QASH(LIQUID)の競合・脅威は?優位性と将来性について分析

LIQUIDプラットフォームのβ版が2018年の5月にローンチされ開発が進んでいますが、LIQUIDの競合や脅威はあるのでしょうか?

応援しているICOは、ネガティブな情報に目を背けたくなりますが、競合をしっかりと認識することは正しい投資をする上で重要です。

LIQUIDとは?

QASH(LIQUID)とは簡単にいうと、仮想通貨市場での東京証券取引所です。今の仮想通貨市場は、個別の取引所が分断されており限定的な流動性しか確保できません。LIQUIDは、全ての取引所をまとめて大きな流動性を作り出す仕組みです。トークン「QASH」で資金調達を行いました。

より詳細にLIQUIDについて知りたい方は下記リンクで詳細に解説しています。

誰でもわかるQUOINEのLIQUID(QASH)の仕組みと将来性

競合として考えられるプロジェクト

「競合」の画像検索結果

仮想通貨市場での東京証券取引所のような、”大きな流動性”を作るLIQUIDプラットフォームの競合とはどのようなものなのでしょうか?

考えられる競合他社としては下記の3つが考えられます。

  1. 多くの流動性を確保できる大手取引所(Binance、Coinbase等)
  2. 分散型取引所(Dex)
  3. 同じ方向性のICOプロジェクト(COMSA等)
  4. NASDAQ・東証等の株式取引所

それぞれについて本当に脅威になり得るのか、分析していきます。

1. 多くの流動性を確保できる大手取引所

「coinbase」の画像検索結果

BinanceやCoinbaseなど、すでに多くのユーザーを抱えて流動性を確保できている大手の取引所はLIQUIDプラットフォームにとっては脅威となりえます。

流動性がある程度確保できている、米国、日本などでは、すでに既存の取引所が大量にユーザーを抱えており、独自のシステムで最適化がなされています。そのような企業にとっては、LIQUIDプラットフォームに利用料を払いスイッチングするメリットはあまりないと言って良いでしょう。

CEOの柏森さんは、流動性の確保が難しい、先進国以外の国や、小規模取引所をまとめることで流動性を確保すると発言がありました。中・小規模取引所を束ねる事で、巨大な流動性を確保することで、大手の取引所に対抗する形となるかと思います。

そのためLIQUIDはプラットフォーム戦略が非常に重要です。インターネットビジネスでも検索ならGoogle、小売ならAmazon、SNSはFacebookなどプラットフォームとしての地位を確立していますが、LIQUIDにおいてもLIQUIDを利用するメリットを企業顧客に対して提示しながらプラットフォームとしての地位を確立していくことが大切です。

2. 分散型取引所(Dex)

「ether delta」の画像検索結果

分散型取引所(DEX)は、LIQUIDにとって脅威となり得るでしょうか?分散型取引所とは、取引所もブロックチェーンを用いて中央の管理者不在で取引を成立させる仕組みです。

分散型取引所は非常に画期的で夢のあるプロジェクトですが、既存の金融機関と折り合いをつけるという意味では課題が残っています。

例えばですが、「仮想通貨を織り交ぜた金融商品を作る」「機関投資家が積極的に投資をする」と言ったことが今後多く行われていきます。ゴールドマンサックスが、Ether Deltaを使いこなす未来が見えるでしょうか?

QASHは銀行の免許を最終的には取得することを目的としています。既存の金融の知識を持ち合わせたメンバーも大勢抱えているため、金融機関の多くがLIQUIDを利用することになると考えています。

※分散型取引所は、画期的な仕組みで否定するつもりは全くありません。利用用途としては個人投資家などに限られるだろうと考えています。

下記のリンクで2020年での時価総額ランキングを予測しています。QASHは10位にランクインしています。分散型取引所より優位性がある理由について書かれています。

3. 同じ方向性のICOプロジェクト

同じ方向性で開発が進んでいるICOプロジェクトにCOMSAがあります。COMSAの目指すべきプロダクトは「ICOのプラットフォーム」です。

一方でLIQUIDは、仮想通貨取引のプラットフォームであると同時に、ICOのプラットフォームにもなります。COMSAよりもより包括的で大きなプロダクトを目指しています。COMSAも国内のICOプラットフォームとしてはある程度の利用ユーザー数を獲得できると思います。しかしCOMSAの開発元のテックビューロ社が運営する取引所Zaifで確保できる流動性の範囲内でしかICOを行えません。

世界の取引所からアクセスできるLIQUIDでのICOの方が、資金調達も安易にできると考えられるため、COMSAよりも優位性が高いといえそうです。

4. NASDAQ・東証等の株式取引所

「NASDAQ」の画像検索結果

NASDAQなどの株式市場の取引所が仮想通貨の取引を始める可能性があります。下記の記事でもNASDAQで仮想通貨の取引を行う可能性を示唆しています。

信頼性が非常に高く、流動性が非常に高いNASDAQが仮想通貨取引に参入してくるのはかなりの脅威と言って良さそうです。

しかしながら、NASDAQの参入は法整備などが必要なことから、かなり遠い未来となると予想できます。それまでにLIQUIDを普及させプラットフォームとしての地位を確立しておく必要があります。

またNASDAQはあくまで米国の居住者に向けたサービスであるため、世界中の取引所を繋げるLIQUIDとは大きく異なります。LIQUIDは世界の市場を取ろうとしているため、完全に競合とはいえなそうです。

まとめ

LIQUIDにとっての脅威を4つ紹介しました。どれもウォッチしておく必要はありそうですが、LIQUIDは独自の路線を進んでおり、深刻な脅威とはいえなそうです。LIQUIDはプラットフォームであるため、多くの取引所が採用すればするほど価値が高まっていきます。運営するQUOINE社はグローバル企業ということもあり、普及させる意味では非常に優位性が高いです。今後の展開に非常に期待しています。

QASHの将来性に関しては、下記のリンクでより詳しく解説しています。

ICOトークンQASH(LIQUID)の将来性が高い「10の理由」 QASHの将来の価格予想を本気でしてみた。2018年から2020年まで

QASHトークンの購入方法は?

将来性が非常に高いQASHトークンですが購入できるのは下記のQUOINEXだけです。下記のリンクから口座開設を是非行って頂ければと思います。


【QUOINEX】口座開設はこちら

クリトピさん

口座開設の方法を知りたい方は下記左のリンクから説明しています。またQUOINEXをおすすめする理由が知りたい方も下記右のリンクを参考にして頂ければと思います!
QUOINEXの口座開設方法を分かりやすく徹底図解 仮想通貨取引所「QUOINEX」を私が最もオススメする理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です