【2019最新】QASH(キャッシュ)の購入におすすめの仮想通貨取引所ランキング

QASHホルダーの私が、QASHをこれから購入したいと思っている方に自信を持っておすすめしたい取引所をランキング形式で紹介します。

クリトピさん

私の書いたQASHの将来性に関する記事で検索順位1,2位をいただきました!下記にリンクを掲載します。
QASHの特徴と今後。将来の価格予想を2019年-2020年までしてみた。 ICOトークンQASH(LIQUID)の将来性が高い「10の理由」

QASH(キャッシュ)とは?

QASHは、LIQUID開発の資金調達のために販売されたICOトークンです。

LIQUIDとは、仮想通貨市場での「東京証券取引所」のようなものを目指して開発されています。今の仮想通貨市場は、個別の取引所が分断されており限定的な流動性しか確保できません。LIQUIDは、全ての取引所をまとめて大きな流動性を作り出す仕組みです。

上の画像のように様々な取引所がLiquidの仕組みを使うことで、取引板を一つに統合することが可能になります。

より詳細にLIQUIDについて知りたい方は下記リンクで詳細に解説しています。

誰でもわかるQUOINEのLIQUID(QASH)の仕組みと将来性

そもそもQASHの取り扱い取引所は?

そもそもQASHの取り扱い取引所はいくつあるのでしょうか?答えは10個の取引所で上場を果たしています。
意外にも多くの取引所に上場している事がわかります。その理由としては、100億以上の資金を集め流動性がある程度確保されている事や、発行元が日本の金融庁に認可されているQUOINE社であることなどが考えられます。

取引所
運営国
Liquid by Quoine(旧QUOINEX)日本
Bitfinex香港
Huobiシンガポール
Qryptosシンガポール
Gate.io中国
GOPAX韓国
EXX中国
AEX中国
IDEX分散取引所
EtherDelta分散取引所

QASHの購入におすすめしたい仮想通貨取引所ランキング

まずはランキング結果から発表します。

  • 1位 Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)※旧QUOINEX
  • 2位 Houbi
  • 3位 BITFINEX

では一つずつ詳しく解説していきます。

1位 Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)

Liquid公式HPで登録

QASH購入するなら圧倒的にLiquid by Quoine(リキッド)がおすすめです。LiquidはQASHを発行するQUOINE社が運営する取引所です。唯一、QASHを日本円で取引する事が可能な取引所です。

Liquidは、セキュリティに最も力を入れており、仮想通貨を100%コールドウォレットと呼ばれるオフラインで管理しています。また最近リリースされたライト版のスマホアプリは非常に使いやすく、初心者でもおすすめの取引所です。

取り扱い通貨数は?

Liquidの取り扱い通貨数は下記の通りです。

取り扱い通貨
ビットコイン(BTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
リップル(XRP)
イーサリアム(ETH)
キャッシュ(QASH)

安全性は?

Liquidの安全性は最強ですcoincheckのハッキングが起こる前から、CEOの柏森は何度もハッキングは絶対に起こしてはいけないと発言しています。100%コールドウォレット管理の他に、API出金の禁止や、プライベートサーバーなど徹底しています。

安全性については、下記のリンクで詳しく解説しています。

【安全性を比較】本当にセキュリティの高い仮想通貨取引所ランキング

Liquidの使いやすさは?

Liquidは、もともとQUOINEXという取引所でしたが、大幅なシステムアップグレードとともにシステムを大幅に刷新しました。この変更により取引ツールは非常に使いやすくなりました。

※2018年5月更新
2018年の5月にLiquidのスマートフォンアプリのライト版がリリースされました。このスマホアプリもかなり使いやすいです。なんとレバレッジ取引も可能なんです。国内取引所では珍しく、シンプルでありながら高性能なトレードも可能です。

Liquid by Quoine(旧QUOINEX)ライト版スマホアプリの使い方・買い方

取引量はどのくらい?誰も使ってないんじゃない?

Liquidは、テレビCMなどを行なっていませんから知名度はあまり高くありません。

QASHを購入するために口座解説したのは良いけど、ビットコインやリップルを買うのに使えないんじゃないか?と思われる方もいるかと思います。しかし、Liquidは実は、国内取引所の中で仮想通貨取引量がNo1なんです。

全通貨合計取引量
ランキング
国内取引所取引量
1位Liquid(旧QUOINEX)734,028 BTC
2位bitbank510,774 BTC
3位bitFlyer190,735 BTC

過去ビットフライヤーは圧倒的に1位でしたが、新規口座開設の受け入れを停止していることもあり3位に落ちています。

つまりCMなどではなく、「便利さ」や「使いやすさ」で、じわじわと利用ユーザーを増やしてきた堅実な取引所であると言えます。口座開設しておいても決して損のない取引所です。

Liquidの口座開設はこちら

2位 Huobi

Huobi公式サイト

!注意!
仮想通貨大手取引所のHuobi Proは6/27に、日本居住者のユーザーに向けたメールを送り、日本国居住者に対する仮想通貨交換サービスの停止を発表しました。日本人の口座開設はしばらく出来ません。
参考記事のタイトルとURLを入力してください

次におすすめしたいのはHuobiです。運営元はシンガポールとなっています。この取引所の特徴は何と言っても取り扱い通貨数の多さです。なんと88種類の通貨を購入する事ができます。

しかし注意しなければいけないのは、QASHを日本円では購入する事ができません。購入するには一度BTCなどの仮想通貨を購入し、BTCを用いて買わなくてはいけません。

仮想通貨同士の変換においても日本では税金がかかりますから、その点はかなりマイナスです。

3位 Bitfinex

BITFINEX公式サイト

Bitfinexは運営元は香港の取引所です。かなり老舗の取引所で取り扱い通貨も非常に多いです。Bitfinexも残念ながらQASHを日本円で購入することはできません。

Bitfinexの特徴は何と言っても取引量の多さです。なんと世界で一番仮想通貨の取引量が多いです。取引量が多いので安心かと思われそうですが、過去数回ハッキング被害に遭っていたり、Tether問題で米国商品先物取引委員会(CFEC)から招集を受けたりとかなりグレーゾーンを攻めている取引所といっても良いでしょう。

しかしながらUIの使い勝手の良さや、流動性の高さから愛用者も多いのも事実です。

まとめ

QASHの購入におすすめしたい取引所をランキング形式で発表しました。

やはり私が圧倒的におすすめしたいのは取引所のLiquidです。

Liquid公式HPでQASHを購入する

その理由としては、日本に事業所を置く取引所であり、日本円で唯一QASHを購入できるからです。セキュリティも非常に高く、初心者でも安心して使う事ができます。下記におすすめしたい理由を書いています。

QASHを買うなら取引所LIQUID(旧QUOINEX)一択しかない5つの理由。

その他の海外取引所は、日本円でQASHを購入する事はできません。そのため一定のリテラシーが必要ですし、初心者にはおすすめすることはできません。いずれの取引所も公式サイトで実際に確認し、自分にあった取引所を選ぶことをおすすめします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください