モナコイン(monacoin)が暴騰!ビットコインと徹底比較!今後の価格を予想

モナコイン(モナーコイン)が2017年12月6日に2000円を突破しました。モナコインをビットコインと徹底比較し、今後の価格を予想します。

モナコイン(monacoin)とは

モナコインは、2013年末に2chで書き込みをしていたわたなべ氏によって公開された日本産の仮想通貨です。そのプログラムはLitecoin(ライトコイン)とほぼ同じでしたが、バージョンアップを繰り返して独自の姿に変化しています。

ちなみに2ch発祥のアスキーアートのモナーがモチーフとなったコインのためモナコインと言います。

モナコインとビットコインの違いとは?

モナコインとビットコインは下記の通りです。

 モナコインビットコイン
ハッシュアルゴリズムLyra2Rev2SHA256
平均ブロック間隔90秒10分
ブロック報酬25MONA12.5BTC
報酬半減期1,051,200ブロック210,000ブロック
総発行枚数1億512万枚2,100万枚
Segwitの実装済み済み
次の半減期2020年頃2020年頃

ここで注目すべきは、平均ブロックサイズの生成時間です。ビットコインが10分かかるのに対して、モナコインは90秒で完了します。ブロックサイズの生成時間は、簡単に言うと決済のスピードです。モナコインは、送金や商品の購入等を行う際に、ビットコインと違い瞬時に完了するので、様々な領域に活用が期待されます。

総発行枚数が多いのは、ブロックが生成される90秒おきに報酬を配布しているのでビットコインよりも多くなっています。

モナコインの対応サービス

ビットコインと違い決済スピードが90秒と非常に早いのがモナコイン。そのためビットコインよりも活用範囲が非常に多様です。すでに対応されているサービスが多くあります。

対応サービスは下記の通りです。

Bitcoinmall

Bitcoinmallは生活家電からAV機器、オフィス用具まで幅広いジャンルの商品を販売しています。

Ark

秋葉原のパソコンショップArkでもモナコインが使用できます。さすが2ch発祥のコインです。

Monappy

Monappyはイラストなどを販売するサイトです。

Tipmona


tipmonaは、Twitterのタイムライン上で暗号通貨モナーコインを送ったり受け取ったりできるサービスです。

ご覧の通りモナコインんは様々なサービスで活用されていますし、今後も広がっていくことが期待できます。

大丈夫?マイニングプールの寡占化

モナコインのマイニングプールは、ビットコインと比較してハッシュレートは低いです。ハッシュレートが低いと改ざん等(51%攻撃)のリスクが高まります。安全性ではビットコインが優っていると言えるでしょう。ただし、モナコインの価格が上がりマイニングする人が増えてくれば問題は解決するでしょう。時間の問題と言えそうです。

現状のマイニングプールは下記の通りです。

  • VIP Pool
    日本語化されているので使いやすい。最近ユーザーが増えすぎてサーバーが重い。
  • ASICpool.info
    基本的に英語。プールハッシュレートが高く安定している。
  • LA Monacoin Pool
    日本語対応。モナーコイン以外の主要仮想通貨のプールもある。
  • suprnova.cc
    英語。詳細不明。サーバーが軽い。
  • 温水プール
    日本人運営だがサイトは日本語化されていない。利用者が極端に少ない。

昔はたくさんプールがあったのですが、ハッシュアルゴリズムがLyra2REv2の変更に対応できずに大量に閉鎖されました。

モナコインの将来の価格は?

日本初のオリジナルコインとして独自の用途を確立すれば、価格は上昇が期待できます。私個人の意見では、日本ではスイカやナナコなど多様な電子マネー文化が根付いていることを考えると、モナコインも唯一の国産通貨として独自の地位を確立すると期待しています。またモナコインのコミュニティは非常に盛り上がっており開発も進んでいるのも期待できる要因の一つです。

発行枚数がビットコインの5倍あることを考えても、現在のビットコインの価格の1/1000は低すぎます。来年には1万円、2万円も期待できそうです



モナコインを取引するなら

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

モナコインの取引ならビットフライヤーがオススメです。国内で取引量が最も多い取引所です。
スマホでの取引も非常に簡単でスムーズです。仮想通貨を取引するなら口座を開設をしておくのがオススメです。

ビットフライヤー公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です