FX(レバレッジ取引)の手数料が安い仮想通貨取引所は?ランキングで紹介!

FX(レバレッジ取引)手数料は、現物取引とは異なり多くの手数料がかかります。

例えば、「乖離解消のための手数料」や「日またぎの手数料」など何かと手数料が多いです。仮想通貨のFXを始めるなら、なるべく安い取引所で取引を始めたいですね。

この記事では、FX手数料を様々な項目から比較して最適な取引所を紹介します。一覧で比較できる表にまとめています。

FX(レバレッジ取引)手数料の比較

下の表が国内取引所でのFX手数料の比較です。乖離手数料とは、現物価格と大きく乖離する価格に動いた場合、乖離を引き離す方向で決済した際に、かかる手数料です。

ビットフライヤーの乖離手数料(SFD)は、かなり不満が上がっています。

取引所名FX手数料乖離手数料
Bitflyer翌日持ち越し時
0.04% /日
5〜10%の乖離 0.25%
10〜15%の乖離  0.5%
15〜20%の乖離 1%
20%〜2%の乖離 2%
Liquid(最安)翌日持ち越し時
0.025%/日
なし
BITPOINT翌日持ち越し時
0.035%/日
なし
GMOコイン翌日持ち越し時
0.04%/日
なし
DMMビットコイン翌日持ち越し時
0.04%/日
なし
bitbank
※FXサービス終了
--

この表から分かるのは、手数料が圧倒的に安いのはLiquid by Quoine(リキッド)です。ビットフライヤーも安いように見えますが乖離手数料が最高2%取られますので、実際は手数料が多くかかります。

ビットバンク(bitbank)のレバレッジ取引は2019年1月にサービスを終了してしまいました。

参考 bitbank Tradeサービス終了のお知らせbitbank trade公式

FXに最適な取引ランキング

1位. Liquid by Quoine(旧QUOINEX)

Liquid公式サイトはこちら

Liquid by Quoineの手数料は非常に安く、また取引ツールも使いやすいです。FX取引をしたいなら、間違いなくオススメできる取引所です。

Liquidは以前は手数料が高かったのですが、最近値下げを行い国内トップクラスの安さになりました。

FXなら取引所Liquid(旧QUOINEX)が最適 | FXの手数料を大幅引き下げ!

Liquid by Quoineの証拠金倍率は?

レバレッジは最大25倍です。国内取引所では最大のレバレッジとなっています。

ハイレバで取引したい方も満足できる倍率となっています。

Liquid by QuoineのFX取引通貨は?

FX取引の通貨数はビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)です。

FX(レバレッジ取引)でこれだけの通貨を扱っているのは、かなり高評価ポイントです。

現物取引であれば、上記通貨に加えて下記の通貨が購入可能です。

  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • キャッシュ(QASH)

QASHは、LIQUIDプラットフォームのためのICOトークンで将来かなり有望です。

LiquidでFXを試してみる

口座開設の方法についても下記のリンクで解説していますので、参考にしていただければと思います。

Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)の登録・口座開設方法と使い方 -入金方法・買い方・送金方法-

2位. GMOコイン

GMOコイン公式サイトへ

GMOコインは、取引手数料は0.04%/日と業界標準の水準ですが、取り扱い通貨が非常に多いです。

2019年1月に「取引所形式」での取り扱い銘柄が4つ追加され、様々な通貨をレバレッジ取引が可能になりました。

取扱通貨は下記の通りです。

GMOコインの証拠金倍率は?

GMOコインの証拠金倍率は最大で10倍です。

ハイレバレッジで取引を行いたい方にはやや物足りない水準かもしれませんが、10倍まで対応していれば十分でしょう。

GMOコインのFX取扱の通貨は?

  1. ビットコイン(BTC)
  2. イーサリアム(ETH)
  3. リップル(XRP)
  4. ビットコインキャッシュ(BCH)
  5. ライトコイン(LTC)

しかも上記全てを「取引所形式」で売買が可能です。かなり安く仮想通貨を買うことが可能です。

GMOコインでFXを試してみる

3位. BITPOINT

BITPOINT公式サイトはこちら

3位はビットポイントです。日またぎ手数料に0.035%手数料がかかりますが、それ以外は無料です。

最近では、本田圭佑さんをイメージキャラクターに起用して勢いのある取引所です。

参考 本田圭佑氏のBITPointイメージキャラクター起用に関するお知らせBITPOINT

またMeta Trader4と呼ばれる機関投資家に使われている取引ツールが使えます。下記で、取引ツールがすごい取引所を解説しています。

【株・FX経験者におすすめ】取引ツールがすごい仮想通貨取引所3選

ビットポイント(BITPOINT)の証拠金倍率は?

証拠金倍率は25倍まで可能です。国内取引所では最大倍率となっています。

ビットポイント(BITPOINT)のFX取扱の通貨は?

取扱通貨はビットコイン(BTC)のみです。アルトコインを取引したい人には向きません。

ビットポイントでFXを試してみる

口座開設の方法は下記のリンクで解説しているので、参考にしていただければと思います。

BITPOINT(ビットポイント)の登録/口座開設方法 | 手数料無料、MT4がすごい

4位. bitFlyer(ビットフライヤー)

bitflyerの公式サイト

ビットフライヤーは乖離手数料が非常に高く、最大で2%徴収させます。10万円の取引で2000円の手数料ですからかなり高いです。

しかしながら、ビットフライヤーは圧倒的な流動性、取引量が多いです。流動性が低いと約定しにくいといったことも起きますから、流動性が高い取引所の方がメリットがあると言えます。

ビットフライヤーFX(bitFlyer FX)の証拠金倍率は?

レバレッジは15倍です。ハイレバで少額の元手で投資をしたい人には物足りないかもしれません。

ビットフライヤーFX(bitFlyer FX)の取扱通貨は?

ビットコイン(BTC)のみとなっています。アルトコインのFXを行いたい方は、別の取引所で取引することをオススメします。

bitflyerでFXを試してみる

ランキング圏外の取引所

残念ながらDMMビットコインは「ランキング圏外」とさせていただきました。

その理由は、「現物取引」「レバレッジ取引」両方含めて「販売所形式」でしか取引することができないからです。

仮想通貨の販売形式には2種類あり、1つが「取引所形式」もう一つが「販売所形式」です。一般的には「取引所形式」の方がお安く購入することができます。

販売方法の違い
  • 販売所形式
    取引所が一定量の仮想通貨をまとめて保持し、その保持している通貨を取引所が定めた価格で販売する方法です。簡単にいうと、取引所が仮想通貨を仕入れてきて、それに値札をつけて販売するやり方です。
  • 取引所形式
    お客さん同士が売買する場を提供する方法です。取引所はあくまで取引する場を提供するだけで、実際には、お客さん同士が売り買いするだけです。

一般的には、「販売所形式」では仮想通貨の価格は割高に設定されています。逆に「取引所形式」はスプレッドも狭く適正価格で購入できる可能性が高いです。

下の図が実際のビットフライヤーの「販売所」と「取引所」の価格の違いの例ですが1万円以上も「取引所」の方が安いことがわかります。

DMMビットコインは「販売所形式」のみの運営です。取引をDMMビットコインで始める場合は、割高で購入することになるのでご注意ください。

圏外:DMM bitcoin(DMMビットコイン)

DMMの公式サイトへ

DMMビットコインは多くの種類のアルトコインを証拠金取引可能です。

証拠金取引が可能な通貨は下記の通りです。

  1. ビットコイン(BTC)
  2. イーサリアム(ETH)
  3. ネム(XEM)
  4. リップル(XRP)
  5. ライトコイン(LTC)
  6. イーサリアムクラシック(ETC)
  7. ビットコインキャッシュ(BCH)

DMMビットコインは取引所ではなく販売所形式のためスプレッドが広く価格高いのでご注意ください。

DMMの公式サイトでFXを初めてみる

まとめ

FX(証拠金取引)を始めたい方は、Liquidが最もオススメです。安全性も非常に高く、アルトコインの流動性は非常に高いです。

LiquidでFXを試してみる

ICOトークンQASH(LIQUID)の将来性が高い「10の理由」

取引ツールも豊富なインジケーターを備えており、テクニカル分析に不便はありません。その他、取引所についてもご紹介しましたので、買いたい通貨や投資スタイルによって洗濯するのが良いかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください