ライトコイン(Litecoin)を日本円で安く買える国内の仮想通貨取引所3選!

ライトコイン(Litecoin/LTC)は、ビットコインよりも手軽に使える仮想通貨として誕生しました。ビットコインが金(ゴールド)ならライトコインは銀(シルバー)に形容されます。

このライトコインは、日本ではあまり注目されていませんが、アメリカでは巨大取引所のコインベースに上場していることもあり、目立たないながらも堅実な資産価値として評価されています。

この記事では、ライトコインを購入するのにおすすめしたい国内取引所3つほどご紹介します。また選定の基準も明確にしていきます。

その他の通貨でお勧めしたい取引所は、下記リンクから↓

おすすめする仮想通貨取引所の基準

私が紹介する取引所の基準は下記の4つです。

  1. 十分な取引量(流動性)のある取引所
  2. 取引所形式で販売している取引所
  3. 日本円で購入できる取引所
  4. 手数料・FX手数料

順番に基準について詳しく解説します。

❶. 十分な取引量(流動性)のある取引所

1つ目の基準は、世界的に見て「十分なライトコインの流動性(取引高)」が確保されている取引所とします。

その理由は、ビットコイン以外のアルトコインの多くは、まだまだ流動性が十分に担保されておらず「買いたい時に買えない」という状況が起きやすいからです。

ちなみに流動性・取引高のみで比較した取引所ランキングは下記リンクで解説しています。

【通貨別】仮想通貨取引所の取引量・取引高ランキング!ビットコイン・イーサリアム・リップルの取引量

❷. 取引所形式で販売している取引所

2つ目は、「取引所形式」の販売方法を採用している取引所とします。よく採用されている「販売所形式」は非常に割高な価格設定がされています。

取引所と販売所の違い
  • 取引所形式
    ユーザー同士が売買している場所
  • 販売所形式
    取引所を運営する会社が、仮想通貨の在庫を保有してユーザーに販売している場所

一般的には、「取引所」の方が、人と人との直接の売買のため安く購入できます。一方で「販売所」は、独占的に販売する権利がある通貨ほど、割高な価格設定がされています。

下の画像がビットフライヤーの例ですが、販売所形式の方は1万円以上も高いことがわかります。

下記のリンクで国内取引所の通貨ごとの販売方法を一覧化しています。

仮想通貨取引所の「取り扱い通貨種類」で比較!販売所か取引所かも解説

❸. 日本円で購入できる取引所

3つ目の基準は「日本円でライトコインを購入できる取引所」とします。

日本円で購入ができない場合、ビットコイン(BTC)などを一度購入してからライトコインを買う必要があります。価格の変動が激しい仮想通貨ですから、ビットコインの価格が変動してしまったら本末転倒です。

❹. 手数料・FX手数料

手数料は、売り買いを多く繰り返す人にとってはとても重要な要素です。

国内取引所では手数料がゼロのことも多いですが、最近になり手数料を取り始めた取引所も存在します。最新情報をもとに比較します。

下記のリンクで国内取引所の手数料については、比較しています。

【2019年版】仮想通貨取引所の手数料一覧!どこが安いのか徹底比較ランキング!

ライトコイン(Litecoin/LTC)の取引所を比較

上記4つの基準をもとに、仮想通貨取引所を比較すると下記の通りとなります。

 ❶. 取引量❷. 販売形式❸. 日本円可か?❹. 手数料・FX手数料

公式HP
多い取引所可能[手数料]
Maker:0%
Taker:0.01%
[FX手数料]
0.04%/日

公式HP
多い取引所可能[手数料]無料
[FX手数料]0.1%/日

公式HP
普通取引所可能[手数料]無料
[FX手数料]0.035%/日

公式HP
普通取引所不可[手数料]
Maker:-0.05%
Taker:0.15%
[FX手数料]
新規注文0.01%
利益発生時の決済に0.2%

公式HP
普通販売所可能[手数料]無料
[FX手数料]0.04%/日
※乖離手数料あり

公式HP
少ない販売所可能[手数料]無料
[FX手数料]0.04%/日

ビットフライヤーと、DMMビットコインは「販売所形式」でのみしかライトコインを購入できません。またビットバンクは、日本円でライトコインを購入することができません。購入する場合はBTCで購入するしかありません。

以上から下記の3つの取引所がライトコイン購入におすすめです。

1位. GMOコイン

GMOコインの公式サイトで登録

GMOコインは、あまりまだ他のブログではおすすめされていないかもしれませんが、2019年に入りかなりおすすめできる取引所となりました。

その理由は、全ての通貨の購入が「取引所形式」で可能になったからです。以前までは、全ての通貨が「販売所形式」でしか購入できませんでしたが、下記の通り2019年1月にアップデートされました。

我々にとってはかなり嬉しい出来事です。スプレッドもかなり狭くなっており、他にも5つの通貨を取引所形式で購入できますから、GMOコインで取引を始めてみるのも良いでしょう。

また、GMOインタナーネットグループが運営しているため、倒産リスクが極めて低く、初心者にも安心してオススメすることができます。

さらには、FX手数料も業界最安値となっており、レバレッジ取引がメインの方にも間違いなくオススメできます。総合力で言えば間違いなくNo1です。自信を持っておすすめできる取引所へと変身しました。

GMOコインの口座開設方法は下記のリンクで解説しています。

GMOコインの登録方法・口座開設方法を解説!入金方法や仮想通貨の買い方まで

GMOコインの公式サイトで登録

2位. Liquid by Quoine(リキッド)

Liquid公式サイトで登録

Liquidは上記取引所で比較するとわかるように、全ての基準においてとても良い評価です。

とりわけLiquidの素晴らしいところは、ライトコインの取引量です。Liquidは仮想通貨全体の取引高が国内No1です。

下記の画像からもわかる通り、他の取引所の追随を許さない圧倒的な流動性です。

それだけ取引高が多いためか、スプレッドはかなり狭いことが多く、事実上、ライトコインを最も安く買える可能性がある取引所です。

それでいて現物取引の手数料は無料ですから、もちろん手数料も国内最安値です。ライトコイン購入をお考えの方は、間違いなくLiquidをおすすめします。

また、ハッキング事件が多いことから取引所のセキュリティが気になる方も多いと思います。その点、Liquidは世界的にも最高水準の安全性です。詳しくは下記のリンクで解説しています。

【安全性を比較】本当にセキュリティの高い仮想通貨取引所ランキング

100%顧客資産はコールドウォレットで管理されていますし、マルチシグも対応しています。安心して保管しておける取引所です。

Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)の登録・口座開設方法と使い方 -入金方法・買い方・送金方法-

Liquid公式サイトで登録

3位. BITPOINT(ビットポイント)

ビットポイント公式サイトで登録

ビットポイントは、ベンチャー企業ながら、東証二部に上場を果たしたリミックスポイントが運営する取引所です。

最近では本田圭佑さんを、広告に採用したことで有名になりました。この取引所は、ライトコインを日本円で購入できる数少ない国内取引所です。

ただ、3位にした理由としては、取引高が心もとない点です。そのためスプレッドが若干開きがちで、割高な場合もあります。(逆に割安になる場合もあるので、メリットでもありますが)よって3位にしていますが、十分おすすめできる取引所です。

何よりこの取引所は、取引ツールが非常に優れています。ビットポイントアドバンスというWebで動く高性能取引ツールと、Meta Trader4と呼ばれるPCアプリの2つに対応しています。

ライトコインを買いたい方で、FXなどでトレードに親しんでいる人なら満足できる取引所かと思います。

下記リンクでビットポイントの口座開設方法を解説しています。

BITPOINT(ビットポイント)の登録/口座開設方法 | 手数料無料、MT4がすごい

まとめ

ライトコインを日本円で安く購入できる取引所についてまとめました。

ライトコインはあまり革新性がないことから、ビットコインのコピーであると揶揄されることもありますが、ビットコインの良さを引き継いで、承認時間が短く手軽に使えるコインです。

米コインベースに上場していることもあり、圧倒的に世の中に多く流通していますし、資産価値としても認められており、時価総額が高いです。アトミックスワップなどが発展すればビットコインとともに発展していくことでしょう。

仮想通貨ライトコイン(Litecoin/LTC)の2019年の価格予想 -特徴や将来性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください