【速報】韓国で仮想通貨取引所が全面禁止される可能性 価格への影響を分析

韓国で仮想通貨取引所が全面禁止されると地元新聞Hankyungが報じました。

韓国の仮想通貨取引所が全面禁止か?

ニュースメディアcointelegraphによると、地元新聞Hankyungが「仮想通貨は詐欺的である」と立法府が考えており全面禁止する可能性があると報じています。 韓国ではICOが既に禁止され、仮想通貨取引への課税やBTC先物の禁止も検討されています。

比較的否定的な対応をとっていた韓国政府だけに、この報道はかなり現実味があります。地元新聞の元記事は下記です。韓国語ですがgoogle翻訳である程度内容をつかむことができます。

中国の取引所全面禁止での影響はどうだったか

取引所の全面禁止は2017年の9月17日に中国でも起こりました。その際のビットコイン価格は40%ほど下落しています。

【2017年9月11日】 40%下落 中国政府、仮想通貨の国内取引所での取引を全面禁止

この事件は、みなさん記憶に新しいのではないでしょうか。中国政府が国内取引所での仮想通貨の取引を全面禁止しました。これにより4,850ドルから2,950ドルへ40%暴落しました。

引用:暴落の歴史

 ただし、当時は中国の仮想通貨取引の割合は、かなり多くを占めていました。そのため価格への影響が甚大だったと推察できます。韓国での取引高は、その当時の中国ほどではないため影響は限定的だと考えられますが、昨今の暴騰している価格を考えると、楽観視できません。

韓国の仮想通貨取引所の禁止での価格への影響は?

2017年12月9日現在
保有割合 韓国(KRW)4%前後

2017年9月12日現在(取引所禁止前)
保有割合 中国(KRW)16%前後


上記のように、中国での取引量は、取引所禁止の直前は16.36%前後でした。そのため取引所禁止のインパクトが非常に大きかったと考えられます。逆に韓国の取引量に関しては12月9日現在4%前後で推移しています。取引所が閉鎖することでの価格の影響は中国と比較し単純計算で1/4と考えることができます。

しかしながら楽観視はできません。最近は仮想通貨取引の新規参入が多く、暴落を経験していない保有者が数多くいると考えられます。そのため一時的にパニック売りが起こり価格が想定以上に下がる可能性があります。韓国政府の動向には今後注視すべきです。



おすすめの取引所1 ビットフライヤー

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットフライヤーはビットコインの取引量が日本一。
ビットコインを取引するならビットフライヤーがオススメです。

スマホでの取引も非常に簡単でスムーズです。仮想通貨を取引するなら口座を開設をしておくのがオススメです。

ビットフライヤー公式サイト

おすすめ取引所2 コインチェック

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

アルトコインの取り扱い種類が非常に豊富な取引所です。
ビットコイン以外も色々なコインを取引したい方におすすめです。

アプリも非常に使いやすく、仮想通貨全体の値動きを把握するのに非常に便利です。取引をしなくても口座開設をしておく価値があります。

コインチェック公式サイト

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です