GMOコインの2つのアプリの使い方 -スマホ取引は「仮想通貨ウォレット」が最適!

仮想通貨取引所の「GMOコイン」は二種類のスマートフォンアプリが用意されています。

かつては「ビットレ君」と呼ばれるアプリしか存在していませんでしたが、「GMOコイン仮想通貨ウォレット」と呼ばれるアプリが登場し、格段にアプリでの取引がやりやすくなりました。

この記事ではGMOコインの「仮想通貨ウォレット」での使い方を解説します。また、過去から存在するアプリ「ビットレ君」の使い方も合わせて解説します。どちらのアプリが使いやすいかも理解することが可能です。

GMOコインは2種類のスマホアプリが存在する

GMOコインでは二つのスマートフォン向けのアプリが用意されています。

一つ目が「ビットレ君」でGMOコインのサービスが開始された頃から存在しました。こちらのアプリはレバレッジ取引(FX)専用のアプリです。

もう一つが「GMOコイン仮想通貨ウォレット」で2019年にリリースされました。こちらのアプリは現物取引からレバレッジ取引(FX)さらには、送金なども全て可能なアプリです。

  1. ビットレ君
    GMOコインサービス開始した頃から存在したレバレッジ取引(FX)専用のトレードツール
  2. GMOコイン仮想通貨ウォレット
    2019年リリース。現物取引・レバレッジ取引・仮想通貨の送金など様々な機能を備える

❶. ビットレ君

ビットレ君は、レバレッジ取引(FX)専用のスマートフォンアプリです。下記がビットレ君の取引画面です。

しかし、二つ目のアプリ「GMOコイン仮想通貨ウォレット」であってもレバレッジ取引(FX)が可能です。どのような違いがあるのか「ぱっと見」理解できません。

公式サイトには、下記の通りビットレ君が紹介されています。

上記で主張される違いは下記の通りです。ビットレ君は下記の機能を備えていると記載があります。

  • スピード注文
  • チャート描写
  • テクニカル指標

しかし実際には、「GMOコイン仮想通貨ウォレットアプリ」でも「チャート描写」や「テクニカル指標」を表示することが可能です

むしろ、ビットレ君よりも高性能です。

ビットレ君を利用するメリットは「スピード注文」のみと行ったところでしょう。どうしてもスピード注文が使いたいという方はビットレ君を使っても良いかもしれません。

❷. GMOコイン仮想通貨ウォレット

GMOコイン仮想通貨ウォレットは、洗練されたデザインで「現物取引」「レバレッジ取引」「入金・送金」など、このアプリ一つで全てのことができると言っても過言ではありません。

GMOコイン仮想通貨ウォレットはテクニカル指標も下記の通り豊富に用意されています。

ここまで豊富に用意されていますから、「ビットレ君」を使う必要があるのでしょうか?ほとんどの人がこちらのアプリで事足りると思います。

このアプリのかなり優れている点は、スマホ一画面に4つまでチャートを表示できる点です。「ビットレ君」では一つのチャートしか表示することができません。

GMOコイン仮想通貨ウォレットの取り扱い通貨は?

GMOコイン仮想通貨ウォレットは取り扱い通貨が少ないのではないか?と思う方もいるかと思います。下記の通り取引所・販売所問はず全ての通貨を購入することができます。

またレバレッジ取引(FX)の通貨が制限されているわけでもありません。

結論としては、「ビットレ君」よりも「GMO仮想通貨ウォレット」の方が総じて高性能であり使いやすいです。

GMOコインの口座を開設して、初めてアプリを使おうと思っている方は間違いなく「GMO仮想通貨ウォレット」をおすすめします。

GMOコイン仮想通貨ウォレットアプリの使い方

GMOコインの仮想通貨ウォレットをAppStoreまたはGoogle Playでインストールします。


GMOコイン 仮想通貨ウォレット

GMOコイン 仮想通貨ウォレット
開発元:GMO Coin, Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

アプリを起動すると上記の画面が表示されます。GMOコインで登録したアカウントでログインを行います。

もしGMOコインへの登録がお済みでない方は下記のリンクから口座の登録をお済ませください。

登録方法で迷われる方は下記のリンクにて画像付きで口座登録の方法を詳しく解説しています。

GMOコインの登録・口座開設方法と使い方を画像付きで徹底解説します。

2. 画面下のタブで機能を切り替える

画面の下に5つのタブが存在します。これらのタブを切り替えることで様々な機能を使うことが可能です。

タブの❷〜❺つ目は下記の画像の通りの機能となっています。

  1. ホーム
    仮想通貨の入金や送金、設定などが可能
    ログイン時に最初に表示される
  2. 保有・履歴
    自身のポジションを確認することが可能
  3. トレード
    仮想通貨のトレードをすることが可能
    成り行きと指値など注文方法も選択することができる
  4. チャート
    チャートを見ることが可能
    テクニカル指標なども表示することができる
  5. レート
    全ての通貨の価格レートを全て表示することが可能
    全体の相場の動きを観察することができる

以上が、GMOコイン仮想通貨ウォレットの使い方です。タブで切り替えて機能を使えるので非常にシンプルにまとまっていることがわかります。

GMOコイン「ビットレ君」の使い方

GMOコインの「ビットレ君」はレバレッジ取引に特化したスマホアプリです。

先ほども説明したように、あまりおすすめできませんが、下記のリンクからインストールが可能です。スピード注文を試してみたい人はインストールして見るのも良いでしょう。


閉じるを押すと下記の「❷. トレード」の画面が表示されます。

画面の下に5つのタブが存在します。これらのタブを切り替えることで様々な機能を使うことが可能です。

タブの❷〜❺つ目は下記の画像の通りの機能となっています。

  1. ホーム
    仮想通貨の入金や送金、設定などが可能
    ログイン時に最初に表示される
  2. トレード
    仮想通貨のトレードをすることが可能
    成り行きと指値など注文方法も選択することができる
  3. スピード注文
    ワンクリックで注文をすることが可能
    またポジションを持つこともできる
  4. チャート
    チャートを見ることが可能
    テクニカル指標なども表示することができる
  5. 銘柄
    全ての通貨の価格レートを全て表示することが可能
    全体の相場の動きを観察することができる

どちらのアプリを使えば良いの?

二つのアプリの使い方や機能について解説しましたが、やはりGMOコイン仮想通貨ウォレットの方が高性能であることがわかります。

逆にビットレ君は、レバレッジ取引(FX)しか取引することができませんから、GMO仮想通貨ウォレットより機能面で明らかに劣ります。

もしGMOコインで口座を開設しようとしていて、アプリの使い勝手について気になっている方なら、間違いなくGMOコイン仮想通貨ウォレットを使えば満足できると思います。

現物取引もレバレッジ取引もできますし、資産管理アプリとしても秀逸です。ビットレ君のみしかなかった時代のGMOコインとは大違いです。

まとめ

GMOコインの二つのスマホアプリの機能と使いかたについて解説しました。

多くの人がGMOコインはスマホでレバレッジ取引しかできないと思っていますが、GMOコイン仮想通貨ウォレットが登場したことによって、他の取引所と同じようにスマホで全てのことができるようになりました。

GMOコインは2019年に入り、スマホアプリのリリースや「取引所」で購入できる通貨を4つ増やすなど積極的にアップデートをしています。口座数についても他の取引所よりもかなり伸びているのも頷けます。

下記のリンクにて取引所ごとの口座数について解説していますが、GMOコインは順調に伸ばしていることが理解できます。

口座数の多い仮想通貨取引所は?国内取引所を口座数でランキングしてみた。

大手企業のGMOコインは、精力的にアップデートを繰り返していますから数年後は、トップ取引所となると予想します。FXで有名なGMOクリック証券も愚直に運営しているのを見れば、GMOコインも期待できるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください