ライトコイン(Litecoin)をGPU・ASICでマイニングする方法・やり方

仮想通貨ライトコイン(Litecoin/LTC)は、時価総額第5位の仮想通貨です。ビットコインよりも処理が高速で手軽に使える通貨を目指して開発されました。

この記事では、ライトコインのASICとGPUでマイニングする方法について解説します。

下記のリンクにてライトコインの特徴や将来性については解説しています。マイニングすべきか見通せます。

ライトコイン(LTC)の2019年以降の価格予想と今後。まだ上がるのか?

ライトコイン(Litecoin/LTC)とは?

仮想通貨ライトコイン(Litecoin/LTC)は、ビットコインより手軽に使えるコインを目指して開発された通貨です。ビットコインが金(ゴールド)だとすれば、ライトコインは銀(シルバー)に例えられます。

2011年10月に誕生したライトコインは、ビットコインの次に歴史のある仮想通貨です。

ライトコインは下記の特徴を備えています。

  1. ブロック承認時間の速さ
  2. 流動性(取引量)の高さ

❶. ブロック承認時間の速さ

ライトコイン(LTC)は、ブロック承認にかかる時間が非常に早いです。

ビットコイン(BTC)がブロック承認に10分かかる一方で、ライトコインはその1/4の2.5分で承認することができます。

ライトコインのブロックの承認方法はビットコインと同様のプルーフオブワーク(POW)アルゴリズムが用いられています。下記のリンクでプルーフオブワークについて詳細に解説しています。

誰でもわかるビットコインのマイニングの仕組み。プルーフオブワーク(PoW)がなぜ改ざんが難しいのか?徹底図解

プルーフオブワークでは、ブロック承認時間は、セキュリティと直結します。そのため、承認時間の短いライトコインは、ビットコインよりセキュリティは劣ることとなります。

しかし、「迅速な承認」と、「わずかな電力消費」で、ブロックの承認ができますから、ビットコインとライトコインは互いの欠点を補っています。

互いに競合すると考える人も多く存在しますが、私はお互いの通貨が相互に欠点を補い、通貨を強化すると考えます。

アトミックスワップ等が発達し、迅速に多通貨の交換が可能になれば、よりライトコインの用途も広がるはずです。

❷. 流動性の高さ

ライトコインほど市場によく出回っている、流動性のある通貨は他にありません。

ビットコインは2100万枚しか発行されませんが、ライトコインはその4倍の8400万枚発行されます。

イーサリアム(ETH)も、かなり流通していますが「通貨」ではありません。スマートコントラクトで利用されるネイティブトークンです。

イーサリアム(ETH)の特徴と仕組み – スマートコントラクトを徹底解剖

つまり、純粋な通貨としての性質を持ちながら、これだけ流通しているライトコインとしての立ち位置は、かなり優位性とメリットがあることがわかります。

ビットコインは資産としての性質が強く、流動性が高くありません。ライトコインは、ビットコインのそのような性質を補うことができる唯一の通貨だと考えます。

ライトコインの購入はGMOコイン!当サイトでも申し込みNo1

そもそもマイニングとは?

マイニングとは、取引を承認するために、暗号パズルを解くことです。

仮想通貨の中核となる技術の進歩「ブロックチェーン」は、取引の正しさを「中央管理者」なしで証明することができる仕組みです。

中央管理者の代わりに、マイナーと呼ばれる集団が暗号パズルを解く「マイニング」を行うことにより、取引が承認されます。

暗号パズルは、マイナー同士が、その速さを競争し、最も早く解けたマイナーが、報酬を得ることができるように設計されています。この報酬は、ライトコインで支払われます。そしてマイニングによる報酬は、その通貨の唯一の新規発行手段となります。

下記のリンクでビットコインのマイニングの仕組みについて解説しています。ビットコインのマイニングとライトコインは同じ仕組みです。

誰でもわかるビットコインのマイニングの仕組み。プルーフオブワーク(PoW)がなぜ改ざんが難しいのか?徹底図解

ライトコイン(Litecoin/LTC)のマイニングの方法

ライトコインのマイニング方法は、大きく分けて下記の通り3つの方法が用意されています。

  1. ソロマイニング
  2. プールマイニング
  3. クラウドマイニング

 

それぞれのマイニング方法には、メリット・デメリットが存在ます。それぞれの目的に合ったマイニング方法を選択するべきです。

❶. ソロマイニング

ソロマイニングは、文字通り「1人で」マイニングを行う方法です。

つまり、世界中のマイナーたちと、あなた1人が競争することになります。それだけ多くのマシンパワーが必要になりますし、報酬を獲得できる確率は極めて低いです。

ソロマイニングのメリット

マイニング報酬を独占できる。
他の機関にに手数料を払う必要がないため最も収益性が高い。

ソロマイニングのデメリット

多くの設備投資が必要になる。
マイニング成功確率が極めて低く収益が安定しない。

❷. プールマイニング

プールマイニングは、世界中のマイナーの力を集結した「集団(プール)」に参加してマイニングする方法です。

多くのユーザーがマシンパワーを結集してマイニングを行い、得られた収益は、寄与したマシンパワーに応じて分配されます。

プールマイニングのメリット

マイニングの成功確率が高く、安定した収益が維持できる。

プールマイニングのデメリット

報酬は参加者同士で分け合うので、収益性が低い。

下記リンクでプールマイニングのやり方について解説しています。

ライトコイン(Litecoin)のプールマイニングの方法 -マイニングプール6選!

❸. クラウドマイニング

クラウドマイニングは、お金を預けるだけで、マイニングは他の機関が完全に代行する仕組みです。電気代も設備投資費用もかかりません。

しかし、クラウドマイニングは詐欺サイトなどが多く見極めが困難です。

考えてもみてください。お金を預けた費用は、何に使われているかわかりません。つまり、株式投資と同じような仕組みなため、出資した企業の収益性が悪化すれば、お金が帰ってこない可能性もあり得ます。

クラウドマイニングのメリット

設備投資費用が全くかからない。また電気代もかからない。

クラウドマイニングのデメリット

出資企業の収益性の悪化によってお金が返ってこない。詐欺サイトが非常に多い。

ASICとGPUマイニングの違い

ASICマイニングとは、ビットメイン社が開発する、マイニングの専用機「ASIC」でマイニングすることです。

ASICは、他の汎用的なコンピュータと比較して圧倒的にマイニングの効率が良いです。ビットメイン社は、大規模マイニングプールも運営していますから、多くの開発者から分散化の観点から批判を受けています。

一方でGPUマイニングは、汎用的なゲーミングPCのような高性能コンピューターを用いてマイニングすることです。

ASIC耐性とは?

ビットメイン社が独占的に開発しいるASICの効率が高すぎると、分散化の観点からあまり好ましくありません。

その機材を手に入れることができる人がマイニングを独占することになり51%攻撃が安易になるからです。ビットメインはマイニングプールも運営していることを考えると、理論的にはハッシュパワーを独占することも可能です。

そのため、ASIC耐性を備えたアルゴリズムを採用した通貨も存在します。例えばイーサリアムのEthashは、ASIC耐性を備えています。

下記のリンクでイーサリアムの「Ethash」のアルゴリズムについて詳しく解説しています。

イーサリアムの「Ethash」とは? アルゴリズムとASIC耐性の仕組み

イーサリアムのマイニングプールの報酬の分配比率は、ビットコインやライトコインよりも圧倒的に分散化されています。ステークホルダーが権力化しないため、ハードフォークが起きにくいです。一方で、ビットコインやイーサリアムは絶えずその危機にさらされるわけです。

下記のリンクでイーサリアムの分散化が進んでいることについて詳しく解説しています。

イーサリアムは中央集権なのか? ビットコインと分散性を比較
ライトコインの購入はGMOコイン!当サイトでも申し込みNo1

ライトコインはGPUでマイニング可能か?

ライトコインはビットコインと同様の「SHA25」6と呼ばれるハッシュアルゴリズムを採用しており、ASIC耐性は備えていません。

つまり、ASICでのマイニングが圧倒的に効率的です。残念ながら汎用的な高性能のGPUでマイニングを行い収益を上げることは難しいです。

もし、GPUで仮想通貨のマイニングで収益を上げたいと考えるなら、イーサリアムがおすすめです。汎用GPUでも十分な収益を上げることができます。やり方については下記のリンクで解説しています。

イーサリアムのマイニングの仕組み。マイニングを始める方法や「いつまで」PoWで採掘可能?徹底解説。

ライトコイン(Litecoin/LTC)をASICやGPUでマイニングする方法

もしASICや、収益化は難しいですがGPUでマイニングをしてみたいと考えているなら、プールマイニングが圧倒的におすすめです。

ソロマイニングは、マイニング成功確率は非常に低く個人で収益を上げることは難しいです。下記のリンクでプールマイニングの方法について詳しく解説しています。

ライトコイン(Litecoin)のプールマイニングの方法 -マイニングプール6選!

vライトコイン(Litecoin/LTC)購入におすすめの取引所

ライトコインを購入できるおすすめの取引所はGMOコインです。

GMOコインはライトコインを「日本円」で「取引所形式」で購入することが可能です。

仮想通貨取引所
ライトコイン
日本円で買える?

公式HP

公式HP

公式HP
×

公式HP

公式HP
×
-

公式HP

上記の通り、「日本円」で「取引所形式」でライトコインを購入できる取引所は「GMOコイン」「ビットポイント」の2社のみです。

ビットポイントは、利用ユーザーがかなり少なく流動性も十分ではありませんから「GMOコイン」が圧倒的におすすめです。

(番外編)仮想通貨の販売形式の違いとは?

仮想通貨取引所が仮想通貨を販売する方法には「二つ」あります。

一つ目が「販売所形式」の販売方法です。

販売所形式は、取引所が一定量の仮想通貨をまとめて保持し、その保持している通貨を取引所が定めた価格で販売する方法です。簡単にいうと、取引所が仮想通貨を仕入れてきて、それに値札をつけて販売するやり方です。

二つ目の方法が「取引所形式」の販売方法です。

販売所形式は、お客さん同士が売買する場を提供する方法です。取引所はあくまで取引する場を提供するだけで、実際には、お客さん同士が売り買いするだけです。

一般的には、「販売所形式」では仮想通貨の価格は割高に設定されています。逆に「取引所形式」はスプレッドも狭く適正価格で購入できる可能性が高いです。

下の図が実際のビットフライヤーの「販売所」と「取引所」の価格の違いの例ですが1万円以上も「取引所」の方が安いことがわかります。

まとめ

仮想通貨ライトコインのGPU・ASICでのマイニングの方法についてまとめました。

ライトコインはASICに対して耐性を備えていないため、事実上「ASIC」を購入しなければ収益を上げることが難しいです。

仮想通貨バブルの頃は、ライトコインのマイニングは1日に30〜40ドルもの収益をあげていました。そしてASICを購入すること自体困難な状況でした。今はバブルが崩壊し、収益性の悪化とともにASICも買えるようになりました。
ライトコインは将来性の高い通貨だと考えれば、今のうちに準備しておいても良いでしょう。

ライトコインの将来性について知りたい方は、下記のリンクで解説しています。

ライトコイン(LTC)の2019年以降の価格予想と今後。まだ上がるのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください