DMMビットコインのスプレッドは高い? 手数料が安いは嘘!現物とレバレッジ取引ではこんなに違う!

DMMビットコインは、大手企業のDMMグループが運営する仮想通貨取引所です。

ローラをCMに起用したことで有名になりました。多くの取引所がある中でも、大手企業のDMMですから、かなり盤石な経営基盤があるので、安心して取引を始められます。

この記事では、2019年最新版のDMMビットコインのスプレッドについて解説します。現物とレバレッジ取引(FX)で、こんなにも違うのかと驚くと思います。

取引コストを決める要素

取引にかかるコストは、多くの人が「取引手数料」をイメージするかもしれませんが、仮想通貨取引の場合は、スプレッドと呼ばれる見えざるコストが存在します。

スプレッドとは?

スプレッドとは「販売価格と売却価格の差」のことを言う

例えば
・販売価格が 51万円/1BTC
・売却価格が 50万円/1BTC

この場合、51万円で購入して、すぐ売却しても50万円にしかならないため、1万円損失する。

つまり、下記の二点に注目して、取引所を選ぶことをオススメします。

  • 取引手数料が安い
  • スプレッドが狭い

DMMビットコインは販売所形式の取引所

スプレッドの広さを決めるのは販売形式です。

仮想通貨の販売形式には二つ存在します。一つが「取引所形式」でもう一つが「販売所形式」です。

  • 取引所形式
    ユーザー同士が売買している場所
  • 販売所形式
    取引所を運営する会社が、仮想通貨の在庫を保有してユーザーに販売している場所
一般的には、「取引所形式」の方が、人と人との直接の売買のため安く購入できます。一方で「販売所形式」は、独占的に販売する権利がある通貨ほど、割高な価格設定がされています。

下の画像がビットフライヤーの例ですが、販売所形式の方は1万円以上も高いことがわかります。

DMMビットコインは「販売所形式」のみで仮想通貨の販売を行なっています。そのため仮想通貨の価格は若干割高でスプレットが広くなる傾向があります。実際にスプレッドは広くなっているのか順番に見ていきます。

現物取引手数料

 
現物取引
ビットコイン (BTC)
無料
イーサリアム (ETH)
無料
リップル(XRP)
無料

DMMビットコインの現物取引の手数料は、全ての通貨で無料です。

手数料は非常に安く設定されているので、すごく安い取引所なのかというと、そうではありません。実際には仮想通貨のスプレッドが高く、割高な価格で仮想通貨が販売されています。

現物取引のスプレッドは高い

仮想通貨の現物取引手数料は無料のため、業界最安値です。しかし、上の画像を見るとスプレッドが1万円以上だと分かります。

つまり購入するときは、高い価格で購入し、売却するときは安い価格になります。

仮に下記の通り1万円のスプレッドがあるとしましょう。

  • 購入価格が51万円
  • 売却価格が50万円

この場合買ったと同時に1万円損することになるため、手数料が1万円かかっているのと同じです。

DMMビットコインでは、手数料が無料ではありますが、スプレッドが高いため他の多くの取引所よりも「割高」となります。

下記のリンクで、現物取引の日本の全ての取引所の手数料を表にして比較しています。

【2019年版】仮想通貨取引所の手数料一覧!どこが安いのか徹底比較ランキング!

レバレッジ取引の手数料

 
レバレッジ取引
ビットコイン (BTC)
イーサリアム (ETH)
ネム (NEM)
リップル(XRP)
ライトコイン (LTC)
イーサリアムクラシック(ETC)
ビットコインキャッシュ (BCH)
建玉金額の0.04% / 日の
レバレッジ手数料がロールオーバー時に発生

レバレッジ取引の手数料は、0.04%/日となっています。

レバレッジ取引は、ポジションを翌日に持ち越す際に手数料がかかります。ほとんどの取引所が採用しているる方式です。

レバレッジ取引とは?
レバレッジ取引とは、自分が保持する資金以上の取引をする方法。10万円の資金で、レバレッジ10倍なら100万円までの売買ができる。

この0.04%は、業界標準です。下記が全ての取引所のレバレッジ取引手数料を比較したものです。

レバレッジ取引のスプレッド

DMMビットコインのレバレッジ取引のスプレッドは、非常に狭いです。意外に思われる方もいますが、全ての通貨が平均して1000円以下のスプレッドです。

レバレッジ取引においては、DMMビットコインは取引がかなりしやすいと言えます。

DMMビットコインをおすすめしたい人

DMMビットコインをおすすめしたい人は、やはり多様な通貨をレバレッジ取引してみたい方です。

DMMビットコインは多様な通貨を取り扱っているのが特徴の取引所です。DMMビットコインでは下記の通貨をレバレッジ取引可能です。

  • ビットコイン (BTC)
  • イーサリアム (ETH)
  • ネム (NEM)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン (LTC)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ビットコインキャッシュ (BCH)

ほとんどの日本の取引所は、レバレッジ取引は「ビットコインのみ」しか対応していません。下記のリンクでレバレッジ取引の取り扱い通貨を解説していますが、これだけの種類の通貨をレバレッジ取引できるのはDMMビットコインのみです。

仮想通貨取引所の「取り扱い通貨種類」で比較!販売所か取引所かも解説

上記通貨の中で、レバレッジ取引したい通貨があれば口座開設をしておいて損はないです。

特にXRP(リップル)やXEM(ネム)をレバレッジ取引可能な珍しい取引所です。取引したい方にはおすすめです。

 

現在、DMMビットコインでは口座開設で1000円がもらえるキャンペーン中です。ぜひこの機会に口座開設をオススメします。

DMMビットコイン公式HPでキャンペーンを受ける

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください