ライトニングネットワーク最終版がビットコインでのテスト運用を成功

ライトニングネットワーク(Lightning Network)のRC版(最終テスト版)がビットコインでのテスト運用を成功させました。

ライトニングネットワークに関して詳しく知りたい方は下記のリンクを参考にしてください。

誰でも分かる!マイクロペイメントとライトニングネットワークの仕組み

ライトニングネットワークの必要性

ビットコインは、価格上昇に伴い取引量が非常に増えています。取引量の増加によってスケーラビリヒ問題がより顕著に表面化してきました。スケーラビリティ問題とは、簡単に言うと、取引量の増加に伴う手数料の増加の問題です。詳しくはこちらで解説しています

下記の通り取引手数料が非常に高くなっています。

もともとビットコインは仕組み上、このような状況になることは想定済みでした。そのため開発者は、ライトニングネットワーク(Lightning Network)と言う方法で解決しようとしています。

ライトニングネットワークの実験成功

海外メディアのCoinJournalによると、ライトニングネットワークのRC版ver1.0がリリースされたそうです。

ライトニングネットワークの開発チームによると、ver1.0の候補版をリリースした。
Bitcoin’s Lightning Network Version 1 RC is Here, Mainnet Beta Implementations On The Way

ちなみにRC版とは下記の通りです。

《release candidate version》製品開発において、ベータ版より出荷段階に近いハードウエアやソフトウエアのこと。最終的に出荷候補となったバージョンであり、さらに評価テストを重ねて製品出荷版(RTM版)になる。

引用:コトバンク

つまり、本番リリースに近い状態のテストが完了したと言うことです。スケーラビリティ問題を解決することができれば、ビットコインは貯蔵価値としてのみではなく、決算手段としての活用が広がります。

RC版ver1.0でのテストに関して

Ver1.0では、ライトニングネットワークに対応したウォレットから、テスト用に作成されたStarblocks(スタバではないです)でドリンクを買う様子が収められています。スタバのドリンクのような少額決済でビットコインが使えるとなると、ビットコインが多様な領域で活用されることが期待できます。

ビットコイン価格への将来の影響

ライトニングネットワークの実験成功は、ビットコインの将来へ非常にポジティブな影響を与えると考えられます。現状ビットコインの弱点としてスケーラビリティ問題があり決済手段としてはかなり致命的です。ライトニングネットワークによってこれらが解決されれば、ビットコインの価格の上昇がさらに期待できます。



おすすめの取引所1 ビットフライヤー

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットフライヤーはビットコインの取引量が日本一。
ビットコインを取引するならビットフライヤーがオススメです。

スマホでの取引も非常に簡単でスムーズです。仮想通貨を取引するなら口座を開設をしておくのがオススメです。

ビットフライヤー公式サイト

おすすめ取引所2 コインチェック

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

アルトコインの取り扱い種類が非常に豊富な取引所です。
ビットコイン以外も色々なコインを取引したい方におすすめです。

アプリも非常に使いやすく、仮想通貨全体の値動きを把握するのに非常に便利です。取引をしなくても口座開設をしておく価値があります。

コインチェック公式サイト

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です