【2018年】QASHとCOMSAの違いは? 徹底解説します。

日本で行われた大型ICOに「QASH」と「COMSA」があります。両方のプロジェクトが100億円以上の資金を調達しています。(※ICOとは何か?

この記事では、二つのプロジェクトの違いを徹底解説します。

QASHとは?

QASHは取引所QUOINEXを運営するQUOINE社が発行するトークンです。

資金調達の目的は、LIQUIDというプラットフォームを作るためです。LIQUIDは、簡単に説明すると、仮想通貨市場の”東京証券取引所”のような仕組みを構築する仕組みです。

各取引所に散らばってしまっている流動性を、一つに束ねることで大きな流動性を生み出します。

詳しい仕組みを知りたい方は下記のリンクで解説しています。

(2018年最新)LIQUIDは仮想通貨のプラットフォームを目指すだけでなく、ICOのプラットフォームも目指していることが発表されました。

【有望ICO】QASHトークンのすべてを徹底解説します。LIQUIDと将来性

COMSAとは?

COMSAとは、簡単にいうと「企業がICOでトークンを発行し資金調達を行うための総合ソリューション」です。
よくCOMSAはICOプラットフォームと言われています。

COMSAは単にICOを行いやすくするための技術的なプラットフォームを指すのではなく、コンサルティングも含む総合的なサービスの提供を目指しています。開発は仮想通貨取引所のZaifを運営するテックビューロ社が行います。

ICOトークン「COMSA」とは?将来性とチャート価格を分析

QASHとCOMSAの違い

 
QASH
COMSA
開発目的LIQUID
・流動性を束ねる取引所
・仮想通貨・ICOのプラットフォーム
ICO資金調達の総合ソリューション
(プラットフォーム)
開発技術マッチング・エンジン (ME)
クロスカレンシー換算エンジン (CCCE)
スマート・オーダー・ルーティング (SOR)
COMSA CORE
Mijin(COMSA HUB)
時期2017年10月2017年11月
発行枚数10億QASH不明
発行方式Ethereum
(ERC20)
Ethereum
(ERC20)
資金調達額約150億円約100億円
運営会社QUOINEテックビューロ
上場先QUOINE
Bitfinex
Huobi
他7取引所
Zaif

上記項目がQASHとCOMSAの違いとなっています。一つずつ違いを見てみます。

開発目的の違い

QASHの開発目的はLIQUIDという取引所プラットフォームを作ることです。LIQUIDというシステムを、世界各国の取引所が利用することで流動性を高めます。

現状、私たちは取引所間をまたいで取引ができません。限定された流動性の中で取引を行うため、取引が成立しないこともしばしばです。LIQUIDが世界中に広がれば、仮想通貨業界のNASDAQや東証のようになるため、非常に将来性が期待されるプロジェクトです。

一方でCOMSAは、ICOの総合プラットフォームを目指しています。LIQUIDが仮想通貨のプラットフォームだとするなら、COMSAはICOのプラットフォームを目指しています。

しかしながらQUOINE社が、LIQUIDでもICOを手軽に行えるような仕組みを作ると発表がありました。QASHとCOMSAは、明確に競合するプロジェクトだと言えます。

開発技術の違い

QASHの開発技術は下記の3点です。

  1. マッチングエンジン(ME):マッチングを瞬時に行う仕組み
  2. クロスカレンシー換算エンジン(CCCE):異なる通貨ペアをマッチングする仕組み
  3. スマートオーダールーティング(SOR):様々な取引所の中から最適な取引のマッチングを行う仕組み

より詳しく知りたい方は、下記のリンクで図解しています。

誰でもわかるQUOINEのLIQUID(QASH)の仕組みと将来性

一方でZaifが開発しようとしている技術は下記の2点です。

  1. COMSA core:BTC・ETH・NEMをpegする機能
  2. Mijin:企業が発行するトークンとBTC等のアセットをpegし、変換する機能

簡単にいうとCOMSAは、資金調達を行いたい企業が迅速に資金調達を行えるように、既存仮想通貨と独自ICOトークンを結びつけることを可能にします。

COMSAの仕組みに関して、詳しく知りたい方は、下記のリンクで詳しく解説しています。

ICOトークン「COMSA」とは?将来性とチャート価格を分析

時期/発行枚数/発行方法/資金調達額

時期、発行枚数、発行方法、資金調達額については、大きな違いはありません。
意外な点としては、日本ではCOMSAが非常に地名度が高いですが、資金調達額としてはQASHのが大きいです。なぜなら、QASHはシンガポールにも拠点を置くグローバル企業なため、世界各国から資金を集めているからです。

運営会社

QASHを発行する運営会社はQUOINE社です。取引所のQUOINEXを運営しています。特筆する点としては、もともとシンガポールで創業した企業なので、グローバルで優秀な人材が多数集まっています。

下記リンクで会社メンバーのプロフィールについて解説しています。

ICOトークンQASH(LIQUID)の将来性が高い「10の理由」

開発中のLIQUIDは、世界中の取引所と提携していく必要があるため、グローバル人材が揃っていることは非常に利点があります。

一方でCOMSAを開発するのは、テックビューロ社です。取引所のZaifを運営しています。社長は朝山貴生で、インターネット業界での実業家です。詳しい人物像などは下記のリンクを参考にしてください。

参考 朝山貴生とはどんな人?仮想通貨取引所Zaifを運営するテックビューロ社長のプロフィールを紹介CoinOtaku

上場先取引所

QASHが上場している取引所は10社です。ICOトークンとしては、非常に多くの取引所に上場しています。上場している取引所は下記の10社です。

  1. QUOINEX(コインエクスチェンジ)
  2. Bitfinex(ビットフィネックス)
  3. Huobi(フオビ)
  4. Qryptos(クリプトス)
  5. Gate.io(ゲート)
  6. GOPAX(ゴーパックス)
  7. EXX(イーエックスエックス)
  8. AEX(エーエックス)
  9. IDEX(イデックス)
  10. EtherDelta(イーサデルタ)

これだけ上場企業が多い理由はグローバルにマーケティングを行なっているからです。

COMSAはテックビューロ社が運営するZaifと韓国CoinRoomに上場を果たしています。QASHと比較すると少なめですが、日本に特化したサービスを開発しているという意味では十分だとも言えます。

まとめ

QASHとCOMSAの違いをまとめました。私個人としてはQASHに投資を行っていますが、COMSAが目指すべきビジョンも共感しますし、双方が解決すべきソリューションは仮想通貨業界にとってとても大切だと考えています。

ICOは、法整備の観点から非常に風当たりが強いですが、QASHとCOMSAは日本初の健全なプロジェクトです。双方が成功することを願っています。

QASHとCOMSAの購入は?

QASHを購入購入するなら

QASHトークンを購入できるのは下記のQUOINEXだけです。QUOINEXは「安全性の高さ」「お得さ」「使いやすさ」全てがNO1です。下記のリンクから口座開設だけでもしておくことをオススメします。


口座開設はこちら

COMSAを購入するなら

COMSAトークンを購入は仮想通貨取引所のZaifをオススメします。COMSAに興味を持たれた方は口座開設だけでもしておくことをオススメします。

 

COMSAの購入はこちら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください