誰でもわかるIOTA(アイオータ)の仕組み! 次世代技術Tangleを解剖!

本記事ではIOTAの仕組みに関して徹底解説します。非常に難解なホワイトペーパーですが原理は非常に簡単です。初心者でも理解できるよう図解します。

IOTA(アイオータ)とは

IOTAはIoT(Internet of Things、モノのインターネット)の基盤となる仮想通貨の開発を目的として2015年に始まったプロジェクトです。

例えば、車(モノ)を、パーキングに駐車をする際に、インターネットに繋がり決済をする等です。

IOTAはモノのインターネットでの利用が目的のため、パーキングの駐車の例を想像しても分かりますが、使用頻度が高く決済単位は少額です。既存のビットコインで使われるブロックチェーンでは、マイナーとそれに払う手数料が存在するため、少額決済に使うのは現実的ではありません。そのような既存のブロックチェーン技術の欠点をIOTAでは解決しようとしています。

しかしながらあくまで、サービスではなくプロジェクトです。ブロジェクトは頓挫することもあり得ます。技術的な研究をしているという段階です。

新技術Tangle

IOTAで肝となる技術はTangleという仕組みです。ビットコインの場合は、ブロックチェーンという仕組みを用いていますが、IOTAはTangleというDAG(有向非巡回グラフ)を用いています。

DAG(有向非巡回グラフ)とは、簡単にいうと「向きがあり、循環しない」グラフのことです。

ビットコインのブロックチェーンは一直線にブロックが並んでいます。しかしながらIOTAにおけるTangleは、一直線ではなくDAG(有向非巡回グラフ)でノードが連なっています。

Tangleの承認プロセス

ビットコインでは、トランザクションを複数にまとめたブロックを、マイナーが暗号をとくことによって承認を行います。しかしTangleでは、ブロックではなくトランザクション一つ一つを個別に承認します。また承認を行うのはマイナーではなく、次の取引を行う人です。

つまり利用者が取引を成立させたければ、前の取引を承認しなければいけません。ブロックチェーンでは利用者と承認者(マイナー)は完全に分離されていますが、IOTAの場合は利用者のエコシステムで完結しています。
これにより、手数料をゼロにすることが可能になっています。

Tangleのセキュリティ

ここで問題となるのはTangeのセキュリティです。ビットコインのブロックチェーンではプルーフオブワークと呼ばれる仕組みでセキュリティを担保していますが、IOTAではどのようにセキュリティを担保しているのでしょうか?
(AさんとBさんが徒党を組んで、Aさんの不正な取引をBさんが承認することも可能だと考えることもできます。)

Tangleでは一定量の承認がなければ、承認されないようにすることで不正を回避しています。この承認プロセスを順を追って説明していきます。

  • 【ルール1】前取引ノードを二つ承認することで、現取引ノードを生成することができる
  • 【ルール2】取引の承認条件は、「全ての現取引のノードから承認」されることである

【ルール1】【ルール2】は下記の図のようになります。

  • 【ルール3】承認はノードを経由しても良い
    未承認ノードAは承認ノードXを経由して、ノードBに承認されても良い
    (A←X←BでもAを承認したことになる)

【ルール3】を図に示すと下記の通りです。前々取引の一番下のノードは、前取引のノードを経由して現取引の全てのノードに承認されている(※【ルール2】)

ここで不正なノードが存在する場合を考えます。不正ノードは、その次の取引ノードに承認されません。
下記の図では、簡略化のためにノードを少なくしていますが、実際には不正ノードを複数のノードがチェックします。その中のノードが不正を検知できれば、未承認の影響が大きくなり異常なノードを発見することができます。

今回の説明では、簡略化のために「現取引の全てのノードの承認」が必要だとお話ししましたが、実際には「すべて」ではなく一定の閾値を超えたら承認されます。

IOTAの特徴

Tangleを基盤とするIOTAは下記のような2つの特徴を持っています。

  1. 決済スピードが早い
    ビットコインのようにマイニングがいらないため、決済速度が早いです
  2. 取引手数料がゼロ(スケーラビリティ問題がない)
    Tangleにより利用者によって成立するエコシステムを作ることで取引手数料を減らしています

IOTAはブロックチェーンの次の技術だと言われており、ブロックチェーンの弱点の多くを解決しています。IOTAは時価総額も非常に高く2017年11月現在で第7位となっています。Tangleという技術が注目されていると言えますし、将来性はあると考えています。

IOTAを購入するには

IOTAを購入できる国内の取引所は残念ながらありません。海外の取引所Binanceで購入することができます。下記リンクから1分ほどで登録が可能です。Binanceは、アルトコインを豊富に扱っている取引所です。口座開設だけでもしていくことをおすすめします。

Binanceの口座開設はこちら

また下記のリンクでオススメの仮想通貨取引所を紹介しています。

騙されるな!初心者におすすめしたい仮想通貨取引所3選

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください