ICOトークン「COMSA」とは?将来性とチャート価格を分析

ICOトークンのCOMSAが、どういったサービスの実現を目指しているのか丁寧に解説します。他の記事ではCOMSAの仕組みに関して解説しているものが少なく、またホワイトペーパーも非常に難解です。しかし実際には実現するシステムはとてもシンプルです。

クリトピさん

この記事では難解なCOMSAの仕組みを丁寧に図解します!将来性や価格も分析します。

COMSAとは?

COMSAとは、簡単にいうと「企業がICOでトークンを発行し資金調達を行うための総合ソリューション」です。

ICOとは何かわからない方は下記のリンクで解説しています。

ICOとIPOの本質的な違いとは? IPOは投資の民主化だ!

COMSAは単にICOを行いやすくするための技術的なプラットフォームを指すのではなく、コンサルティングも含む総合的なサービスの提供を目指しています。開発は仮想通貨取引所のZaifを運営するテックビューロ社が行います。

下記がホワイトペーパーに記載されている図です。総合ソリューションの提供であるとわかります。

発行数量

発行数量は公表されていません。しかし発行数量は概算することができます。
公表データでは109億円の資金調達を行なったということなので、1CMS=1USDで売り出されたことを考えると「109億/110円=1000万CMS」が市場に出回っていると考えられます。また販売量と同額を開発費として使われるため、総量2000万CMS程度かと思われます。

利用用途

公表されている用途の内訳は下記の通りです。テックビューロの保有比率は45%となっています。

保有割合用途
50%一般販売
25%COMSA開発等
20%テックビューロ
5%購入者ボーナス

COMSAの仕組み

COMSAが提供するシステムは大きく分けて2つです。ホワイトペーパーでは、非常に長く専門用語を交えながら書かれていますが提供する機能はとてもシンプルです。

1. COMSA CORE

BTC・ETH・NEMをpegする機能を提供する。つまり通貨の変換レートを制御し、変換する機能

テックビューロによって提供されるサー ビスとして複数のパブリックブロックチェーン間のペッグを司る(ホワイトペーパーより)

2. Mijin(COMSA HUB)

企業が発行するトークンとBTC等のアセットをpegし、変換する機能を提供する。つまりICOトークンの販売を行う際に利用します。プライベートブロックチェーンmijinの中で機能します。


企業のパブリックブロックチェーン上のアセットと、企業の内部ネットワークで稼働するmijinプライ ベートブロックチェーン上の勘定とのペッグを司る(ホワイトペーパーより)

COMSACMS)購入者の特典・ベネフィット

COMSAの購入者の特典は下記の通りです。

  1. 購入ボーナス
    COMSA
    を通して他企業がICOを行なった場合、そのトークンをCMSで購入すると5%ボーナスが配布される
  2. コミュニティ投票
    今後COMSAを通して行うICOの上場の可否をCMS保有量に依存して投票できる。つまり、CMSを持っていれば持っているほどICO上々の議決権を持つことになります。

購入ボーナスは非常に嬉しい特典です。COMSAを通してユニークなICOが増えれば増えるほどCMS保持者はメリットを受けれることになります。

COMSAの将来性

COMSAは企業がICOで資金調達を行う際のプラットフォームを目指しています。多くの企業は、手軽な資金調達の方法としてICOを利用したいと考えています。したがって潜在的な需要は非常に高いと言ってよいでしょう。またCOMSAを通してユニークなICOが多く行われれば、5%ボーナスがあるため、需要が高まると考えられます。
短期的な値段の予想は難しいですが、プロダクトとして利用者が増えれば、自ずと価格は上がっていくと考えられます。

COMSAの格付け・評価

第三者機関の格付けサイトはCOMSAをどのように評価しているのでしょうか?
複数の格付けサイトを横断して平均スコア化してくれるサイト「Bitvestors」では4.15点というかなり高い評価となっています。Bitvestorsを見ると4.0以上のスコアのものはかなり少ないです。

ICOの格付けサイトに関しては複数存在します。下記のリンクで格付けサイトを紹介しています。

ICO格付け・評価サイト総まとめ!有望なプロジェクトを発見しよう!

COMSAの価格・チャート推移

上々から現在までの価格は下記の通りとなっています。1CMS=1USD(110円)でのプレセールだったと考えると、最近の値動きはプレセール価格付近まで下落していることがわかります。今後の値動きは、しばらくは仮想通貨相場に連動する形になると考えられます。

次の値動きのポイントは、プロダクトが公表されるタイミングかと考えられます。ICOはプロダクトのプロダクトで底値を固めると言われていることから、開発の進捗に期待したいところです。

COMSAを購入するなら

COMSAの購入はこちら

COMSAトークンを購入できるのは仮想通貨取引所のZaifだけです。COMSAはZaifを運営するテックビューロ社が発行するトークンのため他の国内の取引所では取り扱いをしていません。COMSAに興味を持たれた方は口座開設だけでもしておくことをオススメします。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください