モナコイン(MONA)が買えるおすすめ取引所3選! 取り扱い取引所一覧

この記事は、仮想通貨モナコイン (MONA)を購入できるおすすめの取引所を3つ紹介します。

モナコインは日本生まれの初めての仮想通貨として誕生したため、複数の日本の取引所で取り扱っています。しかし、取引所によってモナコインの価格は全く異なります。

どうせ購入するのであれば、なるべく安い価格で購入したいですよね。この記事では、モナコインを取り扱う取引所を3つの基準で一覧化することで、最もお得な取引所をご紹介します。

モナコインの取引所を選定する3つの基準

モナコインを購入する上で重要な要素は下記の3つです。

  1. 販売形式 販売所か?取引所か?
  2. 取引手数料
  3. モナコインの取引高・取引量

❶. 販売形式 販売所か?取引所か?

仮想通貨取引所には2つの販売形式が存在します。1つ目が取引所形式、2つ目が販売所形式です。

「取引所形式」と「販売所形式」の2つの販売方法の違いは下記の通りとなります。

取引所と販売所の違い
  • 取引所形式
    ユーザー同士が売買している場所
    通貨の価格は割高
  • 販売所形式
    取引所を運営する会社が、仮想通貨の在庫を保有してユーザーに販売している場所
    通貨の価格は割安

一般的には、「取引所」の方が、人と人との直接の売買のため安く購入できます。一方で「販売所」は、独占的に販売する権利がある通貨ほど、割高な価格設定がされています。

下記のリンクで国内取引所の通貨ごとの販売方法を一覧化しています。

仮想通貨取引所の「取り扱い通貨種類」で比較!販売所か取引所かも解説

❷. 取引手数料

モナコインの購入や売却にかかる手数料です。

売り買いを頻繁に繰り返す人ほど、取引手数料は取引所選びに重要な要素となります。

様々な手数料を比較したい方は下記の記事で詳しく解説しています。

【2019年版】仮想通貨取引所の手数料一覧!どこが安いのか徹底比較ランキング!

❸.モナコインの取引高・取引量

モナコイン の取引高・取引量は、「スプレッドの狭さ」に大きく関係します。

多くの人が活発に売り買いしていればいるほど、指定した価格で「売りたい人」「買いたい人」が存在するためスプレッドが狭くなります。

逆に、取引高が少ない、いわゆる取引板が薄いと、狙った価格で購入や売却が難しくなるためスプレッドは広くなります。

ビットコイン・イーサリアム・リップルの取引高については詳しく下記の記事でまとめています。

【通貨別】仮想通貨取引所の取引量・取引高ランキング!ビットコイン・イーサリアム・リップルの取引量

モナコインを取り扱う取引所一覧:3つの基準で評価

上記3つの視点で、国内取引所を比較すると下記の一覧となります。

  
❶. 販売形式
❷. 取引高
❸. 手数料

公式HP
多い
Maker:-0.05%
Taker:0.15%

公式HP
少ない
Maker:0.1%
Taker:0.1%

公式HP
少ない
無料

公式HP
取り扱いなし

公式HP
取り扱いなし

公式HP
取り扱いなし

公式HP
取り扱いなし

私がモナコイン購入におすすめしたい取引所ランキングは下記の通りです。

1位. ビットバンク(bitbank)

ビットバンクの概要
販売形式
取り扱い通貨
     
手数料
Maker:-0.05%
Taker:0.15%
ビットバンク(bitbank)の口座開設・登録方法 -入金方法/買い方/二段階認証まで-

bitbankの公式HP

ビットバンクはセキュリティに力を入れている仮想通貨取引所です。

取引所形式でモナコイン購入することができるため、他の取引所よりも割安に購入可能です。さらにモナコインの取引高が最も多いため、スプレッドが狭いです。

ビットバンクは、モナコインを購入するのに現状では最も適した取引所です。

ビットバンク(bitbank)のメリット・特徴

  • モナコインの取引高・取引量が日本一
  • 取引所形式でお安く購入できる
  • モナコインのスプレッドが最も狭い
  • セキュリティに力を入れている
  • 取引手数料のテイカーはマイナス手数料 

ビットバンク(bitbank)のデメリット

  • レバレッジ取引(FX)サービスがない
  • 一部の通貨がBTC建てでしか購入できない
    ※ライトコインとイーサリアム

bitbankの公式HPでモナコインを買う

2位. フィスコ(FISCO)

「fisco logo crypto」の画像検索結果

フィスコ(FISCO)の概要
販売形式
取り扱い通貨
  
手数料
Maker:0.1%
Taker:0.1%

フィスコは、金融関連の情報発信する一部上場企業が、運営する取引所です。

最近になり、Zaifを買収したことで、日本でトップクラスの口座数を誇る取引所です。

詳しくは下記のリンクで解説しています。

口座数の多い仮想通貨取引所は?国内取引所を口座数でランキングしてみた。

これだけの口座を持っていますから、今後事業規模を拡大していくことが期待されます。

フィスコ(FISCO)のメリット・特徴

  • 圧倒的な口座数を誇る
  • 取引所形式のため価格が割安
  • 東証一部上場企業のため安心

フィスコ(FISCO)のデメリット

  • 口座数は多いが、Zaifから引き継いだだけのため、アクティブな口座かは不明
  • スプレッドが広がることもある

3位. ビットフライヤー(bitFlyer)

ビットフライヤーの概要
販売形式
 
取り扱い通貨
       
手数料
無料
ビットフライヤー ( bitFlyer )の登録から入金の仕方までを解説。ビットコインを安く買える取引所

bitFlyerの公式サイト

ビットフライヤーは、日本の仮想通貨取引所のパイオニアであり、最も知名度の高い取引所です。

特にビットコインFX(レバレッジ取引)で提供する取引ツールLightning Webが好評です。

しかし取引所形式で売られる仮想通貨はビットコインのみのため、ビットコイン現物取引やFXに特化した取引所といえます。

ビットフライヤー(bitFlyer)のメリット・特徴

  • ビットコインFXの取引ツールが素晴らしい
  • 多くの通貨を取り扱う
  • スマホアプリが使いやすい

ビットフライヤー(bitFlyer)のデメリット

  • ビットコイン以外は販売所のみで購入できる
  • ビットコイン以外の通貨は全て割高 

モナコイン(MONA)の取引所ランキングまとめ

以下の3つが、モナコイン購入におすすめしたい取引所です。

今回紹介した取引所は、国内取引所でモナコインを取り扱っている数少ない3社です。

上記の中では、圧倒的にビットバンク(bit<bank)を私はおすすめしたいです。

ビットバンクはモナコインの取引高も申し分ないですし、スプレッドも狭く、取引所で買えるため、他の取引所よりも数%安く買える可能性があります。

口座開設もすぐにできますし、ビットバンクでの購入をおすすめします。

bitbankの公式HPでモナコインを買う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください