イラスト1枚でわかるイーサリアム(Ethereum)の歴史年表

こんばんは。イーサリアムの現在までの歴史を1枚の画像で表現して見ました。
完全に趣味の領域です。

イーサリアムの歴史年表

イーサリアムの歴史書き起こし

  • 2013年 プログラマーのVitalik Buterin氏がイーサリアムに関して最初に記述する
  • 2013年末 Vitalik氏がプログラム言語で開発を提案
  • 2914年 スイスの有限会社がイーサリアムの開発に参加
  • 2014年7月22日 イーサリアムがローンチ。Etherのプレセール開始
  • 2014年8月6日 Etherが14億ドルほど売れる
  • 2014年10月 1ブロックの生成ごとに5ETHの報酬を配布するように
  • 2014年末 スケーラビリティ問題とセキュリティの問題が明らかに
  • 2015年7月30日 最初んおイーサリアムVerのFrontierがローンチ
  • 2016年3月14日 Homesteadというプロトコルアップデートを実施
  • 2016年3-4月 Bitflyer、Coincheckがイーサリアムの取り扱いを開始
  • 2016年5月 イーサリアムを使ったDAOプロジェクトで150億円の資金調達
  • 2016年5月 DAOをハッキングされ50億円盗まれる
  • 2016年6月 この事件に関して話し合いを行い、盗まれる前の状態に巻き戻すことを決定
  • 2016年7月2日 この事件の対応に関しての考え方の違いからEthereum派Ethereum Classic派で争う
  • 2016年7月28日 EthereumとEthereum Classicとで正式に別れることに
  • 2016年11月 イーサリアムにDDos攻撃(スパムアタック)が増加
  • 2017年2月 海外投資会社のeToroがイーサリアムの取り扱いを開始
  • 2017年5月 海外投資会社AVA TRADEがイーサリアムの取り扱いを開始
  • 2017年5月 価格が一時100ドルに近づく
  • 2017年6月3日 ロシアがイーサリアムの支持を表明
  • 2017年6月12日 400ドル近くまでイーサリアムの価格が上昇する
  • 2017年10月 イーサリアムをMetropoliceにアップデート
  • 2017年11月 450ドル近くまでETHの価格が上昇する

イーサリアムを安く買える取引所は?

ビットポイントの口座開設はこちら

総合評価(4/5)
安さ(4.5/5)
安全性(5/5)
使いやすさ(4.5/5)
手数料の安さ(4/5)
取引量(2/5)

Bitpointはあまり広く知られていないですが、信託保全のスキームをいち早く導入した取引所です。信託保全とは仮に会社が倒産してしまった場合でも信託銀行から顧客の元本が保証される保険のようなものです。
またbitpointは取引所形式なのでイーサリアムをお得に購入することができます。私が調べた中では一番安く購入できることが最も多かったです。
また取引ツールもMetaTrader4と呼ばれる人気のツールを採用しています。

下記リンクでイーサリアムを安く買える取引所をご紹介させていただいています。

【2018年】イーサリアムを日本円で安く買える取引所は?おすすめランキング!

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です