リップル(ripple)とは? ビットコインと比較することでわかる将来性。

リップル(XRP)は、日本で非常に人気の高い仮想通貨です。最近ではイーサリアム(ETH)の時価総額を抜いて2位になり注目されています。

この記事では、リップル(XRP)とビットコイン(BTC)を比較することで、リップルがどのような点では強みがあり将来性があるのか理解することができます。

リップル(XRP)とは

リップル(XRP)とは、金融取引を行うためのインターネットプロトコルです。

インターネットプロトコルとは、インターネット上で通信を行うための一連の規則やルールのことです。

インターネットプロトコルの実例
  • HTTP(Hypertext Transfer Protocol)は、ウェブサイトを構築して共有するための一連のルール。HTTPの発明は World Wide Web をもたらしました。
  • SMTP(Simple Mail Transfer Protocol)は、インターネット上でメッセージを送信するための一連のルール。SMTPの発明は、分散ネットワークを横断して電子メールを送信することを可能にしました。

かつてコンピュータ上のメッセージのやり取りは、独自の規則を設けたクローズドなネットワークでやり取りを行なっていました。SMTPの登場により通信の規格は統一化され、全てのコンピューター同士でアクセスが可能になりました。

銀行の送金システムは非常に古く、SMTP登場以前の電子メールのシステムに非常に似ています。

各国の銀行と銀行は異なったプロトコルで運用され、送金コストは非常に膨大です。リップルの分散型ネットワークを用いて、非常に低いコストで素早く送金を行うことが可能となります。

リップル(XRP)とビットコイン(BTC)の比較

リップル(XRP)は上記で説明したように、銀行間送金を低コストで実現することを目的として作られました。

一方でビットコインは、送金を低コストで行うことを目的としていません。ビットコインが開発された目的の一つが、暗号技術によって通貨を発行することにあります。

簡単に言うと、リップルは既存の銀行システムを最適化するために開発された技術で、ビットコインは既存の通貨を模して作られた技術と言うわけです。

  • リップル(XRP):銀行間送金を低コストで行うために開発された技術
  • ビットコイン(BTC):既存の通貨を模して作られた技術

詳しいビットコインの仕組みに関しては下記のリンクで解説しています。

【誰でもわかる】ビットコイン(bitcoin)の仕組みを分かりやすく図解

【違い1】台帳管理システム

  • リップル(XRP):分散型台帳(Distributed Ledger)
  • ビットコイン(BTC):ブロックチェーン

ビットコインは台帳をブロックで管理するブロックチェーンを用いています。Rippleはブロックチェーンではなく、より広義の意味を持つ「分散型台帳」(distributed ledger)を用いています。リップルではこの分散型台帳は「XRP Ledger」と呼ばれています。

【違い2】承認システム

  • リップル(XRP):プルーフオブコンセンサス(Proof Of Consensus)
  • ビットコイン(BTC):プルーフオブワーク(Proof Of Work)

ビットコインの承認システムは、プルーフオブワーク(Proof of Work)という仕組みを用いています。

直訳すると仕事量による証明です。より仕事を多くした人が報酬を得ることができます。しかしながらこのシステムは、消費電力が膨大になる問題が存在します。同じ決済システムのクレジットカードと比較すると1つの決済にかかる消費電力は5000倍と言われています。

Christopher Malmo氏がウェブメディアのMOTHERBOARDに発表した数値では、2015年時点でビットコインのトランザクション1回あたりに必要な電力量は米国の平均的な家庭が1日に利用する電力量の1.57倍に相当するという。つまり、ビットコインで何らかの行為をするたびにそれだけの電力量が世界のどこかで消費されているということだ。同様に決済時に電力を利用するクレジットカードと比較すると、クレジットカードの約5千倍に以上に相当するという。

電力消費から見たビットコインの持続性

リップルは、プルーフオブコンセンサス(proof of consensus)という承認システムを用いています。

ビットコインブロックチェーンとは異なり、コンピューター計算による取引の承認(マイニング)を行うのではなく、承認者(validator)による投票で承認が行われます。ここでは、80%以上の承認者が有効と判定した取引のみを台帳に記録しています。この仕組みにより、数秒以内という非常に速い時間で、余分な電力の消費もなしに、取引を承認することが可能となっています。

承認者はリップル者が選定したUNL(Unique Node List、ユニーク・ノード・リスト)が行なっているため、部分的に中央集権化されていると言えることができます。しかしながら現在はリップル社が選定していますが、今後は第三者機関が選定するよう移行しようとしています。またUNLの数を増やすことで安全性を担保しようとしています。

ビットコインが中央集権でないかというと厳密にはそうではなく、一部のマイニングプールの寡占化が進んでおり、また経済合理的に動くため、必ずしも利用者に不利益が被らないとは限りません。

Ethereumキャスパープロトコルとは何ですか? 短期集中コース

上記がビットコインのマイニング報酬を受け取っているマイニングプールの割合です。数社によって独占されていることがわかります。

【違い3】決済スピード

  • リップル(XRP):数秒
  • ビットコイン(BTC):10分

ビットコインはプルーフオブワークという仕組みを採用しているため、決済に必ず10分かかります。一方でリップルは選定された承認者が承認を行なっているため決済は数秒で終了します。

すぐに送金を確認できるという点では割り勘などもキャシュレスで行えるなど、ビジネス的な広がりが大きいと言えます。

【違い4】発行通貨数

  • リップル(XRP):1000億XRPがすでに発行済み
  • ビットコイン(BTC):2100万BTCで上限。80%が発行済み。

ビットコインは発行通貨数が2100万BTCと定められており、現在では約80%が発行されています。

発行数量は上記のように逓減していくように設計されていますが、リップルの場合は1000億XRPがすで発行済みです。これ以上増えることはありません。

まとめ

リップルとビットコインの違いをご理解いただけましたでしょうか。リップルはビットコインの決済スピードの遅さとスケーラビリティ問題、電力消費の問題を解決した決済システムです。

リップルの価格はどうなるかわかりませんが、間違いなく将来性のある通貨だと私は考えています。ビットコインは保存手段として、リップルはブリッジ通貨として十分に共存できると考えています。

リップルの購入におすすめの取引所

bitbankの公式サイトはこちら

bitbankはリップル(XRP)の取引量(流動性)が最も多い取引所です。つまり、安く買える可能性が最も高い取引所と言えます。

また、非常に取引ツールが使いやすく、また安全性やセキュリティに力を入れている取引所となっており長期保有に向いています。

リップルを安く買える取引所についてより詳しく知りたい方は下記のリンクで解説しています。

3 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください