イーサリアム(Ethereum)のERC20トークンとは何か?

イーサリアムはブロックチェーンのアプリケーションを作るためのプラットフォームです。現在も次のアップデートに向けて開発が進められています。

イーサリアムプラットフォーム上では多くのアプリケーションが作られていますが、ERC20トークンとは一体どのようなものなのでしょうか?

そもそもイーサリアムとは?

イーサリアムは、ビットコイン等の通貨としての役割ではなく、アプリケーションプラットフォームとして機能しています。暗号通貨というよりは、アプリを作るプラットフォームとしての役割が強いです。どちらかというとブロックチェーンを使うための「インターネットプロトコル」「アップルストア」「Google Play」のようなものと考えた方が理解が早いかもしれません。

イーサリアムの詳しい仕組みについては、下記のリンクで解説しています。

【図解】イーサリアムとは?スマートコントラクトを徹底解説

ERC20トークンとは?

ERC20トークンとは、イーサリアムプラットフォーム上で利用することを目的としたトークンです。このトークンは交換や配布、ウォレットへの送付などの基本的な機能を備えています。

ERC20トークンは、下記の設定をすることが可能です。

オプション

オプションは、トークンの名前とシンボル(トークンのアイコン)、小数点以下の桁数を設定します。

  • トークン名
  • シンボル
  • 少数点以下の桁数(18桁まで)

必須項目

下記の必須項目はERC20トークンに必須の機能として定めています。

  • totalSupply
    全供給量の設定。
  • balanceOf
    誰がどれだけトークンを保持しているか。
  • transfer
    誰かにトークンを送る。
  • transferFrom
    誰かからトークンが送られる。
  • approve
    全体供給量が変動していないか。
    例えばtotalSupplyが10ERCの場合、それ以上・以下になっていないか確認する。
  • allowance
    口座残高が足りているかチェックする。

一つづつ見ていきます。

totalSupply

ERC20トークンでは、まず全体の供給量を明らかにすることが必要です。あなたがトークンの発行主体ですので、どれだけのトークンを供給させるのか定める必要があります。

balanceOf

誰がどれだけトークンを保持しているか、確認できるようにしなくてはいけません。もしあなたがトークンを誰かに受け渡した場合、どれだけトークンを保持しているのかチェックすることができます「。

transfer

誰かにトークンを送る機能を提供します。balanceOfが、利用者のトークン保持数をチェックする機能なのに対してtransferは誰かへトークンを送信する機能を提供します

transferFrom

transferFromは、誰かからトークンを送ってもらう機能を提供します。transferが送る機能に対して、送信してもらう機能を提供します。トークンを販売する、掛けたトークンを集める際に利用します。

approve

全体の供給量が変動していないかチェックします。例えば10ERCトークンが供給しているとして、全体として10ERCで変動していないかチェックします。もし11ERCとなっていた場合、誰かが偽物のERCを作成したと言えます。正しい取引が行われるかチェックする機能を提供します。

allowance

alowanceは、ユーザーの口座残高をチェックして、利用するトークンを保持しているかどうかをチェックします。もしトークンが不足していれば取引をキャンセルします。例えば、10ERCトークンの電子データを販売するとして、ウォレットに5ERCトークンしか入っていない場合、取引をキャンセルしなくてはいけません。allowanceは、口座残高をチェックして取引を円滑に進める仕組みを提供します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です