GMOコインのFX(レバレッジ取引)の評判は? 取引ツールや手数料はどうなの?

GMOコインは、かつて「販売所形式」でしか仮想通貨のFX(レバレッジ取引)が出来なかったため、スプレッドの広さからあまり評判が良くありませんでした。

しかし、2019年1月のアップデートで、5つの通貨を「取引所形式」でレバレッジ取引が可能になり、スプレッドが狭くなりました。

この記事では、上記のアップデート後のGMOコインのFX(レバレッジ取引)の評判をまとめます。かなり評判が良くなっていることを理解できるはずです。

GMOコインとは? 概要



GMOコインは東証一部上場企業のGMOインターネットグループが運営する国内最大級の取引所です。

2016年10月に設立されたので、取引所の中では比較的歴史があります。

2019年1月に「取引所サービス」を拡充したことで、現在かなり注目度の高い取引所です。当サイトでも一番申し込みの多い取引所となっています。

運営会社 GMOコイン株式会社
設立日 2016年10月
取引方法 現物取引
レバレッジ取引
取扱通貨 BTC,ETH,BCH,
LTC,XRP

GMOコイン公式サイトはこちら

GMOコインの登録・口座開設方法と使い方を画像付きで徹底解説します。

GMOコインは「取引所」と「販売所」の両方を運営する

GMOコインは「取引所」と「販売所」の両方を運営しています。

過去、GMOコインはリップルは「販売所」のみでしか販売していませんでしたが、2019年1月30日のアップデートでリップルも「取引所」で買えるようになりました。


「取引所」と「販売所」の違いは下記の通りとなります。

取引所と販売所の違い
  • 取引所形式
    ユーザー同士が売買している場所
    通貨の価格は割高
  • 販売所形式
    取引所を運営する会社が、仮想通貨の在庫を保有してユーザーに販売している場所
    通貨の価格は割安

一般的には、「取引所」の方が、人と人との直接の売買のため安く購入できます。一方で「販売所」は、独占的に販売する権利がある通貨ほど、割高な価格設定がされています。

下の画像がビットフライヤーの例ですが、販売所形式の方は1万円以上も高いことがわかります。

下記のリンクで国内取引所の通貨ごとの販売方法を一覧化しています。

仮想通貨取引所の「取り扱い通貨種類」で比較!販売所か取引所かも解説

GMOコインの公式HPで口座登録する

GMOコインの口コミは2019年1月以降を参考にするべき

上記の通り、2019年1月に「取引所」でレバレッジ取引(FX)が可能になりました。

かつては、「販売所」でしかレバレッジ取引が出来なかったため価格が割高でした。しかし、現在は格段に仮想通貨の価格が安くなりました。

多くの評判が、2019年1月以前のものが集められており、悪い評判も散見しますが、現在はかなり改善してきています。

Twitterやサイトで悪い評判を見てGMOコインの登録を避けていた人もいるかもしれませんが、最もレバレッジ取引に適した取引所へと変貌を遂げました。

GMOコインの公式HPで口座登録する

GMOコインのFX(レバレッジ取引)でおすすめしたい理由

GMOコインで、レバレッジ取引をおすすめしたい理由は、下記の3つの点からです。

  1. 取引所形式で5つの通貨をFX可能
  2. 取引ツール「WEB TRADER」がFXに最適
  3. FX取引手数料が最安値

順番に解説していきます。

. 取引所形式で5つの通貨をFX可能

上記でも説明した通り、GMOコインは「5つの通貨」を「取引所形式」でレバレッジ取引が可能です。

それがどれだけ国内取引所で珍しいか下記の表を見れば理解できるかと思います。

 
リップル販売方法
レバレッジ取引
通貨種類

公式HP
ビットコイン
イーサリアム
リップル
ビットコインキャッシュ
ライトコイン

公式HP
ビットコイン
イーサリアム
リップル

公式HP
×
-

公式HP
×
-

公式HP
×
-

公式HP
×
×
-

公式HP
×
×
-

これだけの取引所がある中で、GMOコインはかなり優れていることが理解できると思います。

また「取引所」でレバレッジ取引が可能になり、「スプレッド」が狭くなりました。お得に仮想通貨を購入可能です。詳しくは下記のリンクで解説しています。

【2019年】GMOコインのスプレッドは広い? キャンペーンを活用しよう!

GMOコインの公式HPで口座登録する

. 取引ツール「WEB TRADER」がFXに最適

取引ツールの「WEB TRADER」がレバレッジ取引(FX)に最適です。

こちらも最近のアップデートで追加されました。過去はかなり使いにくいツールでしたが、このツールが追加されたことでトレード環境は一変しました。

最も優れている点は、豊富なインジケーターでテクニカル分析ができる点です。またサポートラインなども引くことができるため、レバレッジ取引をする方にも満足いく機能を備えています。

やはり巨大株取引所GMOクリック証券を運営している企業だけあり、非常に優れたツールに仕上がっています。

. FX取引手数料が最安値

FX取引手数料が、業界最安値です。下記の表がレバレッジ取引の手数料を比較した表です。

取引所名FX手数料乖離手数料

公式HP
翌日持ち越し時
0.04% /日
5〜10%の乖離 0.25%
10〜15%の乖離  0.5%
15〜20%の乖離 1%
20%〜2%の乖離 2%

公式HP
翌日持ち越し時
0.1%/日
なし

公式HP
翌日持ち越し時
0.035%/日
なし

公式HP
翌日持ち越し時
0.04%/日
なし

公式HP
翌日持ち越し時
0.04%/日
なし

公式HP
--

この表の通りGMOコインはレバレッジ取引手数料がかなり安いことがわかります。

唯一、GMOコインよりも安いのが、ビットポイント(BITPOINT)です。しかし、ビットポイント は、取扱通貨がビットコインのみなので、あまりおすすめできません。

これだけ多くの通貨を扱っていて、さらに手数料が安い取引所は、GMOコインしかないことが理解できるかと思います。下記リンクでレバレッジ取引の手数料だけでなく、様々な手数料を比較しています。

【2019年版】仮想通貨取引所の手数料一覧!どこが安いのか徹底比較ランキング!

GMOコインの公式HPで口座登録する

GMOコインの評判・口コミは?

取引所サービスが拡充された2019年1月以降のツイッターの口コミをまとめました。

このアップデートによってかなり評判が回復していることがわかります。

2019年1月以降のツイートをいくつかまとめてみました。どれもポジティブなものばかりです。

GMOコインは着実にアップデートを繰り返して評判も回復しつつあります。口座数も下記の通り順調に伸ばしていますから、有力取引所になることは時間の問題です。

2018年12月決算資料

GMOコインの公式HPで口座登録する

まとめ

GMOコインはサービス開始時は、販売所サービスのみの運営だったこともあり、スプレッドが広くあまり評判が良くありませんでした。

しかし、さすが大企業なだけあり、アップデートを繰り返して、現在は素晴らしいトレード環境となりました。取引所で5つの通貨をレバレッジ取引できますし、トレードツール「WEB TRADER」はかなり使いやすいです。

昔のイメージのままGMOコインを使っていない方は、いま一度登録して、トレードをしてみることをおすすめします。

GMOコインの公式HPで口座登録する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください