコントラクトを実現します。

仮想通貨ステラ(Stellar)の2019年以降の価格予想

トークンの価格を予想するのはギャンブルに他なりません。暗号通貨は、いくらテクニカルな分析をしても、法規制や取引所のハックなどでクラッシュするほど、不安定な市場だからです。

しかし、価格予想をすることに全く意味がないわけではありません。1つの情報だけではなく、多くの予測を参考にすれば、なんらかの傾向は理解できる可能性があります。

下記で紹介するのは、海外で主要な価格予想サイトの予想価格です。

#1 Long Forcast

Long Forecastは完全に保守的な予測をしており、2019年前半にXLMは0.30ドルに達すると予測しています。

#2 Wallet Investor

Wallet Investorは3分ごとに最新のテクニカル分析によって価格予測を更新しています。このサイトは、非常に保守的に5年後に1.005ドルに到達すると予測しました。

#3 Mega Crypto Price

Mega Crypto Priceの価格予測はすべての暗号通貨の予測が楽観的であり、XLMについても同様です。

2019年末までにXLMは5.10ドルと予測しています。

#4 Monetize Info

Monetize Infoは、ステラの主要なパートナーシップが今後の価格急上昇の主な理由となると考えています。

順調にパートナーシップを組めれば、XLMの価格は2019年までに2〜3ドルに達する可能性があると予想します。ステラのパートナーには、Stripe、Deloitteなどがあります。

たとえば、Stripeは数年前にステラに300万ドルの資本注入を行いました。

#5 The Economy Forecast Agency

このサイトは、法人顧客の市場予測をするための長期予測モデルを特徴としています。

ウェブサイトには2020年までの独自の価格予測があり、XLMは2020年には0.64ドルの高値になると見ています。これはXLMの価格予測の中で最も保守的かつ悲観的なものです。


以上が主要なサイトの価格予想です。最も悲観的な価格は0.3ドル、最も楽観的な価格は5,10ドルです。これだけ予測に差が開くほど、仮想通貨市場は先がまだ読めない状況です。

仮想通貨ステラ(Stellar)を買える取引所は?

Binanceの口座開設はこちら

Stellar(ステラ)を購入するならBINANCEが圧倒的にオススメです。その他のStellar(ステラ)の販売所は流動性が確保されていないものも多いです。ユーザー数が世界で多いBINANCEで取引することをオススメします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください