ICOの情報収集におすすめなサイト5選!スケジュールやプレセール情報等

ICOはInitial Coin Offeringの略で、仮想通貨で企業が資金調達を行う方法です。資金調達を行う際に、ホワイトペーパーというプロジェクトの概要を公開し資金を募ります。

ICOは資金調達が手軽なため、数多くのICOが存在し情報収集するのも非常に苦労します。この記事では私がオススメするICOの情報収集サイトを紹介します。

クリトピさん

私のオススメ順に情報収集サイトを紹介していきます!

ICOの格付けサイトを知りたい方は下記のリンクで紹介しています!

ICO格付け・評価サイト総まとめ!有望なプロジェクトを発見しよう!

1. ICO Drops

一番オススメしたいのはICO Dropsです。このサイトは取り上げるICOがある程度選別されており、明らかな詐欺案件はありません。また統計データも非常に面白いです。下の画像のICO STATSをクリックすると統計データを見ることができます。ROI(上場から何倍になっているか)も確認することができます

2. ICO Stats

ICO Statsは、仮想通貨のICO時の価格から現在の価格まで一覧で見ることができます。またこれからICOされるプロジェクトの概要やスケジュールも「Upcoming ICOs」という左側のメニューを選択するとみることができます。

ICO Dropsよりもより網羅的なデータを見たい方にオススメです。

3. ICO Countdown

ICO Countdownは、すでに終了しているICOは確認することはできませんが、これから開始されるICOを確認することができます。運営で怪しいICOはある程度ふるいにかけられているため安心です。日本人の多くに見られているサイトです。過去のデータも見たいなら、ICO DropsICO Stats。これからのICOを見たいならICO Countdownで見るのが良いでしょう。

4. bestcoins

bestcoinsは上記のサイトとは毛色が異なり、ICOに関する議論のためのオープンコミュニティです。各ICOに関してタイムラインで多くの議論がなされています。海外の投資家の生の声を聞くことができるので投資の判断に役立ちます。

5. COIN JINJA

COIN JINJAは唯一のICO情報の日本語サイトです。英語がどうしても苦手という方にはオススメです。ただしプレオープン中ということもあり情報はやや少なめ。人気のICOもリストになかったりします。

ただしUIは非常に直感的で使いやすいため、今後の改善に期待したいところです。

まとめ

私がオススメするICO情報サイトをご紹介しました。各サイトに関して用途としては下記の通りです。

サイト用途
1. ICO DropsICOの情報収集
2. ICO StatsICOの情報収集
3. ICO Countdown将来に売り出されるICOの情報収集
4. bestcoinsコミュニティや評判のチェックに
5. COIN JINJA日本語で情報収集に

現状詐欺などが多いICOですが、将来的には各国が法整備を整えてより一般的な資金調達となると思われます。しっかりと情報収集をすれば、かなり有望なICOが見つかるはずです。ぜひ上記の情報サイトをご活用いただければと思います。

ICO格付け・評価サイト総まとめ!有望なプロジェクトを発見しよう! 有望なICOを見分けるには?重要な9つの指標まとめ

私がお勧めする仮想通貨取引所

bitbankの口座開設はこちら

ICOに参加する際には、通常イーサリアムやビットコインが必要になります。イーサリアム、ビットコインを購入するのにオススメの仮想通貨取引所はBitbankです。Bitbankはイーサリアム(ETH)、ビットコイン(BTC)を販売所ではなく、取引所で購入することができるので、BitflyerやCoincheckより圧倒的に安く購入できます。

下記のサイトでもbitbankを勧める理由を記載させていただいています。セキュリティ、使いやすさ、取り扱い通貨数など解説しています。

騙されるな!初心者におすすめしたい仮想通貨取引所3選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です