イーサリアム(Ethereum)の発行枚数は?上限や今後の予定を解説

世界第2位の時価総額を誇るイーサリアムの現在の発行枚数や発行上限、アップデート予定について解説します。

イーサリアムは発行上限がない

イーサリアムは、ビットコインやリップルのように発行上限が定められていません。

発行上限が定められていない通貨は、インフレを抑制しにくいので通貨の価値が下落しやすいとも言えます。

これからイーサリアムに投資する人にとっては不安だと思います。
しかし、イーサリアム開発者コミュニティは発行上量については徐々に減らす方向に進めると表明しています。

実際に次期アップデートのコンスタンティノープルで、マイニング報酬は2ETH→3ETHへと変更が加えられます。

イーサリアムのインフレを抑制し、セキュリティを強化することが目的です。下記のリンクでコンスタンティノープルでのアップデート内容について解説しています。

イーサリアムのコンスタンティノープルとは何か?わかりやすく解説

価格を決定するのは需給バランス

発行上限が定められていないからといって、直接的な価格下落の要因にはなりません。

日本円ですら、発行上限はありませんが下落することはありません。つまり発行する量よりも、イーサリアムを欲しいと思う量が多ければ価格は上昇します。

イーサリアムは、スマートコントラクトのプラットフォームとして使われます。そのため、イーサリアム上でアプリを開発、動作させたい場合は、ETHが必要です。
つまりイーサリアムプラットフォームへの需要がある限りは価格の下落は起きにくいです。

Vitalik氏は今後段階的に発行数量を引き下げることを表明していますし、また、イーサリアムのエコシステムを破壊するようなアップデートをしないとも発言しています。

つまりエコシステムを維持するために発行数量の調整をしていく方針です。日本円も中央銀行が発行数量を調整してエコシステムを維持しているように、あくまでシステム維持のために発行量を調整していく方針となっています。

イーサリアムの新規発行方法

イーサリアムの新規発行の方法は、マイニングを通じて行われます。

マイニングは、プルーフオブワークと呼ばれるプロトコルで行われており、コンピューターの計算力(ハッシュレート)での競争を経て発行されます。

このプロセスはビットコインの新規発行と同じ手順です。

しかし、イーサリムは最終アップデートセレニティでプルーフオブワークからプルーフオブステークへ移行します。イーサリアムのプルーフオブステークはキャスパー(Casper)というプロジェクト名称で開発が進められています。下記のリンクでキャスパーについて解説しています。

イーサリアムのキャスパー(Casper)とは何か?わかりやすく図解

最終アップデートのセレニティで何が変わるかについては、下記のリンクで解説しています。

イーサリアムの最終形セレニティで何が変わるのか?価格への影響

イーサリアムの発行数量は?

イーサリアムの現在の発行枚数はおよそ1億枚です。

発行枚数に関しては公開されていますので注視しておく必要があります。

またイーサリアムを用いたICOやdAppsの開発が行われなくなると需要が純粋に減るので、価格の下落が起きやすくなります。

より良いアップデートを行い、イーサリアムを使ったプロジェクトが増えることが価格の安定につながっていきます。

イーサリアム購入方法は?

イーサリアムの購入ならLIQUID(旧QUOINEX)がおすすめです。取引所形式でお安く買うことができます。

LIQUID登録方法・使い方LIQUID公式サイト

イーサリアムを安く購入できる取引所はランキング形式で下記で解説しています。

イーサリアムを日本円で安く買える仮想通貨取引所は?おすすめランキング!

まとめ

イーサリアムの発行数量に関して、将来のアップデートも含めて解説しました。まとめると下記の通りです。

  • イーサリアムの発行上限は決まっていない
  • エコシステムを破壊するようなアップデートはしない
  • 現在の発行枚数は約1億ETH
  • 発行方法はプルーフオブワークで、プルーフオブステークに移行予定

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です