【最新】イーサリアムのコンスタンティノープルの実装状況と影響分析

イーサリアム(Ethereum)コミュニティは、プラハで行われたカンファレンスDevCon4のあとに、コンスタンティノープルの実装内容と実装時期の決定を行いました。

開発者やマイナー等のステークホルダー含めた話し合いが行われ改善案が決定されました。

この記事では、コンスタンティノープルの実装内容と実装時期、現在のアップデートの進捗を解説します。

コンスタンティノープルの実装時期

コンスタンティノープルは2018年11月の終わりまでに実装が予定されています。

開発の最新の状況については、下記のリンクから確認することが可能です。

参考 Constantinople Progress Tracker #53GitHub

上記サイトで縦に並んでいる項目は、主要なクライアント開発環境だと思っていただければ問題ありません。もっともメジャーな環境はParity、次いでGeth、alethとなっています。

全てののEIP(改善提案)が、Parity・alethにおいて実装が完了しており、テストできる状況が整ったと言えます。

コンスタンティノープルでの変更内容は?

コンスタンティノープルでは、5つのEIPが実装されます。

実装する5つのEIP
  • EIP210:ブロックのハッシュ方法を再編成
  • EIP145:イーサリアム仮想マシン(EVM)の計算速度の向上
  • EIP1014:ethereumブロックチェーン状態チャンネルを追加
  • EIP1052:スマートコントラクトのやりとりを圧縮する
  • EIP1234 ディフィカルティボムの追加とマイニング報酬を3ETH→2ETHへ削減
EIPとは?
EIPとは、Ethereum Improvement Proposalsの略で日本語に直すとイーサリアム改善提案となります。イーサリアムはいくつもの改善プランが平行に開発されています。

上の4つに関しては、アプリの利用者にとってはあまり関係はありませんが、イーサリアムを用いてアプリを開発する人にとってはかなり大きな変更です。簡単に言えば、開発者がより開発しやすくなると考えていただいて問題ありません。

イーサリアムに投資している人にとって特に重要なのは最後に記載されている「EIP1234」です。これは、マイニングの難易度を調整するディフィカルティボムの追加と、マイニング報酬の削減が組み込まれています。

イーサリアムのETHのインフレ率を適切に抑制することで、エコシステムをより堅牢にするためのアップデートです。

EIP1234決定の経緯

DevCon4の大部分の議論がEIP1234の決定に費やされました。

マイナーにとっては、報酬が純減するので反対でしたが、最終的には合意しました。実際には、開発者は報酬を1ETHにする改善案を推奨しており、お互いに妥協案をとり2ETHに減額で決着しました。

パリティ・テクノロジーズの技術コミュニケーション・エンジニアであるAfri Schoedon氏は次のように結論づけています。

「コンスタンティノープルのセッションは建設的でした。ここでやっていることは、新しいブロック報酬を強制しようとするのではなく、中立的な妥協案を見つけようとしている。ブロックあたり2ETHで合意することは、私たちができる最善のことです。」

分裂は起こらない

ビットコインは、マイナーと開発者で折り合いがつかずにビットコインとビットコインキャッシュで分裂しました。

この分裂騒動でビットコインの価格は大きく影響を受けました。ビットコインはハードフォーク前には価格を大きく下げることになったのです。

実際にはハードフォーク後に取引所がBTCと同数のBCHを配布したことで、予想に反して価格を押し上げる結果になりましたが、コミュニティの分裂は市場に大きなインパクトを与えます。

一方でイーサリアムはDevCon4で、開発者、マイナー、投資家共にコンセンサスが取れた上でアップデートが行われます。アップデートによって大きく価格が変動するとは考えられません。

ICO売り圧力とマイナーの売りが重なる

イーサリアムの価格は下落し続け一時200ドルを割るなど、かなり厳しい状況です。この原因について詳しくは下記の記事で解説しています。

【9月最新】イーサリアム(ETH)暴落の3つの原因 | 最安値更新の理由

アップデートがこの価格に影響を与えているとすれば、EIP1234によってマイニング報酬が減り、採算が取れなくなったマイナーの手仕舞いによるETH売りだと考えられます。

実際に右肩上がりに上昇してきたイーサリアムのハッシュレートが陰りを見せています。

しかしながら、マイナーによる手仕舞いのETH売りは影響のごく一部だと考えており、下落のほとんどの原因はICO売りだと考えられます。下記でデータをもとに解説しています。

イーサリアムはいつまで下がる? 2万円以下に暴落した原因を解説

いずれにせよ、コンスタンティノープルは、長期的に見ればETHのインフレ率を抑え価格の維持に役立ちます。ICOのセリクラが終わればゆっくりと回復すると考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください