[仮想通貨]EOS(イオス)の特徴、将来性、DPOSの仕組みは? 取引所も紹介

EOS(イオス)ブロックチェーンは、商業レベルの分散型アプリケーション(dApps)をサポートできる「分散オペレーティングシステム」を目指しています。

イーサリアムと同様に、dAppsプラットフォームを目指して開発されており「キラーイーサリアム」と呼ばれています。

この記事では、EOS(イオス)の仕組みを解説し、なぜこれだけ注目されているのかを明らかにします。

仮想通貨EOS(イオス)の基本仕様

仮想通貨EOS(イオス)の基本的なトークン仕様は下記の通りです。

通貨名EOS(イオス)
通貨タイプERC20→EOS token
総発行枚数900,000,000 EOS
現在供給枚数約830,000,000 EOS
コンセンサスアルゴリズムDPOS(Delegated Proof of Stake)
時価総額5位
リリース2017月6月26日
公式サイト公式サイト
公式twitter公式Twitter
ホワイトペーパーホワイトペーパー
dAppsリストEhterscen

EOS(イオス)は、もともとイーサリアム(Ethereum)ベースに作られており、イーサリアム内で作れる通貨ERC20トークンでした。しかし、拡張性などの観点から、EOSはイーサリアムブロックチェーンから完全に独立してEOSメインネットへ移行しました。

複数の他のサイトでは、EOS(イオス)は、イーサリアムがベースで作られていると言われていますが、現在は独自のブロックチェーンとして稼働しています。

総発行数料は、9億EOSです。イーサリアムは、発行上限は明確に定められていませんが、EOSは明確に決まっています。また現在は、EOSトークン全量のうち9割以上がすでに発行済です。

コンセンサスアルゴリズムはEOS独自のDPOS(Delegated Proof of Stake)が用いられています。DPOSの仕組みについては、後ほど詳細に解説します。

仮想通貨EOS(イオス)の開発者の主張

EOS開発者は、下記を実現すると主張しています。

  • 取引手数料を排除する
  • 毎秒数百万の取引を処理する

根拠もなくこのような誇大広告を打ち出しているわけではありません。その背後にある根拠をこの記事では明らかにしていきます。

そもそもdAppsに必要な要素

上記の「主張がの凄さ」を理解するためには、dAppsに必要な要素を整理しなくてはいけません。

商業的な利用に耐えうるために必要な要素はおおよそ下記の通りとなります。

  1. 何百万ものユーザーをサポートする
  2. 無料利用
  3. 簡単にアップグレード可能
  4. 低レイテンシー
  5. 並列パフォーマンス
  6. 直列パフォーマンス

❶. 何百万ものユーザーをサポートする

一般的にはスケーラビリティと呼ばれるものですが、利用者が拡大したとしても、問題なく動く仕組みが必要です。イーサリアムは、スケーラビリティ問題の解決のために多大な時間を要しています。

❷. 無料利用

dApps利用者は、「無料で」使えることが望ましいです。無料で使えない場合は、作成者がコストを負担する必要があるからです。

❸. 簡単にアップグレード可能

プラットフォームは、自由にdAppsをアップグレードできるよう設計すべきです。アップルストアでも、自由にアプリがアップグレードできるように、アップグレードの自由度が開発者にとって重要な要素です。

❹. 低レイテンシー

遅延が起こらないということも重要です。
処理が遅れることで、特に問題なのは決算処理などです。スムーズに処理できる機能を提供することが望ましいです。

❺. 並列パフォーマンス

dAppsを平行に処理することで、処理効率を最大化する必要があります。

イーサリアム(Ethereum)が実装を予定しているキャスパー(Chasper)アップデートは、並列処理することでパフォーマンスを上昇させるアップデートです。

イーサリアムのキャスパー(Casper)とは何か?わかりやすく図解

❻. 直列パフォーマンス

全ての処理を並列で行うべきではありません。

トランザクションの実行自体は、直列で行うべきです。これらの処理速度も重要です。一般的にはブロックを承認に要する時間が「直列パフォーマンス」に大きく関わっています。

我々が利用できるdAppsプラットフォーム

上記のような基準で、現状のdAppsプラットフォームを見てみましょう。

  • Bitshares(BTS)
  • Graphene

上記の2つは、優れた処理性能を持ちますが、スマートコントラクトには適していません。

イーサリアム(Ethereum)

イーサリアムは明らかに、明白で賢い選択ですが、処理能力の遅さと、Geth価格の高さは問題を招きかねません。彼らはシャーディング(sharding)やキャスパー(chasper)によって解決を図ろうとしていますが、時間はかかりそうです。

下記リンクにてイーサリアムの最終形「セレニティ」について解説しています。

イーサリアムのセレニティはいつ実行?キャスパー・シャーディングの予定

ネム(nem/XEM)

国内で非常に人気の高いプラトフォームです。テックビューロ社と提携することで、開発を加速させた仮想通貨です。

現在、特に活発に開発されているのは、ネムのプライベートブロックチェーン版の「mijin」です。このmijinに実装された「カタパルト」は、かなり高速にトランザクションを処理することが可能です。

ネム(nem/XEM)のカタパルトとは? いつ実装? 2019年以降の予定と今後

このmijinに実装されている技術は、最終的にはネム(nem/XEM)に逆輸入される予定です。しかし、イーサリアム同様に実装にはまだ時間がかかりそうです。


EOSは、BitsharesとGrapheneのような高い処理速度と、イーサリアムやネムのスマートコントラクト機能の良さを併せ持ったプラットフォームです。

イーサリアムやネムが開発に時間がかかっている中で、EOSは現状でかなり高い性能だと理解できたかと思います。

仮想通貨EOS(イオス)ブロックチェーンのチーム

EOSのコアチームは、ケイマン諸島に本拠を置く「Block.one」です。

CEOのBrendon Blumerは、2014年からブロックチェーンに携わってきました。以前は、MMORPGおよび不動産での、通貨取引を扱う会社に携わっていました。

CTOのDaniel Larimerは、DAOとも呼ばれる分散型自律組織の作成者です。彼はBitSharesとSteemの開発者でもあります。

仮想通貨EOS(イオス)の特徴、メリット

それでは、本題に入りEOSの機能について見ていきます。特徴について理解することでEOSの将来を見通すことに役立ちます。

EOSは特筆すべき7つの特徴を有しています。

  1. スケーラビリティ
  2. 柔軟性
  3. 使いやすさ
  4. ガバナンス
  5. 並列処理
  6. 自給自足
  7. 分散オペレーティングシステム

順番に特徴を解説していきます。

❶. スケーラビリティ

仮想通貨全体が直面している最大の問題はスケーラビリティの問題です。

Visaは1秒あたり1667のトランザクションを処理し、Paypalは1秒あたり193のトランザクションを管理します。
それに比べて、ビットコインは1秒あたりわずか3〜4トランザクションしか処理できず、イーサリアムは、わずかに優れていますが1秒あたり20トランザクションです。

EOSはDPOS(Delegated Proof of Stake)を使用しているため、1秒あたり何百万ものトランザクションを処理できると主張しています。DPOSについては後ほど少し詳しく説明します。

❷. 柔軟性

イーサリアムは、DAO事件によってシステム全体は停止しました。ハードフォークのため、すべてが停止し、コミュニティは分割されました。

EOSはDPOSを使用しているので、このような事件が再び起こることはまずありません。DAPPが故障している場合、選出されたブロックプロデューサーはシステムが処理されるまで、フリーズさせることができます。これは単にDPOSシステムを拡張したものであり、すべてのノードがチェーン保守を担当する必要はありません。

❸. 使いやすさ

EOSは、インタフェース開発用のWebツールキット、自己記述型インタフェース、自己記述型データベーススキーマ、および宣言型許可スキームなどの機能を組み込むことによって、非常に開発しやすい環境を提供します。

❹. ガバナンス

EOSでは、すべてのトランザクションの署名に「憲法」のハッシュを含まなければなりません。これは、本質的には、ユーザーを憲法に結び付けるものです。

憲法は次のプロセスによって修正することができます:

  • 変更は、17/21の承認率を得たブロックプロデューサーによって提案されます。
  • 17/21承認は30日間連続して維持されなければなりません。
  • すべてのユーザーは、新しい憲法のハッシュを使用して自分の取引を承認する必要があります。
  •  ブロックプロデューサは、変更を反映するためにソースコードへの変更を採用し、それをgit commitのハッシュを使用してブロックチェーンに提案します。
  • ブロックプロデューサーは、30日連続で17/21の承認を維持する必要があります。
  • その後、新しい変更に適応するために、フルノードが1週間与えられます。
  •  新しいプロトコルに従わないノードは自動的にシャットダウンされます。

❺. 並列処理

並列処理では、プログラム命令は複数のプロセッサに分割されます。こうすることで、そのプログラムの実行時間は大幅に減少します。

EOSは、水平方向のスケーラビリティ、非同期通信、および相互運用性を通じてスマートコントラクトの並列処理を提供します。

❻. 自給自足

EOSソフトウェアをベースにしたブロックチェーンでは、年間5%のインフレを生み出す必要があります。これは、トークンの保有者から最も多くの票を獲得した上位3つのブロックプロデューサーに配布されます。

この仕組みは、ブロックチェーンが、その成長、開発、または保守に関して、単一の基盤、組織、または個人に依存しない民主的なプロセスにするためです。

❼. 分散オペレーティングシステム

「EOSとは何か?」を本当に理解するための最も重要な機能はおそらくこの機能です。

現在、イーサリアムは分散型スーパーコンピュータであり、EOSはオペレーティングシステムです。それがEOSをイーサリアムとは異なる製品にしています。

仮想通貨EOS(イオス)のコンセンサスアルゴリズム:DPOS

EOSのコンセンサスアルゴリズムは、DPOSと呼ばれる仕組みを用いています。POSとは異なります。

まず、EOSソフトウェアに統合されているブロックチェーンにトークンを保持している人なら誰でも、ブロックプロデューサーを投票することができます。

ブロックプロデューサーは、受け取った総投票数に比例してブロックを生産する機会が与えられます。

DPOSのアルゴリズムの詳細

  1. ブロックは21個を1ラウンドとして処理されます。
  2. 各ラウンドの開始時に21のブロックプロデューサーが選ばれます。トップ20は自動的に選ばれ、21番目のブロックプロデューサーは投票数に比例して選ばれます。
  3. プロデューサーは、ブロック時間から派生した擬似乱数を使用してシャッフルされます。これは、他のすべてのプロデューサへのバランスの取れた接続性が維持されるようにするために行われます。
  4. 定期的なブロック制作が維持され、ブロック時間が3秒に保たれるようにするために、プロデューサーは、参加していなとプロデューサーから外されます。参加するにはプロデューサーは24時間ごとに少なくとも1ブロック生産する必要があります。
  5. ブロックの2/3のブロックプロデューサーの同意で承認されます。つまり、15/21の同意で承認されます。
  6. ブロックプロデューサーは、報酬としてEOSを受け取ります。

仮想通貨EOS(イオス)の取引手数料の削減

EOSは、所有モデルに基づいて動作します。これにより、ユーザーは、すべてのトランザクションに対して手数料を支払う必要はなく、自分のEOS保有量に比例したリソースを使用することができます。

したがって、本質的には、N個のEOSトークンを保持していれば、N * k個のトランザクションを受けることができます。これは、本質的に取引手数料を排除します。

ブロックチェーン上でアプリケーションをテストしたい開発者にとって、イーサリアム上でアプリケーションを実行するコストは高くなる可能性があります。開発の初期段階に含まれるガス代は馬鹿になりません。

イーサリアムとEOSの動作方法の基本的な違いは、イーサリアムが開発者に計算能力を貸し出すのに対して、EOSはリソースを所有するという違いがあります。

したがって、本質的には、EOSトークンの1000分の1を所有している場合、EOSの総計算能力とリソースの1000分の1の所有権を持つことになります。

仮想通貨EOS(イオス)はイーサリアムに対抗できるのか?

EOS(イオス)は、素晴らしい処理性能でありながら、「手数料がゼロ」という特徴があります。開発者にとっては、とても良い選択肢です。

実際に、下記のサイトでもEOS(イオス)ベースのdAppは多数作られており、需要が高いことが分かります。

参考 EOS AppリストDappsRadar

しかしながら、ライバルであるイーサリアムもスケーラビリティ問題の解決に向けて、開発を進めており、処理速度も大幅に改善する予定です。

イーサリアムの最終アップデートのセレニティでは、プルーフオブステーク(POS)のキャスパーを実装し、大幅に処理速度が改善する予定です。

下記にイーサリアムの開発ロードマップを解説しています。

イーサリアム(ETH)のロードマップ。4つのアップデートの内容と2018年以降の内容を詳細に解説。

もし、順調に開発が進めば、EOSが提示できているメリットが、イーサリアムに取って代わられる可能性があります。またEOSのDPOSアルゴリズムは、「コモンズの悲劇」や「Nothing at Stake問題」が解決しておらず、批判の対象ともなっています。

EOS(イオス)も、イーサリアム(Ethereum)と同様に、活発な開発コミュニティを持っていますから、今後どちらがプラットフォームとしての地位を確立するのか注目です。

仮想通貨EOS(イオス)は詐欺? 無価値になる?

EOS(イオス)は、過去のいくつかの出来事によって、投資家から不信感を抱かれています。

概ね投資家から批判された過去のEOS(イオス)に関する事象は下記の通りです。

  • EOS(イオス)のメインネット立ち上げ直前に「ノードの乗っ取り可能な脆弱性」が発見される
  • 不正登録とみられる7つのアカウントに対して「凍結」という処置をしたことに対して「分散型」プラットフォームであるはずなのに、実際には中央集権的な管理者がいることが明るみになった。
しかし、上記の二つの問題に関してはEOS(イオス)開発陣はすでに対応済みです。

1つ目の問題については、ネットワークに新たな実装を加えることで対応しています。また2つ目の問題については先ほど説明したDPOSの「憲法」を改善することで解決しています。

上記の通り、EOS(イオス)に対してされていた批判を開発陣は、少しずつ解決しながらプロジェクトを前進させています。

仮想通貨EOS(イオス)の評判・評価

Weiss Rating社の評価

2018年1月にアメリカの格付け機関である​​Weiss Rating社が公表した評価によると、EOSは対象74通貨のうちイーサリアムと共に最高の「B」の評価を得ています。具体的には、「取引スピード」や「手数料無料」という点が評価されています。​

中国政府機関CCIDの評価

2018年6月に中国政府機関傘下のCCID(北京情報センター)が発表した国際パブリックブロックチェーン評価ランキングによると、​​EOSはイーサリアムを凌ぎ第1位を獲得しています。評価の指標として、技術能力・アプリケーション有用性・革新性の3要素で採点されており、EOSは特に技術能力と革新性で第2位のイーサリアムに大きく差をつけています。

仮想通貨EOS(イオス)を購入するには?

EOS(イオス)購入にオススメしたい取引所を3つほどご紹介します。

ただし、EOS(イオス)を販売している取引所は海外取引所しかありません。日本の金商法の適用外となりますから、資金を預ける際は自己責任となります。

この記事で今から紹介する取引所は、海外取引所の中でも安心できる大手の取引所のみを紹介します。

1. BINANCE(バイナンス)

Binance

BINANCEの公式サイト

BINANCE(バイナンス)は、日本人に非常に人気のある取引所です。アルトコインの取り扱い種類数が100種類以上と非常に多く、また使いやすさから取引高も非常に多い取引所です。

設立は中国ですが、現在はマルタ島に拠点を移しています。とはいえマルタ島に会社があるわけではなく、税金対策のために紙面上で移しているだけです。

BINANCE(バイナンス)の特徴

  1. 日本人に非常に人気があり情報が多数
  2. アルトコインの取り扱いが100種類以上と非常に多い
  3. 注文がスムーズに通る
  4. 2BTCまでの取引なら本人確認不要

2. BITMEX

「bitmex」の画像検索結果

BitMEXの公式サイト

BitMEXは、レバレッジ100倍を誇る仮想通貨取引所です。事業所は香港とサンフランシスコにあります。ビットコインの取引高が世界一の取引所です。

BitMEXの特徴

  1. 最高レバレッジ倍率は100倍
  2. ビットコイン取引高が世界一
  3. 日本語表記に対応している
  4. セキュリティが非常に高い
  5. 本人確認がいらない

3. OKEX

「okex」の画像検索結果

OKExの公式サイト

OKEXは、香港の仮想通貨取引所です。中国では、Binance、Huobiと並ぶ3大取引所の一つです。

OKEXの特徴

  1. 通貨全体の取引高が多い
  2. 取り扱い通貨が多い
  3. 日本のビットバンク(bitbank)と提携していたこともあり安心

まとめ

仮想通貨EOS(イオス)の特徴についてまとめました。

この記事のざっくりとした内容をまとめると下記の通りとなります。EOS(イオス)の将来性について理解できれば幸いです。

  1. EOS(イオス)は、イーサリアムのdAPPとして誕生した
  2. EOS(イオス)は、現在は独自のブロックチェーン(メインネット)へ移行済み
  3. EOS(イオス)は、取引手数料を排除し、何百万件もトランザクションを処理する
  4. コンセンサスアルゴリズムのDPOSによってスケーラビリティを持つ
  5. 対抗するイーサリアムやネムにプラットフォーム競争で勝てるかが、価格上昇の鍵
  6. EOS(イオス)は、詐欺だとの批判がされたこともあったが、現在は問題が解決されている
  7. EOS(イオス)は、レーティング機関の評価が非常に高い

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください