リップル(Ripple)を日本円で安く買える取引所は?おすすめランキング!

この記事ではリップルをお得に買うことができる、仮想通貨取引所をランキング形式で発表します。
リップルについて知りたい方は、こちらでリップルとビットコインの違いを解説しています。

クリトピさん

金融に革命を起こすと言われているリップル(Ripple)。せっかくなら安く購入したいところです。この記事では私が自信を持っておすすめしたい取引所を紹介します。

取引所と販売所の違い

仮想通貨を購入する方法には二つの方法があります。一つ目が「取引所」、二つ目が「販売所」です。この二つは、下記の違いがあります。

  • 取引所
    ユーザー同士が売買している場所
  • 販売所
    取引所を運営する会社が、仮想通貨の在庫を保有してユーザーに販売している場所

一般的には、「取引所」の方が、人と人との直接の売買のため安く購入できます。一方で「販売所」は、独占的に販売する権利がある通貨ほど、割高な価格設定がされています。

例えばbitflyerは、ビットコイン(BTC)の販売所と取引所の両方ありますが、販売所での価格の方が高いです。下の画像を見ると1万円以上差があることがわかります。

購入した時点で1万円近く損していることになります。仮想通貨は販売所ではなく取引所で購入することをオススメします。

紹介対象の取引所について

今回紹介する取引所は

  • 「金融庁に認可されている
  • 「販売所ではなく取引所でリップルを販売していること」を条件としました。

 

リップルの販売方法を下記の表にまとめています。販売所のみしか運営していないbitflyerとGMOコインは紹介対象外としました。実際私も使っていますが、リップルは非常に割高です。DMMビットコインについては現物取引は行なっていません。信用取引のFXのみとなっています。

取引所
販売方法
通貨ペア
QUOINEX取引所日本円可
Zaif取引所日本円可
BITPOINT取引所日本円可
DMM bitcoin取引所日本円可(FX)
bitbank取引所日本円可
bitflyer販売所日本円可
GMOコイン販売所日本円可

リップルの購入におすすめの取引所ランキング

1位. QUOINEX

公式サイトはこちら

総合評価(5/5)
安さ(5/5)
安全性(5/5)
使いやすさ(4/5)
手数料の安さ(5/5)
取引量(4/5)

QUOINEXは国内取引所の中ではリップルの取引量が最も多い取引所です。流動性が最も確保された取引所なので、適正価格で買うことができる可能性が高いです。リップルを買うのに最も適している取引所です。

また、QUOINEXはグローバルに展開している日本の取引所です。日本で金融庁にも認可され事業者登録も第一号でされています。100%コールドウォレット管理で顧客の資産の保護を第一優先で運営している姿勢は好感が持てます。Coincheckがハッキングを受けた際は、ビットコインの取引量が1位になったほど人気の取引所です。

取り扱い通貨

QUOINEXの取り扱い通貨数は下記の通りです。ただし、セキュリティ対策を万全にしつつ、今年は10銘柄近く追加する予定です。日本一の取引通貨数になっていくと考えられます。

取り扱い通貨
ビットコイン(BTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
リップル(XRP)
イーサリアム(ETH)
キャッシュ(QASH)

またQUOINEは国内でのリップル取引量はBitflyerなどを抑え第一位です。流動性が最も高い取引所です。オススメです。他の取引所よりも圧倒的に約定率が高く、買いたい値段で買えることもかなりポイントが高いです。

【通貨別】取引量が多い仮想通貨取引所は?(ビットコイン/イーサリアム/リップル)

またICOトークン「QASH」を購入できるのは、QUOINEXだけです。QASHはSonyの元社長の井出さんや、Jihan、孫正義の弟で起業家の孫泰蔵も購入しているトークンです。詳しく知りたい方は、下記のリンクを参考にしてください。

【有望ICO】QASHトークンのすべてを徹底解説します。LIQUIDと将来性

登録/口座開設の方法は?

口座開設の方法については下記のリンクで解説を行なっています。QUOINEXはグローバルに展開する取引所のため、手順が若干複雑です。分かりにくい点など詳しく解説しています。

Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)の登録方法と使い方 -入金方法と買い方-

QUOINEX公式サイトで登録はこちら

2位 Zaif

公式サイトはこちら

総合評価(4.5/5)
安さ(5/5)
安全性(3/5)
使いやすさ(4/5)
手数料の安さ(5/5)
取引量(4/5)

Zaifは日本ではかなり有名な取引所です。一時期はCMも行なっていました。QUOINEXに次いでリップル(Ripple)の流動性が高く取引通貨数も多いのでおすすめです。かなりお安く購入することが可能です。

コイン積み立てなど、毎月一定額のコインを積み立てるサービスも行なっておりリップルを積み立てたい方にはおすすめできる取引所です。

取り扱い通貨

取り扱い通貨は下記の通りです。ネムやモナコインが買えるのが特徴です。

取り扱い通貨
ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
ネム(NEM)
モナコイン(Monacoin)
ビットコインキャッシュ(BCH)

また仮想通貨ではなくICOトークン「COMSA」の販売も行なっています。COMSAはICOのプラットフォームを目指しており長期的にはかなり有望なプロジェクトです。

ICOトークン「COMSA」とは?将来性とチャート価格を分析

登録/口座開設の方法は?

Zaifの口座開設の方法はやや複雑です。下記リンクで画像豊富に解説していますので参考にしていただければと思います。

仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)の登録と入金方法を解説。COMSAを買える!

Zaifの公式サイトで登録はこちら

3位. bitbank

公式サイトはこちら

総合評価(4.5/5)
安さ(5/5)
安全性(5/5)
使いやすさ(5/5)
手数料の安さ(5/5)
取引量(3/5)

Bitbankは日本円はリップル(Ripple)の購入をおすすめできる取引所の一つです。流動性は上位二つの取引所に負けますが、非常に取引ツールが使いやすく、また安全性やセキュリティに力を入れている取引所となっており長期保有に向いています。

取り扱い通貨

bitbankの取り扱っている通貨数は下記の通りです。購入したい通貨がありましたら口座の開設をおすすめします。

取り扱い通貨
ビットコイン(BTC)
ライトコイン(LTC)
リップル(XRP)
イーサリアム(ETC)
モナコイン(MONA)
ビットコインキャッシュ(BCH)

登録/口座開設方法は?

口座の開設方法に関して、下記のリンクで詳しく解説しています。口座解説でわかりにくい点など詳しく解説しています。

ビットバンク(bitbank)の口座開設・登録方法を分かりやすく解説

bitbank公式サイトで登録はこちら

4位. BITPOINT

公式サイトはこちら

総合評価(4/5)
安さ(4.5/5)
安全性(5/5)
使いやすさ(4.5/5)
手数料の安さ(4/5)
取引量(2/5)

第3位の取引所はBITPOINT(ビットポイント)です。BITPOINTも、リップルをかなりお安く買える可能性が高い取引所です。その理由としては、上記に記載したQUOINEXやZaifよりも流動性・取引量が少ないため予期せず低価格で売り出されていることがあります。アービトラージでおすすめされている取引所でもあります。また取引ツールもMetaTrader4と呼ばれる人気のツールを採用しており取引もかなり行いやすいです。

MetaTrader4(メタトレーダー4)は、2005年の発売以来わずか数年で世界中の金融機関ならびに投資家の方々に大人気となり、現在では世界中750社以上の金融機関の取引プラットフォームとして採用されております。
また、MetaTrader4には、PC取引ツールとしてインストール型リッチクライアント形式のアプリケーションのほか、スマートフォン取引ツールとしてiPhone/iPadアプリならびにAndroidアプリがあります。

Meta Trader 4について

取り扱い通貨

取り扱い通貨数は下記の通りです。

取り扱い通貨
ビットコイン(BTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
リップル(XRP)
イーサリアム(ETH)
ライトコイン(LTC)

登録/口座開設方法は?

BITPOINT(ビットポイント)の口座開設方法については下記のリンクで解説しています。

BITPOINT(ビットポイント)の登録/口座開設方法 | 手数料無料、MT4がすごい

BITPOINT(ビットポイント)公式サイトで登録はこちら

5位. DMM ビットコイン

公式サイトはこちら

総合評価(4/5)
安さ(5/5)
安全性(4/5)
使いやすさ(3/5)
手数料の安さ(5/5)
取引量(3/5)

DMMビットコインは、リップルを安く買うことができますが、取引がFXのみとなっています。FXとは、自己資金を担保にして、その資金の数倍の取引を可能にする取引方法です。

例えば10万円の資金で100万円分の取引が可能になります。少ない資金で大きなリターンを上げることが可能ですが、その分損失も大きくなります。

FXで注意しなくてはならないのが、10万円の資金で100万円分の取引を行う場合は、90万円を借りて取引をしているということです。お金を借りていますから、ポジションを保持し続けていれば利子が発生します。

つまり長期保有には向いていません。長期で保有することが前提であれば現物での取引をおすすめします。

取り扱い通貨

取り扱い通貨数は下記の通りです。

取り扱い通貨
ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
ネム(NEM)
リップル(XRP)
ライトコイン(LTC)
イーサリアムクラシック(ETC)
ビットコインキャッシュ(BCH)

登録/口座開設方法は?

登録/口座開設の方法は下記のリンクで解説しています。登録時の注意点なども解説していますので、参考にしていただければと思います。

DMM bitcoin(DMMビットコイン)の登録/口座開設方法を解説!

DMMビットコインの公式サイトで登録はこちら

まとめ

以上がリップル(Ripple)をお得に買うことができる取引所ランキングでした。複数の取引所の口座を解説して、その時々で最も安く買える取引所を選択することをおすすめします。

実際に、時期によってはかなりの価格開くことがあり、最安で買いたい場合は複数取引所を比較の上で購入をおすすめします。そこまで最低価格にこだわらないのであれば、1位. QUOINEX2位 Zaifでの購入をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です