QASHのICO価格はいくら?トークンセール価格と上場価格を解説!

QASHトークンの取引が2017年11月に開始されましたが、資金調達時のICO価格はいくらだったのでしょうか?
また取引所QUOINEXに上場した際の価格はいくらだったのでしょうか?資金調達額も合わせて解説します。

クリトピさん

2018年仮想通貨市場は停滞していますが、トークンセール時を振り返りたいと思います。

ICOトークンセールのスケジュール

ICOトークンのスケジュールは下記の日程で行われました。

  • 11月6日~ パブリックトークンセール 20%割引
  • 11月9日~ パブリックセール 10割引
  • 11月12日~11月20日 パブリックセール 通常購入 割引なし
  • 11月21日 QUOINEX上場

おおよそ1ヶ月でスピーディーに資金調達が行われました。

QASHトークンの資金調達時の価格と調達額

QASHのICOトークンは、2017年11月に販売開始され資金調達を行いました。

トークンセール時の価格と資金調達額は下記の通りとなります。

QASH価格約27円(0.0008ETH)
販売枚数350,000,000 QASH
資金調達額約124億円

1QASH(27円)× 350,000,000 = 9.45億円ですが、トークンセール期間中にETH(イーサリアム)の値上がりがあったため調達額としては124億円となっています。

また上場時の価格が27円(/1QASH)ですが、第一回目のパブリックトークンセールが20%オフだったことを考えるとICO価格は22円ほどと言えます。

取引所での上場時の価格は?

QASHトークンが取引所QUOINEXに上場時はICO価格の2倍以上の60円近くの価格をつけました。
上場時にICO価格を下回る通貨が多い中で堅調なスタートを切ったと言ってよいでしょう。
また上場後も安定して価格を維持していました。上場後に売り抜ける目的で購入される通貨は、すぐに下落する傾向にありますが、QASHは長期保有目的での購入者が多いため下落しにくかったと考えられます。

また上場時にサーバーがダウンしてしまうこともICOではしばしばですが、取引所QUOINEXでのQASHの上場はサーバーダウンすることなく上場が行われました。

QASHの現在の価格・チャートは?

上記がQASHの上場からのETHベースでの価格推移です。現在は、1QASH:0.0006ETH付近で取引されています。
トークンセール時が0.0008ETHでしたから、ICO価格を下回っていることがわかります。

第一回目のパブリックトークンセールは20%オフで販売していたことを考えると、おおよそ販売単価は0.0006ETHですから心理的な節目の価格まで下落していると考えてよいでしょう。

QASHは非常に将来性のあるプロダクトだと私は考えています。この下落で総悲観のタイミングで仕込んでおくことをオススメします。QASHの将来性に関して下記で解説しています。

QASHの特徴と今後。将来の価格予想を2018年-2020年までしてみた。 ICOトークンQASH(LIQUID)の将来性が高い「10の理由」

QASHの購入方法は?

QASHトークンを購入できる取引所はQUOINEXだけです。下記のリンクから口座開設が可能です。


【QUOINEX】口座開設はこちら

クリトピさん

口座開設の方法を知りたい方は下記左のリンクから説明しています。またQUOINEXをおすすめする理由が知りたい方も下記右のリンクを参考にして頂ければと思います!
Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)の登録方法と使い方 -入金方法・買い方・送金方法- 仮想通貨取引所「Liquid by Quoine」をおすすめする8つの理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください