ライトコインを買うならGMOコイン一択の5つの理由。現物もFXも最適!

ライトコインを取り扱っている取引所は多くありますが、私がおすすめしたいのは取引所のGMOコインです。

GMOコインは、東証一部上場企業のGMOグループが運営する取引所です。2018年末から2019年にかけて多くのアップデートを繰り返し、かなりおすすめできる取引所になりました。

昔のGMOコインの良くないイメージを引きずっている方も、この記事を読めば評価が大きく変わるはずです。

GMOコインの概要


GMOコインは東証一部上場企業のGMOインターネットグループが運営する国内最大級の取引所です。2016年10月に設立されたので比較的歴史のある取引所です。

2019年1月に「取引所サービス」を拡充したことで、現在かなり注目度の高い取引所です。当サイトでも一番申し込みの多い取引所となっています。

運営会社 GMOコイン株式会社
設立日 2016年10月
取引方法 現物取引
レバレッジ取引
取扱通貨 BTC,ETH,BCH,
LTC,XRP
GMOコインの登録・口座開設方法と使い方を画像付きで徹底解説します。

GMOコインの特徴

GMOコインの特徴は「取引所」と「販売所」の両方を運営しているところです。

過去、GMOコインはライトコインは「販売所」のみでしか販売していませんでしたが、2019年1月30日のアップデートでリップルも「取引所(板形式)」で買えるようになりました。


「取引所」と「販売所」の違いは下記の通りとなります。

取引所と販売所の違い
  • 取引所形式
    ユーザー同士が売買している場所
    通貨の価格は割高
  • 販売所形式
    取引所を運営する会社が、仮想通貨の在庫を保有してユーザーに販売している場所
    通貨の価格は割安

一般的には、「取引所」の方が、人と人との直接の売買のため安く購入できます。一方で「販売所」は、独占的に販売する権利がある通貨ほど、割高な価格設定がされています。

下記のリンクで国内取引所の通貨ごとの販売方法を一覧化しています。

仮想通貨取引所の「取り扱い通貨種類」で比較!販売所か取引所かも解説

ライトコインの概要

仮想通貨ライトコイン(Litecoin/LTC)は、ビットコインより手軽に使えるコインを目指して開発された通貨です。ビットコインが金(ゴールド)だとすれば、ライトコインは銀(シルバー)に例えられます。

2011年10月に誕生したライトコインは、ビットコインの次に歴史のある仮想通貨です。

ライトコインは下記の特徴を備えています。

  1. ブロック承認時間の速さ
  2. 流動性(取引量)の高さ

. ブロック承認時間の速さ

ライトコイン(LTC)は、ブロック承認にかかる時間が非常に早いです。

ビットコイン(BTC)がブロック承認に10分かかる一方で、ライトコインはその1/4の2.5分で承認することができます。

ライトコインのブロックの承認方法はビットコインと同様のプルーフオブワーク(POW)アルゴリズムが用いられています。下記のリンクでプルーフオブワークについて詳細に解説しています。

誰でもわかるビットコインのマイニングの仕組み。プルーフオブワーク(PoW)がなぜ改ざんが難しいのか?徹底図解

プルーフオブワークでは、ブロック承認時間は、セキュリティと直結します。そのため、承認時間の短いライトコインは、ビットコインよりセキュリティは劣ることとなります。

しかし、「迅速な承認」と、「わずかな電力消費」で、ブロックの承認ができますから、ビットコインとライトコインは互いの欠点を補っています。

互いに競合すると考える人も多く存在しますが、私はお互いの通貨が相互に欠点を補い、通貨を強化すると考えます。

アトミックスワップ等が発達し、迅速に多通貨の交換が可能になれば、よりライトコインの用途も広がるはずです。

. 流動性の高さ

ライトコインほど市場によく出回っている、流動性のある通貨は他にありません。

ビットコインは2100万枚しか発行されませんが、ライトコインはその4倍の8400万枚発行されます。

イーサリアム(ETH)も、かなり流通していますが「通貨」ではありません。スマートコントラクトで利用されるネイティブトークンです。

イーサリアム(ETH)の特徴と仕組み – スマートコントラクトを徹底解剖

つまり、純粋な通貨としての性質を持ちながら、これだけ流通しているライトコインとしての立ち位置は、かなり優位性とメリットがあることがわかります。

ビットコインは資産としての性質が強く、流動性が高くありません。ライトコインは、ビットコインのそのような性質を補うことができる唯一の通貨だと考えます。


ライトコインの購入にGMOコインをおすすめする5つの理由

ライトコインを購入するなら現状は「GMOコイン」一択だと考えています。

私がGMOコインをおすすめする理由は下記の通りです。

  1. ライトコインのスプレッドが狭く、価格が安い
  2. ライトコインの現物・FX手数料が最も安い
  3. ライトコインを多様な販売方法で買える
  4. ライトコインのFX(レバレッジ取引)も可能
  5. ライトコインの管理が万全でセキュリティが高い

. ライトコインのスプレッドが狭く、価格が安い

GMOコインは2019年1月に「取引所(板取引)」で購入できる通貨にライトコインを追加しました。

「取引所」は実際に人と人とが注文板を通して取引をするため、スプレッドが狭く、お安く購入することが可能です。

他の多くの取引所が、ライトコインの取引高が不十分で、スプレッドが開きがちですがGMOコインは十分な流動性があります。

気になる方は、GMOコインの公式サイトから価格をのぞいて見てください。かなりスプレッドが狭いことが理解できるはずです。

. ライトコインの現物・FX手数料が最も安い

ライトコインは、現物取引とレバレッジ取引(FX)の両方の手数料が最安です。

意外に思われる方も多いかと思いますが、かつて無料だったビットバンクやLiquidは近頃手数料を引き上げており、GMOコインが最安値となりました。

おそらく他の多くの取引所が、顧客を獲得し終わったと判断しているためかと思われます。GMOコインにさらに人が流れてくるだろうと予想しています。

下記が決算発表の口座数ですが、口座数が勢いを増していることがわかります。この低迷相場でこれだけ伸ばしているのは、GMOコインしかありません。

. ライトコインを多様な販売方法で買える

GMOコインは、ライトコインを「取引所」と「販売所」の両方で購入することができる珍しい取引所です。

お互いの価格を見極めながら、最適な場所で売り買いできるので、利益を上げやすいです。例えば「取引所」でお得にライトコインを購入して「販売所」で高く売るということが可能です。

取引所内アービトラージも状況によっては可能です。そのような取引所は他にありません。

. ライトコインのFX(レバレッジ取引)も可能

GMOコインは、ライトコインのレバレッジ取引が可能な数少ない取引所です。

下記が、ライトコインをレバレッジ取引できる取引所のリストです。

 
ライトコインの販売方法
レバレッジ取引
レバレッジ手数料

公式HP
0.04%/日

公式HP
0.1%/日

公式HP
×
-

公式HP
×
-

公式HP
×
-

公式HP
×
×
-

公式HP
×
×
-

そもそもライトコインをレバレッジ取引可能な取引所は2つしかありません。それだけGMOコインはユニークな取引所というわけです。

. ライトコインの管理が万全でセキュリティが高い

GMOコインは多様な販売形式で、多くの通貨種類数を取り扱っていますから、セキュリティに不安を抱く方も多いかと思います。

実際に、コインチェックはあまりに多くの通貨を扱いすぎたため、管理が届かない通貨を狙われました。

しかし、GMOコインに上場している通貨は、かなりお堅い通貨に絞られています。そのため、全てコールドウォレットで管理されていますし、マルチシグも対応しています。

さすが一部上場企業が運営しているだけあって、法令遵守意識は高いです。金融庁にも正式に認可されています。

まとめ

ライトコインの購入に、取引所GMOコインをおすすめする理由をご理解いただけたでしょうか?

GMOコインは当初、販売所サービスしか提供しておらず、そのせいであまり評判が良くありませんでした。しかし、最近のアップデートによって取引所サービスが拡充し、使いやすい取引所へと変わりました。

特にライトコインを、現物取引、レバレッジ取引の両方が可能な取引所は珍しいです。ライトコインの購入は、やはりGMOコイン一択です。

また、下記のリンクにて登録方法を解説しています。

GMOコインの登録・口座開設方法と使い方を画像付きで徹底解説します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください