取引所DMMビットコインのロスカットの証拠金維持率は?追証についても

仮想通貨取引所DMMビットコインのレバレッジ取引におけるロスカットの「証拠金維持率」について徹底解説します。レバレッジ取引をするのであればしっかりと退場のルールを知っておくことが大切です。

レバレッジ取引の手数料について知りたい方は下記のリンクで解説しています。

ビットポイント(BITPOINT)の全ての手数料を解説!FX手数料も解説!

証拠金維持率とは?

まず、証拠金とは何なのでしょうか?証拠金とは、レバレッジ取引を行う際の担保となる資金のことを言います。

例えば、証拠金が2万円で、レバレッジ倍率が25倍であれば、2万円×25倍で50万円分の取引が可能になります。証拠金維持率とは、この証拠金(2万円)をどれだけ維持できるかを表しています。

例えば、下記のような取引を考えてみます。

  • 証拠金2万円
  • レバレッジ25倍
  • 2万円×25倍=50万円で、1ビットコイン(1BTC)50万円を購入
  • 口座残高10万円

仮にBTCの価格が50万円のままであれば、証拠金2万円に対して、口座には証拠金の5倍の10万円が入っているので、証拠金維持率は下記のようになります。

10万円(口座残高) / 2万円(証拠金)= 500%(証拠金維持率)

しかし50万円で購入したビットコイン(BTC)の価格が値下がりして42万円になった場合、42万円-50万円となり損失が8万円出たことになります。つまり口座残高の10万円が減っていることになります。

そうなると、「証拠金維持率」は 下記のように計算されます。

〔42万円(現在価格)ー 50万円(購入価格)+10万円(口座残高)〕/ 2万円(証拠金)= 100%(証拠金維持率)

  • 42万円(現在価格)ー 50万円(購入価格):ビットコインの値下がりによる損失
  • 10万円(口座残高):口座にお金をたくさん振り込んでおけば、この値が大きくなります
  • 2万円(証拠金):レバレッジ取引(25倍)なので50万円のビットコイン購入の証拠金は2万円です

簡単に言えば、証拠金維持率とは「口座残高」から「損失」を引いて、証拠金をどれだけ維持できているかを表すものです。

DMMビットコインのロスカットの証拠金維持率は?

DMMビットコインのロスカットまでの証拠金維持率は80%です。80%を下回ると強制的にポジションが決済されます。

つまり先ほどの例でいうと、
50万円のBTCが、41万6000円以下になるとロスカットされるルールです。計算式は下記の通りです。

(416,000円-500,000円)+ 100,000円(口座残高)/ 20,000円(証拠金)=16,000/20,000(80%)

また証拠金維持率が100%を下回った段階で「アラート」があります。ロスカットされる危険な水準まで来るとメールにて通知されます。

この仕組みによって、ロスカットにより証拠金が維持できなくなるなどの事態を防いでいます。

また証拠金維持率が100%を下回った段階で「アラート」があります。ロスカットされる危険な水準まで来ると通知されます。この仕組みによって、ロスカットにより証拠金が維持できなくなるなどの事態を防いでいます。

しかしこのアラートDMMビットコインでは1営業日に1回のみと決まっていますので注意が必要です。

追証のルール

万が一、証拠金維持率が100%を下回りアラートが発生した場合、口座に資金を追加することで取引を継続することが可能です。これを追証システムは国内取引所のすべてで採用されています。

DMMビットコインはロスカットの証拠金維持率が高い

DMMビットコインはレバレッジ倍率も最大5倍と低く、ロスカットの証拠金維持率も高い水準です。

そのためレバレッジ取引とは言え、比較的低リスクな取引と言えます。

レバレッジ倍率について下記のリンクで一覧で詳しくまとめています。

DMMビットコインのすべての手数料を解説! レバレッジ(FX)手数料も

まとめ

DMMビットコインのロスカットまでの証拠金維持率は80%と比較的高めです。またレバレッジ倍率も最大5倍までと比較的低リスクな取引に抑えられていると言えそうです、

  1. ロスカットまでの証拠金維持率は80%
  2. 証拠金維持率を100%下回るとアラートでお知らせ。ただし、1日に1回の制限がある

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください