【2018年】GMOコイン取り扱い通貨一覧|販売所と取引所の通貨は?

この記事では、仮想通貨取引所「GMOコイン」の取り扱い通貨について解説します。

GMOコインは「販売所」のみで仮想通貨の販売を行なっていましたが、2018年8月に「取引所」サービスも開始しました。「販売所」「取引所」双方で取り扱う通貨について解説します。

全ての取引所の取り扱い通貨を一覧で見たい方は下記のリンクでまとめています。

仮想通貨取引所の「取り扱い通貨種類」で比較!販売所か取引所かも解説

GMOコインは「販売所形式」がメイン

GMOコインは「販売所」と「取引所」両方の販売形式を採用しています。

二つの販売方式の違いは、下記の通りとなっています。

  • 取引所
    ユーザー同士が売買している場所
  • 販売所
    取引所を運営する会社が、仮想通貨の在庫を保有してユーザーに販売している場所
一般的には、「取引所」の方が、人と人との直接の売買のため安く購入できます。一方で「販売所」は、独占的に販売する権利がある通貨ほど、割高な価格設定がされている傾向があります。

下記がビットフライヤーの例ですが、「販売所形式」は「取引所形式」よりも販売価格が1万円以上も高いことがわかります。

GMOコインの取り扱い通貨

 
販売所
取引所
現物取引
レバレッジ取引
現物取引
レバレッジ取引
ビットコイン(BTC) 5倍・10倍 10倍
イーサリアム(ETH) 5倍××
ライトコイン(LTC) 5倍××
リップル(XRP) 5倍××
ビットコインキャッシュ(BCH) 5倍××

「販売所形式」での現物取引の取り扱い通貨は5種類です。またレバレッジ取引も全ての通貨が対応しています。

一方で「取引所形式」での現物取引・レバレッジ取引の両方ともビットコイン(BTC)のみとなっています。

取引所形式での販売通貨がビットコインのみなのは少ないと感じるかもしれませんが、大手取引所のビットフライヤーもビットコイン(BTC)しか対応していません。アルトコインについては、十分な流動性を確保するのが非常に難しいため「販売所」を採用している取引所が多いです。

またレバレッジ倍率は5倍〜10倍となっています。過去GMOコインはレバレッジ倍率25倍だった時期もありますが、仮想通貨団体の自主規制などにより10倍まで小さくなっています。

GMOコイン公式サイトで口座開設する

GMOコインの評判は?おすすめできる?

GMOコインは、開始したばかりの頃は「スプレッド」がかなり狭くおすすめできる取引所でした。しかし、現在はスプレッドはかなり広くなってきています。

このスプレッドの広さは、GMOコインの問題ではなく「販売所形式」の販売方法の問題です。ビットフライヤーなどでも「販売所形式」で仮想通貨を購入するとかなりのスプレッドになります。

GMOコインでは、2018年8月以降は、ビットコインのみですが「取引所形式」での販売を開始しています。そのためビットコインは、適正価格で買うことが可能になっています。

GMOコインは、GMOグループが運営していることもあり資本金の面でかなり安心できますし、ビットコインを買いたいのであれば口座開設をおすすめします。

またアルトコインのレバレッジ取引をできる仮想通貨取引所はかなり珍しいです。特にリップルやライトコインをレバレッジ取引したい方はGMOコインも選択肢に入ります。

GMOコインはこんな方におすすめ
  • 大手の取引所で取引したい(GMOグループだし安心)
  • ビットコイン(BTC)を主に購入したい
  • リップルやライトコインのレバレッジ取引をしたい

GMOコイン公式サイトで口座開設する

レバレッジ取引をメインで行おうと思っている方は、下記のリンクで全ての取引所の「手数料」や「取り扱い通貨」を解説しています。

FX(レバレッジ取引)の手数料が安い仮想通貨取引所は?ランキングで紹介!

取り扱い仮想通貨の特徴

ビットコインは、世界で最初に開発されたP2P電子キャッシュシステムです。 発行・流通・決済全てが分散管理されています。

ビットコインの時価総額は他の仮想通貨を圧倒して一位となっています。また利用者は1000万人を超え、最も利用されている仮想通貨です。ビットコインは、発行数量の上限を2100万BTCと定められているため、埋蔵量が限られているゴールド(金)と近い性質を持つと言われています。

【誰でもわかる】ビットコイン(bitcoin)の仕組みを分かりやすく図解

イーサリアムは、当時19歳だったロシア人Vitalik Buterinにより提唱され、今日まで開発が進められているブロックチェーンプロジェクトです。

イーサリアムは、ブロックチェーンのアプリケーション(dApps)を作るためのプラットフォームとして開発が進められています。現在、イーサリアムではEthashアルゴリズムによるプルーフオブワークで稼働していますが、将来的にCasperアルゴリズムを使用したプルーフオブステイクに移行される可能性があります。

【図解】誰でもわかるイーサリアムの仕組み。スマートコントラクトを徹底解説

ライトコインは、デジタルなシルバー(銀)として開発されました。ビットコインはデジタルゴールドと呼ばれるくらい発行数量は多くありません。しかしライトコインは発行数量はビットコインの約4倍ほど発行されています。またビットコインよりも決済のスピードが早く、より手軽に利用することを目的として開発されたコインです。

リップルは、グローバル決済ソリューションとして開発された仮想通貨です。他の仮想通貨と異なる点は、ビットコインに代表されるようなブロックチェーンを用いていません。サンフランシスコに拠点を置くリップル社が独自開発するコンセンサス・レジャー(Ripple Consensus Ledger)を使用しています。

中央管理者がいることによって、より高速で遅延のない送金システムを構築しています。

ビットコインキャッシュ(BCH)は、2017年8月1日にビットコインのブロックチェーンから分岐(ハードフォーク)したアルトコインの一種です。

ビットコインキャッシュは、ビットコインネットワークのスケーラビリティ問題の解決方法の一つとして生まれました。ビットコイン(BTC)は、一度に承認できる取引の容量が1MBと決まっており、取引遅延などの問題が起こっていました。そこでその問題を解決するためにビットコインキャッシュでは、ブロックサイズを8MBに引き上げています。

ビットコインとビットコインキャッシュのスケーラビリティ問題解決策の違い

まとめ

GMOコインは「販売所」形式をメインで行う取引所ですが、最近ではビットコインのみ「取引所」で買うことが可能になりました。

また、5種類の通貨でレバレッジ取引が可能なのは、かなり珍しいです。リップルやライトコインをレバレッジ取引したい方は口座開設をおすすめします。

GMOコイン公式サイトで口座開設する

下記リンクにてGMOコインの登録方法を解説しています。

GMOコインの登録方法・口座開設方法を解説!入金方法や仮想通貨の買い方まで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください